白洲家の晩ごはん (とんぼの本)

  • 33人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 牧山桂子
  • 新潮社 (2015年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106022623

白洲家の晩ごはん (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いま、武相館の管理・プロデュースをしている白洲正子の娘の料理本。彼女の文章は、親の褌で相撲をとっているとはいえ、両親礼賛ではなく、お互い歩みよろうとしない白洲夫妻の様子、ひたすら我がままばかりいい何もせずに食通を気取る母親への冷静な視線等も、包み隠さずに伝えているところが面白い。料理も作ってみようとは思わないが(ただ、生ハムをバナナで巻いてオーブンで焼いてコニャックというのは美味しそう)、「ムース・オ・ショコラ。両親のお気に入りでした。体に悪そうです。」とかのコメントが楽しい。

  • 文章が面白いところがあって、くすっと笑える。
    著者の性格、なかなかいい、好きです、こういうの。

  • 両親、著者の料理のこだわりが良い。

全3件中 1 - 3件を表示

牧山桂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
道尾 秀介
宮下 奈都
万城目 学
原田 マハ
綿矢 りさ
朝井 リョウ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

白洲家の晩ごはん (とんぼの本)の作品紹介

次郎と正子のふだん着の食卓へようこそ。味にもウルサイ白洲次郎・正子夫妻が目を輝かせた愛娘の手料理には、おいしく作る、おいしく食べる工夫がいっぱい。菜の花おひたし、コロッケ、釜めし、リゾット、焼きりんご……とっておきの43品を再現、ちょっぴり可笑しいエピソードとともに、自然豊かな武相荘の暮らしと食を紹介する。日常使いのうつわ139点も大公開!

白洲家の晩ごはん (とんぼの本)はこんな本です

ツイートする