小説作法ABC (新潮選書)

  • 259人登録
  • 3.54評価
    • (13)
    • (25)
    • (36)
    • (4)
    • (2)
  • 31レビュー
著者 : 島田雅彦
  • 新潮社 (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106036316

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
谷崎 潤一郎
三浦 しをん
三島 由紀夫
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

小説作法ABC (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  • 分類されているのでポイントが把握しやすい。
    百科全書的小説の執筆を目指して、得意分野の知識をより深めようというのは面白い
    なんかところどころ鼻につくがノウハウ本だしまあどうでもいいか。

  • 島田雅彦による小説の書き方指南書。小説の書き方や考え方を論理的に解説する。
    普段はあまり小説を読まないので、小説技法については気にしたことがなかったが、これを読むと小説家はさまざまな技法を駆使し、緻密に設定しながら書いていることがよくわかる。小説をジャンル、構成、書かれる対象、語り手、対話、描写、視点、時間、言葉、書く目的等の要素別に解説しており、小説を書くためだけでなく、読む際にも参考になると思う。ただこの本に書かれている内容は、非常に緻密で、著者にとっては最低限のルールなのかもしれないが、これから小説を書きたいと思う初心者には、かなりハードルが高そうだ。著者は、小説家を目指すのであれば、このルールを踏まえたうえで更に個性を持たせることが必要と説く。各章の最後にトレーニングの課題があり、これを実践してみると自分の能力がよくわかる。(自分は小説家にはなれそうにないと自覚できます)
    小説の読み手側としては、作者の力量を推測するのに役立ちそうだ。

  •  身もふたもない言い方からはじめますと、小説のみならず、あらゆる表現活動を行おうとする際、自分の無意識のパワーなどというものを過信してはなりません。この〈特別な私〉が主体であれば、カメラのシャッターを切れば自意識が反映されたすばらしい写真が撮れ、舞台に立てば魂の叫びが観客の心を打つ演劇表現になる……などとは、ゆめゆめ思ってはならないのです。

  • 映像制作演習の赤城先生より寄贈いただいた図書です。
    閲覧用PCの側にコーナーがあります。

  • ちょこちょこ出てくる村上春樹の分析が面白かった。
    その他の参考文献も。
    いやいや内容も勉強になった。
    特に私小説は自分の一番知られたくないことを書け、というあたりとか。

  • 最近「書く」ということに興味を持ったので手に取りました。
    このような小説の書き方みたいな本を読むのは初めてだったので興味深く読み進むことができました。
    どのように語るか、どのように書き進めていくかということが分かりやすく書かれているように感じます。
    これから小説を書こうという人が基礎の部分を学ぶために読むといいかもしれません。
    また小説を書かない人でもこれを読めば小説を読むときに、小説がどのように書かれ、作者が何を思ったかを意識する手助けになるでしょう。

  • 島田雅彦の小説は、気難しい人なのではないかというイメージを持っており、まだ読んだことがありませんでしたが、この本はさすがは作家だと思わせる、丁寧に分かりやすい文章で、親しみが持てました。

    かなり広範囲に渡って小説について語られており、一人でここまで仕上げるのは相当の労を要しただろうと思います。
    一つの項目に対して引っ張ってくる例えがバラエティに富んでおり、とにかく話題が豊富。
    著者の縦横無尽な知識の深さが随所に感じられました。

    起承転結は小説の要だと、さんざん語られてきていますが、数学の証明でも学術論文でも同じだという話になるほどと思います。
    小説というよりは、すべての要だと考えるべきなのでしょう。

    「日本文学で皇族が描かれることは外国人を主人公にするのと同様、例が少ない」という意見も、言われて気がつきました。
    外国人を主眼にする場合、やはり文化や言葉の壁というものがあるのでしょうか。

    小説とはあまり関係がなさそうですが、なぜ韓流ドラマで記憶喪失というテーマが頻出するのかということにも言及していました。
    韓国には2年半の徴兵制があり、それまでの人間関係や生活スタイルがいったん断ち切られる感覚があるというのがその一つの答えだそうです。
    徴兵制のメタファーとしての記憶喪失だったとは、意外でした。

    ピアニストのリヒテルは、ワールドツアーに出ていても一日8時間の練習を欠かさないため、ホテルの客室係が部屋の掃除にいつ入ればわからない、というような雑学まで語られており、面白く読めます。

