鎖 (新潮ミステリー倶楽部)

  • 182人登録
  • 3.70評価
    • (19)
    • (36)
    • (46)
    • (2)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106027666

鎖 (新潮ミステリー倶楽部)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公の女刑事音道の監禁以外、内容はすっかり忘れていた長編を、16年ぶりに読み返した。
    16年前の作品でありながら、古くささが全然なく、良質のエンターテイメントは、やはり時の流れにも耐えるのだろう。
    このシリーズは、この後も続くのだし、主人公が救出されるのは自明の理。それでも、ハラハラドキドキ、彼女はどうなるのかとの思いで、549頁をあっという間に読み終えた。

    数か月前にドラマ化されており、主役の音道貴子役を演技派の小池栄子が好演していたが、原作のイメージからすると、やはり天海祐希が適役ではないだろうか。

  • 鎖。いろんな意味の鎖。

    マーティン・セグリマンの犬に行った実験を思い出した。
    電気ショックを用いたその実験で、犬はもう「何をしても意味がない」ということを学習し、
    逃れようとする努力すら行わなくなるというものである。
    中田加恵子を思えば、フィクションでよかったと心底思う。
    こんな人生が本当にあったらたまらない。

    読みながら闇の中の熱海の路地を必死で思い描き(行ったことはないけどね)
    音道刑事の心中を想像する。悔しさと、絶望。
    気力だけで恐怖と闘う女性刑事。
    エピローグにたどり着くまで、緊張の連続で時間を忘れる一冊でした。
    それだけに、昴一さんとのやり取り他にはこちらも救われました。

  • 音道貴子シリーズ3作目です。読み応え、たっぷり。その本の厚さは音道刑事の苦痛と比例しているので、読んでてちょっと疲れて来ます。滝沢刑事のシーンと音道刑事のシーンと交互に描かれますが、時間系列が揃ってなくて、展開が分かりづらかったです。電話したのに出来なかった事になってたり、いつの間にかした事になってたり。普通の刑事物は主人公が事件解決するのに、音道シリーズは主人公はあくまで1捜査員。でも今回は頑張ったね。

  • 2017_04_17-033

  •  音道貴子シリーズの中で一番読ませる本でした。
    海外の女性探偵物等も好きでよくよんでいますが、読んでいると力が湧いてくるんです。負けるものかっ!!っていう気持ち。
    あらすじや、文体も好みでしたが、一番は不屈の気持ちを湧き起こしてくれるところです。 

  • 2013.8.7
    音道貴子シリーズ。
    今回の作品は音道が、誘拐拉致監禁されてしまう。1週間も。
    水も食料もろくに与えられない中での音道の心境と、SITに異した滝沢の心境が恐怖とともにかかれている。
    長編だったので時間がかかったけど、読み出したらとめられず。3時間。
    乃南アサは面白い。

  • 図書委員のすっちゃんです。最近乃南アサさんの音道貴子シリーズにハマり、音道さんがかっこよすぎる!と言いまくっています(笑)
    この鎖では、音道さんが犯人に誘拐されるというとてもハラハラドキドキの展開になっています。
    大好きな音道さんの身に危険が迫る場面は読んでいて腹立ち、時には泣き感情移入しすぎて大変でした(笑)
    ぜひ読んでみてください!きっと音道さんに恋するはずです☆

  • シリーズ長編2作目。長い話だったけど飽きる事なく読めた。ただ加恵子の過去があまりにも不幸フルコースなので多少しらける部分も。滝沢がカッコ良く見え、音道もうちょっとわかれ!と言いたくなる。

  • ちょっと長すぎだし
    イマイチ乗り切れない
    もうちょっと内容の推敲をして欲しかった
    ただ、この次の音道シリーズの長編
    「風の墓碑銘」が素晴らしいだけに
    手元に手元に置くことにした
    3.8点

  • 音道刑事シリーズ。
    音道刑事がどうしようもないバカな同僚のせいで、犯人達に囚われるんだけど、かつてコンビを組んだおっさんの滝沢刑事が助けようと奮闘する。
    音道側と滝沢側のシーンが交互にあって、緊迫感あり、結構分厚い本だけど、さくさく読めた。
    この二人、ぜ〜んぜん性格も考え方も違うんだけど、両方とも魅力的に描かれていて、どちらも好き。

全36件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

鎖 (新潮ミステリー倶楽部)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鎖 (新潮ミステリー倶楽部)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鎖 (新潮ミステリー倶楽部)を本棚に「積読」で登録しているひと

鎖 (新潮ミステリー倶楽部)の作品紹介

誰も描かなかったブラインド・スポット-孤絶の空間を舞台に、音道貴子の刑事人生は最大の危機に突入した。ここは一体どこなのか。犯人グループの次の一手は何なのか。たった一人で敵と対峙する彼女の脳裏を、期待と絶望が交錯する。このデッドロックをくぐり抜ける手段が果して存在するのか。『凍える牙』に続く久々の書下し大作。

ツイートする