パウル・クレー 絵画のたくらみ (とんぼの本)

  • 79人登録
  • 3.71評価
    • (8)
    • (5)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 新潮社 (2007年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106021534

パウル・クレー 絵画のたくらみ (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いしいしんじさん目当てで読んだのですが、いしいしんじさんは最初に少しコラムを書いているだけでした。
    でもせっかくなので最後まで読んだのですが、パウル・クレーの絵は不思議で魅力的ですね。
    パウル・クレーについてほとんど知らなかったのですが、楽しめました。

  •  クレーの思い浮かぶ作品は「ルツェルン郊外の公園」と「さわぎく」。
     一昨年、魚や、ペン・鉛筆画を多量に見ていいなあ と思った。

     この本を読んで、スイスに絵を見に行きたくなった。


  • にしても、彼の日記が外部に向けての練られた文章だったなんて
    本当に作者の印象って捉える人によって変わるもんですね

    まさか、こんな離れた島国で自分の絵がとやかく言われているなんて
    思いもしなかったでしょう。
    クレーは空の上で「忘れっぽい天使」のように笑って見ているかもしれません。

全4件中 1 - 4件を表示

パウル・クレー 絵画のたくらみ (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パウル・クレー 絵画のたくらみ (とんぼの本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パウル・クレー 絵画のたくらみ (とんぼの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

パウル・クレー 絵画のたくらみ (とんぼの本)はこんな本です

ツイートする