インド神話入門 (とんぼの本)

  • 94人登録
  • 3.92評価
    • (11)
    • (13)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 長谷川明
  • 新潮社 (1987年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106019531

インド神話入門 (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • インドに旅行するに当たって読んだ。インドで信じられてきたたくさんの神々それぞれについて詳しく知ることができる。
    薄くて画も多い割にけっこう文量があったので、行く前に全部は読み切れなかった。

  • ヒンズー教の入門書として、非常に読みやすく分かりやすい書籍だった。
    写真も多く、想像を膨らませる手助けとなってくれる。

    ヒンズー教と日本のアニミズムは非常に神話性が高く、日本人にも受け入れられやすい世界観だとよく分かった。
    更に、神々がとても人間的で神との付き合いも人間同士の付き合いと同じである…という考え方だと思った。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    第1章 ヒンドゥー教とは何か/第2章 ヒンドゥー教の神々(ブラフマーと三神一体/ヴィシュヌとその化身/シヴァとリンガ崇拝/女神と性力信仰/クリシュナの生涯/ガネーシャ/スカンダとムルガン/南インドの神々/スールヤと九曜)/第3章 大叙事詩の世界(「ラーマーヤナ」「マハーバーラタ」)/第4章 その他の諸宗教(ジャイナ教/シク教/イスラム教とキリスト教/新仏教)

    【キーワード】
    単行本・インド・神話・宗教・写真集



    ++1++1

  • インド神話が系統だって解説されており、非常にわかりやすい。

  • 非常に面白かったです。この本。何よりも目を引くのは美しい絵や写真ですが、解説の文章も読みやすくかつ詳しいです。インド神話を全く知らない人でも楽しめる本だと思います。

  • インドの神様と日本の神様は共通点がたくさん。
    意外に身近な感じです。

    インドの神様が気になります。 (02/06)
    http://rimaroom.jugem.jp/?eid=858

  • 絵がキレイ!
    うっとりする。
    これは飾ったり持ち歩きたくなる!

  • 叙事詩解説は読み疲れたが分かりやすい解説が秀逸。
    仏像ルーツの勉強用。

  • コテコテの「大衆宗教画」がいっぱい。

  • 面白すぎる!!インド神話!!!
    入門ってくらいだから
    ざっくりしてて読みやすいw

全12件中 1 - 10件を表示

長谷川明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

インド神話入門 (とんぼの本)に関連するまとめ

インド神話入門 (とんぼの本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする