仏教入門 親鸞の「迷い」 (とんぼの本)

  • 34人登録
  • 4.29評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 梅原猛 釈徹宗
  • 新潮社 (2011年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106022241

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 樹
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

仏教入門 親鸞の「迷い」 (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

  • 理解できない、
    共感し合える点がどこにもない。

    それでも
    ストーカーのごとく追っかけたい人がいる。
    私にとって
    それが『親鸞』だった。

    歎異抄からも
    その生き方からも
    私が持つ<どこかで買ってきた>既成のハンマーでは
    彼の牙城を打ち崩すことが出来ず、
    私の中で彼は
    これまでずっと悟りの中で眠ったままの存在だった。

    お~い、
    もしもし。
    コンコン。
    今日も眠ったままの彼がいるその外側を叩きながら
    本の頁を捲る。

    親鸞の「迷い」に焦点をあてたこの本は
    とてもわかりやすかった。

    彼が生きていたのはは
    運悪く生き地獄の様な時代。
    政治の混乱に加え、地震、台風、飢饉、に京都の大火災など、まるで不幸のオンパレード。

    現代だって決して生き易い時代とはいえないが
    (どの時代もそう?)
    その頃は本当の地獄だった。
    まるで神から生きる事を拒否られてしまったかの様に。
     
    親鸞はそんな中で
    夢のお告げや法然の「一心に念仏さえ唱えれば救われる」という教えに開眼したのだが…

    揺るがない信念をもった、にも関わらず
    (俺が祈ってても、苦しんでる人は実際救われてないじゃないか!)
    なんて、迷いがゆらゆら。
    しかも、本能が持つ『欲』にまで負けそうになったり…。

    でも、
    なんて人らしい人なんだろう。
    女性を愛おしい、と思う心から妻を娶り子を育て、
    もはや普通のお父さんと変わらない一風変わった聖人君子。

    本当の地獄と本当の迷いの中にいながらも
    「苦悩ばかりのこの世なのに、
     やはり、それを捨て去る事はできません。」
    と、ぼやきつつ人々を真の意味で救済していった。

    いつか『歎異抄』理解できるようになるといいな。
    すると、
    眠ったままにて親鸞が
    「おい、わしは生きている間、一度も己が悟った、と思った事なんかないぞ。」
    などと、寝言。

  • とんぼの本~1親鸞の生涯(苦悩の中で出会った「他力」の教え)2親鸞の思想(「悪」を自覚した愚者)3親鸞をめぐる謎4親鸞への旅(京都・越後・常陸,聖人の名残を巡る)~ふむふむ

全3件中 1 - 3件を表示

仏教入門 親鸞の「迷い」 (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仏教入門 親鸞の「迷い」 (とんぼの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

仏教入門 親鸞の「迷い」 (とんぼの本)の作品紹介

「どのような修行も到底やり通せない身なのですから、地獄こそが、私の落ちゆくところと決まっているのです」。僧として修行の日々を送りながら、なお断つことのできない煩悩の自覚。若き日の親鸞(1173‐1262)が苦悩の末に出会ったのは、「一心に念仏をとなえるだけで、阿弥陀仏の本願の力(他力)によって救われる」という師・法然の教えだった。越後への流罪という苦難を乗り越え、その人生を他力本願の信仰と実践についやした求道者にして浄士真宗の祖・親鸞の生涯を豊富なビジュアルとともに辿り、その思想のエッセンスを気鋭の宗教学者・釈徹宗がわかりやすく解説。知の巨人・梅原猛による白熱の論考、親鸞ゆかりの地をめぐる紀行&ガイドマップも収録した充実の入門書。

仏教入門 親鸞の「迷い」 (とんぼの本)はこんな本です

ツイートする