高峰秀子 夫婦の流儀 (とんぼの本)

  • 56人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 斎藤 明美 
  • 新潮社 (2012年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106022371

高峰秀子 夫婦の流儀 (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このところ高峰秀子関連の書籍を続けて読んでいる。女優としての高峰さんは実は一度も観たことがないものの、「男に生まれていたら天下を取っていただろう」と言われたらしい人だけあって、強い魅力に溢れている。生涯を共にした松山善三氏との結婚を軸にしたこの本もやはり魅力的であり、奇跡的な二人だったという気がする。

  • 妻も夫もカッコいい!
    出逢うべくして出逢ったふたり、という感じ。
    お互いを尊敬し、尊重し、慣れ合わず、それでいて大切に思いあっているのがすごくよくわかる。
    理想の夫婦だなぁ・・・というわけで、ツレにも読ませようww

  • 先日、喜びも悲しみも幾歳月で高峰秀子さんを見て美しくもあり、可愛い女優さんだなぁと思って気になっていたらエッセイも書いているとの事でまずはこの本を手にとってみた。高峰さんと旦那さんの仲睦まじい写真を見て思わず、頬が緩む。写真からも文章からも素敵な女性というオーラが溢れている。

  • 憧れの夫婦。

  • 地元の図書館で読む。

全5件中 1 - 5件を表示

高峰秀子 夫婦の流儀 (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高峰秀子 夫婦の流儀 (とんぼの本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高峰秀子 夫婦の流儀 (とんぼの本)の作品紹介

互いの仕事に口出ししない、相手の時間を奪わない-「子供」「礼儀」「老い」など、10のテーマで解き明かす、稀有な夫婦の幸せの秘訣。初公開の写真や遺稿、幻のエッセイも満載。

高峰秀子 夫婦の流儀 (とんぼの本)はこんな本です

ツイートする