    私が好きな中沢新一の『アースダイバー』が紹介されており、嬉しく感じました。
    また、芥川龍之介の『羅生門』の意味もその良さも、実は全くわからずにいましたが、人が修羅になり餓鬼に落ちていく堕落の図だという説明に納得しました。

    刑期があっていずれ出所できる囚人と、死刑囚とを比較すると、死刑囚の方が創造的なものを作るという話と、小説家を志す人への覚悟を重ね合わせて書いている点には驚きました。
    かなり思い切った例えを使っています。

    さらに、「覚悟ができたら、果敢に自分の無意識の底まで降りていきましょう。そして、おのが欲望、本能を開放するのです」という、この本の締めの文章も、ほかの本には見られない斬新さを感じて、著者に一目置く気持ちになりました。

    柔軟な発想と着実な知識を持つ作家だということが伝わってきた文章。
    著者への興味が出てきたため、今度は、著作を読んでみようと思います。

  • 技術的なことは面白く読めた。知らないことも多くあった。

  • ●2009年10月17日~10月19日

  • ためになる本

    島田雅彦の書評はよくよむけど小説はよんだことないのでてにとってみます。関係ないけどかなり男前。

  • うおお 。初心者向けで良いと思います。こういった類の本を読んでる方はいらないかも。

  •  小説を書くとは、なぜ書くのかとは。書くときの基本事項とそのためのトレーニング法。

     今年は年間200冊本を読むぞ!との目標中。いつかは何かを書きたいなぁ、とモヤモヤするものはある。

     ビルマに戦争いってマラリアかかっても帰国したじいちゃんのこととか、
     就活でボコボコにされた時のことも忘れたくないし、
      
     いつか書きたい、さていつか。

  •  小説の書き方をこういう風に懇切丁寧に書かれると島田雅彦てめえ、と思ってしまいかねない部分もあるけれど痛みを覚えるほどの正しさをつきつけてくる、というよりはかなりマイルドに正しさに導いてくれる感じが強くてそこはとてもよかった。語られるべきは技術論だときっぱり言い切ってから、徹底的に読みの技術を叩き込んで、しかしね……と不意打ちをかける構成もいい。そこで勇気付けられたら、とりあえず、書いていきましょう、そういうことなんでしょうね。
     一言でまとめると、読みの技術論+自己啓発。でしょうね。
     大切なのは自己啓発しつつも、それが小説の原理的な部分に関わる自己啓発であることを、巧みに避けているというところ。最後にはそれを出さずにはいられないし、それを完全に無視した記述に啓発される書き手なんてありえないと思うんだけど、それでも、小説の消費のされ方からのアプローチがかなり多く、大局的に、もう文学終わっちゃいそうだけど、まだまだ終わらないよ、と語りかけたりすることは、最後までしない。むしろ大局的に見りゃそりゃ終わっちゃうかもしれないけどさ、現に消費されてるわけだし、どんな風に消費されてるか見りゃ、まだできることあるでしょう、と分析してみせる。結局職業作家になりたいってことはそれで飯食いたいってことなんだから、そのレベルは肯定しなきゃいけないし、あえてそこに乗っかって元気付けるというのはすごく面白いし、効果的だろう。それは同時に職業作家である島田雅彦自身のあり方の肯定も含んでいて、だから筆もどんどん元気になるし、最後には、全肯定的な雰囲気まで撒き散らして筆を置くし、読んでいる方も元気が出ないわけがない。
     それでいて、悪いフォームはちゃんと直してくれたりするから、本当に役に立つ本です。つまり、非常に良い本です。小説を書く前、というより、読む前に、ウォーミングアップとして、読んでみるのが良さそうですね。

  • 読者はどこにいるのか、、、を読んでいたらこのタイトルがでてきたので、興味本位で借りてみました。やー、この本も良いですねー、お金が無いけど買いたいです。アマゾ○のカートに入れてしまいましたorz(でもお金が。個人的には、ラノベでもないのに企画書について触れられている点がなかなかやるなぁって思いました。なんかこう神様降りてきて書くイメージがありますけど(本書区分の小説って)、やっぱ企画立ててオッケー出てなんぼですよね、商業目的ですし。本書によるところの小説ではない作品では普通の事だと思うのですが、小説もそうなんだーって感慨深かったです。

