パリ―中世の美と出会う旅 (とんぼの本)

  • 44人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (6)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 木俣元一
制作 : 芸術新潮編集部 
  • 新潮社 (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106021794

パリ―中世の美と出会う旅 (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書にもある通り、パリは案外に新しい街で、オスマンの大改造の結果、今のパリができあがった。つまり、そのほとんどは19世紀後半のものなのだ。しかし、そうした中にも中世の建造物が数は少ないものの残ってはいる。本書は、パリ及びその周辺に残る中世美術(建築物)の案内書だ。表紙のサン・ジェルマン・デ・プレなんかは、すっかり現代のパリに溶け込んで入るのだけれど。

  • 2013/08/21完讀

    當初買的時候並沒有想太多,但這本書超乎我的期待值。巴黎和其周邊是歌德樣式藝術的主要發源地,因此旅行中也對歌德式教堂建築印象深刻,但對於中世的其他建築(城堡除外)和美術倒是沒有特別強烈的興趣。但這本書介紹的中世的面影實在很不錯,編輯部寫得文章就平凡,但木俣寫的部分就可以感覺字字珠璣,篇篇都讓我覺得很有趣。例如,他對シャルトル大聖堂的彩繪玻璃的解釋和說明,我覺得實在太太太有趣了(關於葡萄酒和基督教的連結)。他是研究我最熱愛的シャルトル大聖堂的的專家。不過,上網一看他關於シャルトル大聖堂彩繪玻璃的書,居然要日本快四萬元,而且已經絕版了,有些失望,不過接下來要去把那幾本他寫的書買回來。他對於美術歷史的說明,也是簡要明瞭,深入淺出。他提到的國立中世美術館,有機會也想去看看!

  • パリというと、ついつい近代以降のモダンな部分に目を向けてしまいます。でも、この本を読んで、中世の名残がまだまだ残っていることを知りました。ノートルダム大聖堂やサントシャペル、コンシェリジェリーだけではないのですね。
    現代のパリの市街地に中世の城壁を重ねた地図を見ると、この付近ならそういうものが残っているのか、と納得です。
    この本を手に、パリで中世の面影を訪ねる旅がしてみたくなりました。特に気になったのは、国立中世美術館クリュニー館です。

  • [ 内容 ]
    ノートル=ダム大聖堂やサント=シャペルの意外な見どころ、パリに三つほどしか遺っていないロマネスクの教会、ルーヴルのしずかな一室、シャトルやサンリスといった近郊の街の楽しみ方…。
    パリとその近郊にあるロマネスクやゴシックの美を求め、旅する5日間。
    歩き方ガイド&詳細地図付き。

    [ 目次 ]
    1 シテ島ぶらぶら(書割の美学 ノートル=ダム大聖堂;夜明けの聖遺物箱 サント=シャペル)
    2 しずかなルーヴルと街角のロマネスク(魚、マリア、涙 ルーヴル美術館;左岸の古寺もうで サン=ジェルマン=デ=プレ聖堂)
    3 シャトルへ(パン屋とワインとおさげ髪 シャルトル大聖堂)
    4 クリュニーの至宝と壁さがし(クリュニー館の中世の秋 国立中世美術館)
    5 聖王ルイが愛した小さな町(廃墟のほとり ロワイヨーモン修道院;樫の木とカテドラル サンリス)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ノートル・ダム大聖堂やサント・シャぺル、中世美術館(旧クリュニー美術館)などなど、パリの中に残る「中世」の建築物や芸術品が載っているガイドブック。
    途中途中に入っているコラムも興味深かったですが、
    写真も多くて綺麗で眺めているだけでも楽しめます。何度も見ちゃう。
    パリじゃないけど、シャルトルの大聖堂に行ってみたいな~。(*´艸`)

全5件中 1 - 5件を表示

木俣元一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルグリット・ユ...
村上 春樹
村上 春樹
J.L. ボルヘ...
ウィル バッキン...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

パリ―中世の美と出会う旅 (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パリ―中世の美と出会う旅 (とんぼの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする