荷風とル・コルビュジエのパリ (新潮選書)

  • 21人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 東秀紀
  • 新潮社 (1998年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106005336

荷風とル・コルビュジエのパリ (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4/13/10
    読みたい
    宮本浩次が読んでいたので。コルビュジェと荷風がダブってるらしい。

  • 南洋堂で買ってみた。芸大美術館の夏目漱石展に感化され、文学絡みで。

  • [ 内容 ]
    1908年3月、パリのカルチェ・ラタンに旅装を解いた二人の若者がいた。
    後の作家永井荷風と建築家ル・コルビュジエである。
    彼らが見たパリ―それは、20世紀の都市生活、芸術、思想の原点に他ならなかった。
    だが、以後二人は全く正反対の理想都市を追い求める。
    裏町に魅かれ、遊歩者の視点を説く荷風。
    他方超高層ビル建ち並ぶ都市への再開発を推し進めようとするコルビュジエ。
    二人の芸術は、そうした都市観の下で、発展していった。
    本書は、都市を機能や施設だけではなく、人間の生と死の場所を捉え、二人の生涯を主軸に、これからの都市像について考える。

    [ 目次 ]
    第1章 ふらんす物語
    第2章 春の祭典
    第3章 都市の憂愁
    第4章 夜の果てへの旅
    第5章 海辺の墓地

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

東秀紀の作品

荷風とル・コルビュジエのパリ (新潮選書)を本棚に登録しているひと

荷風とル・コルビュジエのパリ (新潮選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

荷風とル・コルビュジエのパリ (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

荷風とル・コルビュジエのパリ (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

荷風とル・コルビュジエのパリ (新潮選書)はこんな本です

ツイートする