イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア (とんぼの本)

  • 70人登録
  • 4.13評価
    • (6)
    • (7)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 新潮社 (2010年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106022074

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

  • 非常にニッチかつ資料が少ないイタリア古寺というジャンルを取り上げており評価できる。

  • ラヴェンナ、モデナ、パルマに、行きたくなった。写真を見ているだけで楽しい。

  • 華やかで、百花繚乱といったルネッサンスから見れば、なんとも地味で暗くて拙劣なといった、とかくマイナス・イメージでとらえがちな中世美術。本書は、読者をそうした迷妄から解き放ってくれる。北イタリアを横断する形でミラノからチヴィダーレ・デル・フリウリまでの聖堂を訪ねるのだが、文字通り中世のものからヴェローナのサン・ゼノ・マッジョーレ聖堂のようなロマネスクものまで様式も多彩だ。壁画がまた素晴らしく、ピエモンテの山中にあるチヴァーテの「ヨハネ黙示録」の絵や、これも山中のアッピアーノ城礼拝堂の絵はことさらに秀逸だ。

  • 教会の美術がわかるだけでなくイタリア半島の歴史もわかる素晴らしい本。
    写真もさることながら、教会内の地図がわかり、どの様に配置されているかもわかるのも大変ありがたい。

    どの教会も素晴らしいが、チヴォーテのサン・ピエトロ・アル・モンテ聖堂は、無理を承知で行きたいと思った。

    仏教美術とつい比べてしまうが、ヨハネの黙示録からの題材は多いのだろうか?地獄絵図との対比はできるかしら?

    教会正面の丸窓が、蓮華紋に見えてしまった。

  • 古い時代だけど、いい本です。

  • 美術家の金沢さん、政治史家の小澤さんによる、イタリアの教会見物記。
    目的地はロマネスク以前の教会に絞られている。
    表紙はシブいけど、じっくり向き合えるジューシーな本です。

    ロマネスク以前の彫刻や壁画は、教会の装飾として存在する。例えば金や貴石が使われた豪華絢爛なものであっても、いわゆる芸術作品とは一線を画す。
    「われわれ、用がありますんで」的な素朴さ、稚拙味。
    その味わいが、浮かれずに愛でられている。
    特に金沢さんは、「柱に変な格好で巻き付いている牛」とか、ちょっと脱臼気味のモチーフを逃さずキャッチし気が合いそう。

    もう一つの楽しみは菅野康晴さんによる美しい美しい写真。
    文章は一切読まなくても、景色を眺めるように、いつまでも幸せでいられる至福の本。

  • アルプスの小聖堂で冬籠り。は、可能か。。

  • ルネサンスのイタリア、都市民のイタリア、
    日本でもおなじみのこうした顔とは異なる、
    別の顔の中世イタリアをみてみたい――

    そう思う人には実に楽しい本だろう。
    笑いあり、知的感興あり。
    教会建築という具体的なモノを窓口にするのがいい。

    カラー写真をふんだんに使い、
    間々に2人の気鋭が美術史解説と歴史解説を差し挟む。
    それぞれ1ページ完結のコラムで読みやすい。

    美術史パートは、のびやかな語り口が魅力的。
    しかめ面で眺める(目や頭で知ろうとするとでもいうか)
    ことの詰まらなさを教えてくれる。

    が、その合間にも、
    著者のテーマである「ロマネスクとは何か」への
    回答が散らばっていて、なかなか油断できない。

    一方、歴史パートは、重厚さすら感じさせる筆致。
    各教会に即してイタリア史の転換点を切り取る。
    ここではコムーネは、相次いで舞台に上がる役者のひとり。

    メインを張るのは皇帝と教皇と都市、というところか。
    その都市の中ですら、コムーネは出てきたと思ったとたん
    次の「中世盛期」にはたちまち転変を開始する。

    総じてイタリアが特異な先進地帯ではなく、
    中世ヨーロッパの一員にみえると同時に、
    だからこそイタリア史の「重層性」に敬服する思いがした。

    なおこの新シリーズ、本のつくりが縦長で持ちやすい。快適。

全10件中 1 - 10件を表示

イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア (とんぼの本)の作品紹介

ミラノ、ヴェネツィア、ラヴェンナほか、世界遺産からアルプスの隠れ里まで、北イタリアの12の聖堂を訪ね、その見どころと逸話を紹介。中世ヨーロッパの教会をめぐる「古寺巡礼」シリーズ第1弾。

イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア (とんぼの本)はこんな本です

ツイートする