  • 人は誰もが「物語る能力」を持っている。その技術の集大成こそが文学である。
    この本は小説を書く為の基本的技術から心構えまで「プロのコツ」をシンプルに伝授する教科書である。


    まず、文学をジャンル分けしているのですが、神話・叙情詩、この辺は分かるのですが、ロマンス・小説、とばして告白と、私が小説の中のジャンルだと思っていたものが小説外とされていることに驚きました。ロマンスは予定調和、小説は自己批評の精神、こうなると小説の数はくんと減りそうですね。
    内容としては、実戦的な技術面をもっと解説して欲しかったなと。例として取り上げられている本が、あまり私の好みではなかったのがいっそう馴染めなかった原因かもしれませんが。

  • 小説の書き方の基本を、具体例を引用しつつ
    わかりやすく解説してある一冊。

    大学の講義テキストを編集しただけあって
    基礎からわかりやすく書かれていた。

  • 島田雅彦の法政大学における講義がもと。かなり実践的な内容で、練習問題なんかもあり、読むと早速書いてみたくなる本。島田雅彦のひねくれた感じが面白くて、私は好き

  • 7月2日読了。島田雅彦氏による、プロの書き手による小説の書き方作法の指南書。私はこの著者の小説は読んだことはないが、独特の着眼点を持つなかなか面白い小説の書き手のようだ。・・・読み手からすると小説に求めるもの・小説にとって大事なものは「ストーリー」「キャラクター」と考えがちだが、ストーリーの類型などは人類誕生以来もはや書き尽くされているもので、何より大事なのは「描写」、これに尽きるようだ。実際、例文として挙げられている谷崎潤一郎や三島由紀夫の文章などは、1ページにも満たない切り取られた断片であっても読むだけでその描写の正確さ(読み手にとっての)、リズムの心地よさからまさに「快楽が立ちのぼる」思いがする・・・。小説とは誰にでも書けるものだが、誰にでもは書けないものだ。

  • 切り口が面白くて、書く人も読む人も楽しめる。

  • 新潮2009年6月号書評より

  • 作家の島田雅彦氏が、2007年に法政大学で行った講義をベースに作った、格調高い小説の教科書です。
    書きたいことがある、けれど、どう表現すればいいかわからない。 もしくは、うまく書けるようになりたい、でも何をすれば上達するのか? そういう人のための本だと思います。
    逆にそうでない人には、全く読む意味がない本かもしれません。



  • 小説を書く技術についての教科書。
    新書じゃなくて選書だけど。ま、いっか。

    小説の分類をし、そこで使われている様々な技法について述べられている。
    事例(引用)も多く、その中の本で読みたい物もちらほら。

    こんな風に考えて書いてる人っているのか〜?
    ・・・とか思いつつ、作者の美意識の高さを感じたので、人それぞれだな、というとこに結論。

    このセオリーを全て盛り込んだ小説を読んでみたいものだ。
    もちろん大ヒット間違いナシ!?

  • 大学の講義を再録・加筆・編集して作ってあるため、極めて実践的な小説を書くための指南書。ただ、読むための作法として、または文学論として読んでもよい。村上龍は青春小説、春樹は老人小説。実況と回想の違いを指摘してて、ウマイなーと思った。

  • 現在連載中の日本経済新聞「私の履歴書:篠原三代平」の中の大熊信行氏の話から、彼を調べて行くうち伊藤整氏に遭遇。「小説の方法」を読んでいる途中で本書に出会う。
    氏の作品を読むのは「語らず、歌え」以来10数年ぶりであるが、楽しい時間が経過した。
    本書中のマーケティング的な話などは「小説の方法」に通ずるところもあるのかしらん。

全31件中 1 - 25件を表示

小説作法ABC (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説作法ABC (新潮選書)の作品紹介

"ここに書かれてあることが理解でき、かつ実践できるならば、作家になる資格は十分にあるでしょう"-人は誰でもストーリーテラーになる。「物語る能力」を最大限に生かすための基本的技術とは何か?一行目を書き始める方法から、構成の技術、新しい文体を発明する秘術、職業作家としての心構えまで、奥深い「プロのコツ」をシンプルに伝授する本。

ツイートする