熱帯建築家: ジェフリー・バワの冒険 (とんぼの本)

  • 41人登録
  • 2.89評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
  • 新潮社 (2015年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106022630

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 正嗣
アンソニー・B・...
みうら じゅん
恩田 陸
西 加奈子
トマ・ピケティ
平野 啓一郎
ジャレド・ダイア...
エラ・フランシス...
池井戸 潤
宮下 奈都
東山 彰良
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

熱帯建築家: ジェフリー・バワの冒険 (とんぼの本)の感想・レビュー・書評

  • スリランカ出身の建築家、ジェフリー・バワの作品を紹介した一冊だ。
    ホテルが多く、室内は改装されているものも多いようだが、いかにも南国、熱帯のリゾートといった雰囲気が美しい。
    モダニズム建築が流行していた時代の建築家だと思うけれど、単純な白い箱や水平窓とはまったく違う、その土地に根差した新しい建築を作り上げているのがよくわかる。

    今やどこでも見かけるようになったインフィニティ・プールをこの人が初めて作ったという。バワの名を知らなくてもインフィニティ・プールを知っている人や、体験した人は世界中にいるだろう。
    そう思うと、建築家っていうのはすごいな。死後もそれと知られずに世界に影響を与えている。

  • たまたまラジオでバワの特集を聞いてから、行かなきゃ!と心に誓っているのが、
    ヘリタンス・カンダラマ
    その時からバワの建築が好き

    そして、隈研吾さんの著作!!と飛びついた

    モルディブの帰りに日帰りで寄ったスリランカ
    その時に唯一見れたのが、シーマ・マラカヤ

    コロンボ空港&スリランカ航空にはまーったく、いい思い出がないんだけど、バワ建築めぐりしたいなぁと想いを馳せるには、ぴったりな一冊

  • 趣味は読書で主に小説を読みまするが、たまにはこういうノンフィクションというか解説書のたぐいの本をパラパラとめくる。なにかそこに新しい発見はないかな、などと思いながら。
    この本は主にスリランカでのバワの建築作品を紹介しているが、日本人が騒ぐほどには現地サイドは深くわ考えていないのだろうなぁということが、そこはかと無く感じられる。m(_~_)m(すまぬw)

  • スリランカで活躍をした建築家、ジェフリー・バワの主にホテルを中心とした作品を紹介している。

    バワの作品集として大部の写真集などはあるが、手軽にバワの手がけた建築の世界を探訪するのに最適の本だと感じた。

    熱帯建築家として自然を巧みに取り込みながらも、ヨーロッパ、とくにイギリス・ケンブリッジで学生生活を過ごし、イタリアで建築の世界に触れたことから、庭や領域のつくりかたにヨーロッパ的な自然との関係性があるように感じられたところが、興味深かった。

    短い本だが写真がその割に多く掲載されており、その全てが非常に美しい。

  • スリランカに合う建物。

全6件中 1 - 6件を表示

熱帯建築家: ジェフリー・バワの冒険 (とんぼの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

熱帯建築家: ジェフリー・バワの冒険 (とんぼの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

熱帯建築家: ジェフリー・バワの冒険 (とんぼの本)の作品紹介

バワって、何者? アジアにこんなすごい建物を作ったなんて! 海へとつながっていくプール、山に抱かれる建物、巨岩がめり込むロビー、森の庭に開かれたテラス、樹木が突き出た屋根……。〝モンスーンアジア〞を舞台に築かれた、自然と一体化する独自の建築世界を読み解き、14のホテルとヴィラを徹底取材。スリランカが生んだ今注目の建築家、バワ作品を楽しむための初のガイドブック誕生!

熱帯建築家: ジェフリー・バワの冒険 (とんぼの本)はこんな本です

ツイートする