ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)

  • 377人登録
  • 3.89評価
    • (67)
    • (51)
    • (81)
    • (4)
    • (0)
  • 41レビュー
著者 : 真保裕一
  • 新潮社 (1995年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106027413

ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どうしよう…
    私も奥遠和行って、冨樫さんを讃えたい!
    読みながら、本を持つ手が力むほどにハラハラしたり感極まったりした。
    真保さんの筆力がもう…
    完全に私の脳内は、奥遠和ダムと二千メートル級の雪山に占拠されました。

  • 大好きな「ホワイトアウト」を再読(実は暑い真夏に涼を求めて読み始めたのですが、様々な誘惑の果てにようやく本日読了なのです)。
    いや、これは本当に、まじで、驚くほどに、心の底から、やばいくらいの傑作。であり、名作なのです。硬派で練りこまれたストーリーや文章も素敵ですが、なによりも主人公の一途な情熱や執念や思いがこれほどまでに伝わってくる小説は他にないのではないでしょうか。吹雪に閉ざされた奥遠和のダムで繰り広げられる、圧倒的なまでの自然と人間の戦いの描写が凄すぎます。これは富樫の精神的&肉体的な戦いの物語です。ダムの占拠とか、犯人グループの仲間割れとか、重要なファクターではあるものの、あくまでも背景にしか過ぎないのです。決してあきらめないという強い心。愛した友人を思う強い気持ち。胸を打つのはそこなのです。
    ラスト20ページほどは、もう涙なしには読むことはできません。

    映画に騙されないで。原作は本物の傑作ですから。

  • 日本一の貯水量を誇る奥遠和ダムが武装集団に占拠された。
    ダムの運転員 富樫輝男は救難途中で亡くした同僚の吉岡和志の婚約者 平川千晶が人質になっていることを知り、助け出そうとする。

    とても面白かったです!

    ダムについて無知なもので、全編を通して背景をイメージしにくいのですが、どうなるのか先を読まずにはいられないハラハラ感があり、いつもより読むスピードが早かったように思われます。

    死闘を繰り広げ、命からがら大白ダムに辿り着いた富樫が、「これから奥遠和ダムに戻ります」と言って闘う姿に感動しました。

    ただの善対悪の戦いではなく、犯人グループの中で裏切りという一波乱あったというのがストーリーに厚みを持たせていると思います。

    ラスト、希望のある終わり方にホロリ。

    勝手知ったるダムの中で敵を迎え討つというのが、福井晴敏さんの『亡国のイージス』と似てました。

  • この小説は、ダム発電所でいきなり従業員が捕えられて、その事件を主人公が解決へと。

  • 日本一のダム職員の話。ラストは痺れる。

  • 読み終わったのに、余韻が消えないです。

    どうなるの?そう思いながらページが進みました。

  • 面白かったな。構成も描写も素晴らしい。ドキドキ緊張しながら、読み進んだ。なにより、伏線を欲張ってはりすぎていないのがいい。しかし、冬山の過酷さは、どの本読んでも圧倒される。寒いのは、やだ。でも、山男の精神的なタフさは、惚れる(笑)

  • 日本最大の貯水量を誇る奥遠和ダムで発生した、
    テロとの戦いを描く冒険、アクション。
    雄大な自然、手に汗握る犯人との戦闘等
    細かく描写されています。
    当時舞台となった奥只見に行って、物語と同化しようと
    したことを覚えています。
    伏線もしっかりとあり、最後まで飽きずに読める
    第一級冒険アクションだと思います。

  • 面白かった!
    冬の雪山に興味がある人なら面白く感じるはず

  • 雪山の中の巨大なダムに籠城するテロリストと、スーパーマン的なダム運転員の闘いという構図は娯楽映画に向いた作品に思えました。

    ボリュームはありますが、スリリングな展開が続くので冗長に感じませんでした。ストーリーに捻りもあって、飽きずに読めます。
    ただ、冒頭の感想の通り、一ダム運転員を「スーパーマン」のように感じてしまった時点で、のめりこめなくなってしまいました。

全41件中 1 - 10件を表示

真保裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)に関連する談話室の質問

ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)の作品紹介

日本最大の貯水量を誇るダムが乗っ取られた。人質は発電所員と下流域の市町村。残された時間は24時間。同僚と亡き友の婚約者を救うべく、ダムに向かう主人公・富樫のもう一つの、そして最大の敵は、絶え間なく降りしきる雪、雪、雪…。吹雪に閉ざされ、堅牢な要塞と化したダムと厳寒期の雪山に展開するハードアクション・サスペンス。

ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)の文庫

ツイートする