現代史の中で考える (新潮選書)

  • 86人登録
  • 3.80評価
    • (5)
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 高坂正堯
  • 新潮社 (1997年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106005268

現代史の中で考える (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オフィス樋口Booksの記事と重複しています。記事のアドレスは次の通りです。
    http://books-officehiguchi.com/archives/4063683.html

    第一部は大英帝国、第二部は変化の時代で、天安門事件、ソ連崩壊、パールハーバー50年目の評価、世界のなかの日本、第三部は日本と近代について、それぞれ述べられている。

    第一部は世界史で初めてイギリスの歴史について勉強する読者にとって興味深い内容となっている。第二部では、天安門事件とソ連解体について当時のことを振り返りたい人にとって参考になると思われる。第三部は日本と日本人について考察したい場合、参考になると思われる。

  • 政治学者・歴史学者である著者の公演や小論をまとめたもの。主著ではないし、これだけ読んでもちょっと核心は分からなかった。

    イギリスが第二次産業革命に遅れたのは、大型化と科学教育であり、背景に階級社会がある(p.34f.)。中国の得体の知れなさ(p.88f)。和辻哲郎への着目(p.198ff)などが印象に残った。

  • 高坂先生の大東亜戦争観がこんなふうなのは、京都人であることも大きいと思われる(生粋の洛北っ子)。もし先生が生きておられたら、911やプーチン大統領のことをどう分析されたかなと。もう10年長生きしてほしかった。

  • 『大学新入生に薦める101冊の本 新版』の101番目の本。
    現代史というように、主に20世紀の出来事を取り扱っている。あまり見かけることの無いイギリス史「大英帝国の場合」、天安門事件、ソ連解体、パールハーバーを振り返る「変化の時代」、天皇と日本人の意識について考察する「日本と近代」の三部構成となっており、高坂教授がクセのある口調で述べている。豊富な知識と独特な感性で時折閉口するような箇所もあるが、あの事件が起きたのはこれが理由、という関係性が明確であり、読むに飽きない本であった。

  • 嘉悦康太先生推薦

    前原現国土交通大臣の師匠としても有名な京大教授の故・高坂正堯(まさたか)氏が生前書き残した各種エッセイや講演をまとめた4部作の一つ。現代国際政治とその背景にある諸問題に対する深い洞察が随所に見られるのはもちろんであるが、それ以上に個人的に感銘を受けたのが作者の世界中の人々に対する温かいまなざしである。リアリストと表現される国際政治学者として
    は、冷徹この上ない分析をすることで有名な筆者が、20世紀末の中国で起きた事件を記述するなかで、彼の地の学生や若者達に対して深い同情を寄せていることが読んで取れる「天安門事件直後に感じたこと」は文章的に感動的ですらある。

  • 20061101
    高坂先生。忘れた。

  • イギリスが専門の彼。イギリスの興亡と世界史の展開を照らし合わせながら進む本。政治を学ぶというよりも、世界史のダイナミクスを感じるのに良い一作。

全7件中 1 - 7件を表示

高坂正堯の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
デール カーネギ...
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

現代史の中で考える (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現代史の中で考える (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

現代史の中で考える (新潮選書)はこんな本です

現代史の中で考える (新潮選書)のKindle版

ツイートする