新潮選書 日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学

  • 310人登録
  • 3.06評価
    • (5)
    • (13)
    • (32)
    • (13)
    • (3)
  • 32レビュー
著者 : 原田泰
  • 新潮社 (2009年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106036484

新潮選書 日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • データを元に議論することは難しいのだろうか?

  • 日本はなぜ貧しい人が多いのか。
    それは日本の所得再配分が、個人への支給が限られた人だけにとどまり、公共事業のように組織に通してなされるから。
    こういったことを、データを積み上げながら説明する。
    少子化は経済成長があり、年金制度を改革すれば、別に困ることではない、という主張だったか。
    理屈としてはそうなのか、と思うけど...。

    経済学の素養がないので、その論証が正しいのか自分で確認することができない。
    完全にこちらの問題だけど、もどかしく思った。

    個人的には社会的な問題を扱った第一章が面白かった。
    もちろん経済学のアプローチの特性というか、限界もある訳だけど。
    なお、本のカバーにある「日本の地方に豪邸街がないのはなぜ」については、本文に明確な答えは出されていないように思う。
    データにより地方に豪邸街がないことは明らかにされ、アメリカの住宅供給事情と比較され、日本の富裕層間の競争が起こらないことを指摘しているが、なぜないのかは説明していない。
    まあ、それが経済学のアプローチなのだろうと思う。
    というわけで、カバーの惹句には気をつけなくちゃ。

  • 巷に流布する説は間違いであるということをデータによって示す。こういう反論や検証は、何をするにしても必要。

  • 統計から真実を見つけていこうの趣旨。だが、果たしてこの統計処理が正しいのか微妙に思うところも。話としては面白い。

  • 発想のキーワード:言論の自由は証拠に基づかなければならない/人々が自らの意志で努力し、リスクを負担するのを制約すれば、高齢社会に向かう日本は、貧しくつまらない国になる/普通の人々にとって重要なのは、一人一人の豊かさであって、日本全体の経済力ではない

  • 正直タイトルと内容は関連しない、副題が正しい内容。

    巷に流布している都合の良い真実。それらは全て誤りである!(帯から)
    の示す通り、一般的に言われている事を統計資料をしっかりと読み込んで判断したらこうなりますよってのを個々丁寧に解説がなされている。

    数字は嘘をつかないが数字を使って嘘はつける。
    この手の本全般に言えることだが、こういう物の見方、手法が大事であって、結論部分を数字の意味を理解しないままうのみにするのは大変危険。
    そういう意味で大変難しい本でした。

  • 【感覚ではなくデータ】
    話が細切れになって、つながりがなく、ストーリーがよくわかりません。
    しかし、データで客観的確認する、すばらしいです。

  • 通説に対してデータから説明した本。
    経済政策によって国の行く末が決まる。
    こうすれば日本は良くなるといった内容が書かれていた、自分には理解できなかったが…

  • 通説の嘘を指摘しているところは面白かったけど、図表が見にくかったのにムカついた。

  • いろんな「定説」に対して、数字をもとに考えてみよう、という趣旨の本。
    ドイツワールドカップで日本が敗退したのは、ストライカーがいないからではなく、守備が悪いからでは?というのは面白かった。たしかに他の国と比べても失点が多くなっていた。
    ストライカー産業の育成はどうすれば良いのかわからないから、インフラ系の投入産業のコストを削減することで、ストライカー産業への良いアシストをするのが大事なのでは?という観点は面白かった。コストは低ければ低いほど色々できるからな。
    生活保護:給付総額はOECD平均の8分の1だが、非扶助人数は10分の1で、一人あたりは高額になっている。より広く薄く配分すべきであって、審査を厳しくすべきではないだろう。
    日本の年金給付額は世界一高く、児童手当は先進国中一番低いというのは、ほんとうにもうクソジジイのクソジジイによる、クソジジイクソババアのための政治だなぁと。。。
    医療費増大というけれど、質が向上するのであればそれは負担が増えるわけでもないだろう、という指摘。ただし、コスト削減のための試みはもっとあってしかるべき。

全32件中 1 - 10件を表示

原田泰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

新潮選書 日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学に関連するまとめ

新潮選書 日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新潮選書 日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新潮選書 日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学の作品紹介

日本の地方に豪邸街がないのはなぜ?北欧は本当に日本より年金制度が充実しているのか?人口が減少すると国力も衰退する?世界金融危機の影響はどうして日本で大きいのか?日本のエネルギー効率は断トツに高い?経済政策、少子高齢化、国際競争力、教育、年金制度について流布している通説を統計データと経済学的思想で「逆説的」に覆す。

新潮選書 日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学はこんな本です

ツイートする