あらもの図鑑 (とんぼの本)

  • 56人登録
  • 3.15評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 松野 弘 
  • 新潮社 (2014年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106022555

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
飯島奈美
エラ・フランシス...
伊藤 まさこ
伊藤 まさこ
大野 更紗
三浦 しをん
伊藤 まさこ
有効な右矢印 無効な右矢印

あらもの図鑑 (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私の大好きな「谷中 松野屋」の本。

    ある時出掛けたら、
    このお店がお休みだったことがあり、
    とてつもなくがっかりして、
    その時「私はほとんどこのお店に来たくて
    谷根千散歩しているんだ!」と気が付いた。

    「貧困は自分たちが作っている」と言われ
    『え?わたし?』と驚いたけれど、

    どこよりも安く、手軽に…と言う選び方で
    買い物をしているとそうなるかも、と気が付いた。

    「何処の駅に行っても駅前が同じ景色になって来て
    つまらない」と言うのも、
    ここら辺に原因がありそうですね。

    なるべく、自分が気に入って長く使えるものを
    好きなお店までわざわざ買いに行くと言う
    地道な運動展開中。

  • いいものは高い。

  • 日本の暮らしの中で伝統的に使われてきた道具。
    眺めてみると、やっぱりいいなと思います。

  • 造形やばい。木目が、網目が、揃い目が。造形ばかりに目がいってしまうけど、やっぱり使ってみないとな〜。

  • 見ていて楽しかったです。この店に行ってみたくなりました。

  • あらものが置いてある、金物店ってホームセンターよりずっと楽しそう。

  • どちらかと言えば、見て楽しみ、その品を買って楽しむ本。民芸とは一線を画す考え方には共感した。

  • 谷根千に実店舗を持つ暮らしの道具を扱っている雑貨店、松野屋の主人が、自身が目利きしている日本の「あらもの」のモノや作り手を紹介している一冊だ。
    類似の本は数多くあるけれど、「民藝は好きじゃない」というスタンスで、工業製品も「いいものはいい」とする姿勢はこの手の本では目新しいかも。

  • 谷中松野屋店主による家内工業“中量生産性”の荒物道具紹介と職人訪問インタビュー。

全9件中 1 - 9件を表示

あらもの図鑑 (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あらもの図鑑 (とんぼの本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あらもの図鑑 (とんぼの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする