日本民藝館へいこう (とんぼの本)

  • 50人登録
  • 3.57評価
    • (3)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 新潮社 (2008年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106021718

日本民藝館へいこう (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

  • 写真も多くとても読みやすかったです。
    どうして”民藝”的なものに惹かれるのか、鼎談でも興味深く語られていました。
    その他にも様々な方が民藝館についてコメントされているページがあります。
    個人的には中村好文さんが変わらないのが民藝館で、それがいいのだとしばらく経ってから気付いたとおっしゃっていたのが心に残っています。
    展示がより見やすくなるとか、キュレーションするとかいう事も大事ですが、そこへ行けばいつも変わらない何かがあるというのも大切な事なんだなぁと頷けました。

  • 資料本です。

  • 日本に学ぶ日本人でありたい。
    過去よりも未来との繋がりが一層重要。
    柳宗悦コレクション

全4件中 1 - 4件を表示

日本民藝館へいこう (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本民藝館へいこう (とんぼの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本民藝館へいこう (とんぼの本)の作品紹介

東京でいちばん居心地のよい美術館でふだんの生活をゆたかにするデザイン・センスをみがこう。三宅一生、中村好文ら七氏による民藝をめぐる味わい深いエッセイもお楽しみください。

日本民藝館へいこう (とんぼの本)はこんな本です

ツイートする