バルテュスの優雅な生活 (とんぼの本)

  • 71人登録
  • 3.68評価
    • (5)
    • (11)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : 芸術新潮編集部 
  • 新潮社 (2005年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106021350

バルテュスの優雅な生活 (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『バルテュスの優雅な生活』を読了。

    バルテュス作品は一見するとスキャンダラスな題材でいて、
    しかし官能的というよりむしろ神秘的かつ戦慄的。
    さらに作品だけでなく画家本人の生き方も、
    興味をかきたてられる静謐で不思議な物語のようです。

    作品のみならず
    タイトル通りその優雅な暮らしを伺い知ることができる
    ステキ写真満載のこの本。

    なんせもう、自宅がお城だからなあ… そして別荘もお城!

    ストイックな美の求道者ぶりが伺われるアトリエの様子、
    菩提樹の香りのコロンなど瀟洒な愛用品、
    親日家らしい粋な和服姿、
    そんな数々の美しい写真に心奪われます。

    このステキなお城での暮らしをテーマに
    バルテュス夫人である節子・クロソフスカ・ド・ローラさんが
    著書を数冊出されてるそうなので、こちらを読むのも楽しみです。

  • 自身も画家である節子夫人の手による本書は、文書だけでなく、作品、住まいやアトリエなど沢山の写真が掲載されている。
    そしてそこからは、夫婦の絆と素敵な関係が伝わってくる。
    写真が多いのでサラリと読めるが、内容の濃い一冊だと思う。観て楽しめた。

  • バルテュスは少女の姿に美を発見した……とかなんとか書いているが、この人にはルイス・キャロルと同じ匂いを感じる。
    ロリコンと呼ばれる人には、少女を性欲の対象にする人と、「少女になりたい」人(憧憬)に分けて考えられる。
    このうちの後者。
    かといって後者が前者を含まないとは言い切れないところが、根深いところ。
    これ以上は言わない。しかしバルテュスの描いた絵は、とてつもなくセクシャルで謎めいていて魅力的なのは相違ない。
    それにしてもエエオトコ。

  • 「夢みるテレーズ」を実際に見てすっかりはまりました。彼の絵が『ロリータ』の表紙を飾っていたとは発見でした。

  • バルテュスの人生を、多くの作品画像と共に追いかけたカラームック。お風呂につかりながら、それこそ優雅な気分で読みました。若い頃のスキャンダラスな作風と、人生を通じて多く描いた少女画とは別の動機から来たものだった、というのを知って「へえ〜」という感じ。

  • 「ギターのレッスン」「夢見るテレーズ」などの有名な絵の写真をふんだんに盛り込み、わかりやすく解説した本。
    絵の解説だけにとどまらず、バルテュスの交遊録や暮らしなども紹介されており、偏りのない内容です。

  • 奥さんがかわいい、あと猫のクッションがすごくいい!
    バルテュスの小さい頃の写真もかわいい

  • 最近少女趣味の画家ばかり。。。

    会田誠の作品の叫びで知った。
    『私はバルテュスになる!』

    そうか、この人か。

    奇妙な静寂とむき出しの処女性。

    これがまた、かなりの二枚目なんだよなぁ。

  • 大好きな画家の一人、バルテュス。独特の世界観、その裏側が垣間見れる貴重な一冊。

全11件中 1 - 10件を表示

節子・クロソフスカ・ド・ローラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
梨木 香歩
ヴィクトール・E...
梶井 基次郎
澁澤 龍彦
ガブリエル ガル...
J.L. ボルヘ...
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

バルテュスの優雅な生活 (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バルテュスの優雅な生活 (とんぼの本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バルテュスの優雅な生活 (とんぼの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

バルテュスの優雅な生活 (とんぼの本)の作品紹介

画壇の流行に背を向け、半・隠遁生活のなかでひたすら描きつづけた「孤高の画家」バルテュス。誤解と賞賛に彩られた人生の物語を、アトリエや寝室、素描帖の初公開写真と節子夫人の回想でたどる。

バルテュスの優雅な生活 (とんぼの本)はこんな本です

ツイートする