無頼の画家 曾我蕭白 (とんぼの本)

  • 50人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (11)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 新潮社 (2009年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106021848

無頼の画家 曾我蕭白 (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

  • 2015/04/14

    曾我實在是個非常有趣的畫家。一個非常型破り,放浪不羈,不把權威放在眼裡(自稱各種偉人後代顯然是故意諷刺)。有時把畫面塞得極度滿溢,畫上許多仙人等等(顯然有唸書,知道很多典故),但唐獅子和龍或聖人的表情反而有點滑稽,又帶著諷刺趣味,和無窮的想像空間,和陌異感。儘管如此,他的水墨畫又是如此簡潔瀟灑!讓我大吃一驚。從筆法看來運筆已經運用自如且相當有信心。顯然此人實係傑物。希望有機會可以再看到他的真跡。

  • ざっくりした蕭白の生い立ちと、それぞれの絵の解説。分かりやすく、テーマ別になっているのも面白かった。それにしても、訴えてくるものの多い、神気迫る絵だ。

  • 蕭白入門的な。解説がゆるめですき。
    太公望図で釣り糸ぷっつり切れてるのは嵐のせいじゃなくて計略でわざと切ってるんじゃないっけ…!
    【絵画空間論⑴】

  • 今年のボストン美術館展で蕭白を知って、衝撃を受けた。破天荒だったり精密だったり様々な画風にやられた。惚れました。

  • 蕭白入門編にぴったり。ここに出ているものもそうでないものも、是非生で目にしたいものです。特に濃密な山水画に興味津々!

  • [ 内容 ]
    悪夢のような凄まじい画から、軽妙洒脱な水墨画やドラマチックな山水画まで―めくるめく“水墨サイケデリック”の世界へようこそ。
    江戸中期の京都、伊勢、播磨を舞台に筆一本でどん底から這い上がった叩き上げ画家の尋常ならざる作品世界を、とくとご覧あれ。

    [ 目次 ]
    怪力乱神図鑑
    第1章 紺屋の息子、伊勢へ
    第2章 奇ッ怪大作戦
    第3章 瀟洒なテクニシャン
    第4章 通俗ばんざい!
    第5章 濃密山水
    芸術の魔界に踏み込んだ画家

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • (2009.04.13読了)
    岩佐又兵衛、伊藤若沖、曽我蕭白、長澤蘆雪などの画家が近年注目を浴び、展覧会でも目にすることが多くなりました。府中市美術館で開催中の「山水に遊ぶ 江戸絵画の風景250年」(5月10日まで)でも、伊藤若沖、曽我蕭白の作品が展示されています。
    著者は、「没後200年 若冲」展(2000年)、「曾我蕭白 無頼という愉悦」展(2005年)などの企画を手がけたそうです。若冲、蕭白についての著作もあります。

    この本は、蕭白の作品のカラー図版が多数入っています。図版が主になった本ですが、蕭白の生い立ち、作品解説、影響関係なども簡潔に述べられています。
    手元に置いておき、随時参照したいところですが、図書館から借りた本なのでそうもいかないのが残念です。
    伊勢に多くの作品が残されているため、伊勢の人と思われてきたが、京都の生まれということです。1730年生まれ。1781年1月7日死亡。享年52歳。
    当時の京都には、池大雅(1723-1776)、与謝蕪村(1716-1784)、伊藤若冲(1716-1800)、円山応挙(1733-1795)など、すごい画家がひしめいています。
    蕭白の奇怪な絵が今日まで残されたのは、好む人がいたからであるし、最近話題になるのも、見る人にインパクトを与える要素があるということです。
    繊細に描かれたものとものすごい勢いの筆の跡のものとありますが、どちらも興味深いものがあります。

    著者 狩野博幸(カノ・ヒロユキ)
    1947年、福岡県生まれ
    九州大学大学院博士課程中退
    京都国立博物館美術室長・京都文化資料センター長
    同志社大学文化情報学部教授
    日本近世美術史専攻
    (2009年4月13日・記)

全7件中 1 - 7件を表示

無頼の画家 曾我蕭白 (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

無頼の画家 曾我蕭白 (とんぼの本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無頼の画家 曾我蕭白 (とんぼの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

無頼の画家 曾我蕭白 (とんぼの本)の作品紹介

悪夢のような凄まじい画から、軽妙洒脱な水墨画やドラマチックな山水画まで-めくるめく"水墨サイケデリック"の世界へようこそ。江戸中期の京都、伊勢、播磨を舞台に筆一本でどん底から這い上がった叩き上げ画家の尋常ならざる作品世界を、とくとご覧あれ。

無頼の画家 曾我蕭白 (とんぼの本)はこんな本です

ツイートする