年をとって、初めてわかること (新潮選書)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 立川昭二
  • 新潮社 (2008年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106036125

年をとって、初めてわかること (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  • 年ひとつ加ふることも楽しみとしてしづかなる老に入【い】らまし
     吉井 勇

     新たな一年。
     年を重ねて、初めてわかることもある。そんな生活実感を、文学作品の鑑賞とともに紹介した立川昭二の著書が味わい深い。
     たとえば歌人の吉井勇について。吉井は1886(明治19)年、東京生まれ。若き日には、北原白秋らと耽美【たんび】派の会を結成したことでも知られている。酒の歌、女性の歌、京都祇園の日々などを歌い、伯爵である吉井家の嗣子という華やかな境遇にもあった。
     だが、華族同士の最初の結婚はうまくゆかず、スキャンダルにも巻き込まれてしまう。家運は傾き、すさんだ生活の果てに爵位を返上。しばらくは、四国で息をひそめて暮らしていた。
     けれども再婚後、転機が訪れた。京都に移り住み、精神的にも安定。晩年も穏やかな暮らしぶりであったようだ。掲出歌も、老境を嘆くような暗い印象はない。
     しかし、時に心は激しく動く。

      しづかなる老と思ふに時ならぬ心たぎちのありておどろく

     「たぎち」は激流の意。華やいだ青春の日々を、ふと思い返す時間があったのだろうか。また、最晩年には病院のベッドで次のような歌も書き付けていた。

      京に老ゆ年をわすれて気も艶【えん】に都踊の歌詞もつくれる

     依頼された都おどりの歌詞を作り、あでやかな心を保とうとしていたのだ。その後、1960年に京大病院で没。享年74。最期の言葉は、「歌を…。歌を…」であった。

    (2013年1月6日掲載)

  • [ 内容 ]
    老いがもたらすものは喪失と寂寥ばかり?
    いや、老いたからこそ知る自己発見の驚き、人と分かち合う喜びが、そこにある。
    心と体。
    エロス。
    孤独。
    共生。
    愉しみ。
    看取り―思いもよらなかった「老い」の豊饒な世界を、斎藤茂吉『白き山』から青山七恵『ひとり日和』まで、名作文学のなかにしみじみと読み味わう。
    いまこそ、この作品を読もう。

    [ 目次 ]
    第1章 老いの自覚
    第2章 老いと欲望
    第3章 老いの情念
    第4章 女の老い・男の老い
    第5章 老いとエロス
    第6章 老若の共生
    第7章 老いの価値
    第8章 老いの美学
    第9章 老いと看とり
    第10章 老いの聖性

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 三島由紀夫、川端康成、上田三四二、川上弘美などの文学作品に表現されている「老い」を取り上げた論評集。「年とって初めてわかること」の中には「わからないこと」もある。しかしわからない故に味わう驚きやわかちあえる喜びがある。老年こそは自己発見と相互再生の黄金の季節だ・・と知識として理解した。私にはまだわからないことも多いけれど、わかりたい。取り上げられた作品を読みたいと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

年をとって、初めてわかること (新潮選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

年をとって、初めてわかること (新潮選書)の作品紹介

老いがもたらすものは喪失と寂寥ばかり?いや、老いたからこそ知る自己発見の驚き、人と分かち合う喜びが、そこにある。心と体。エロス。孤独。共生。愉しみ。看取り-思いもよらなかった「老い」の豊饒な世界を、斎藤茂吉『白き山』から青山七恵『ひとり日和』まで、名作文学のなかにしみじみと読み味わう。いまこそ、この作品を読もう。

ツイートする