貨幣進化論―「成長なき時代」の通貨システム (新潮選書)

  • 306人登録
  • 3.89評価
    • (19)
    • (24)
    • (19)
    • (2)
    • (1)
  • 32レビュー
著者 : 岩村充
  • 新潮社 (2010年9月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106036668

貨幣進化論―「成長なき時代」の通貨システム (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貨幣は、価値の乗り物。

    貨幣の進化
    パンの実、美しい貝殻、貴金属、兌換紙幣、不換紙幣。
    自然利子率=お金の利子ではなく、モノの利子=モノを貸し借りした時に一年後にどのくらい増えたら文句がないか。

    シニョレッジ=鑑定料=貨幣発行権=シニョールとは領主のこと。

    旧約聖書では利子を禁じている。利子は神の時間が産んだモノ。ただし異教徒への貸付はとっても構わない。=ユダヤ教徒に金貸しが多いのは、異教徒が多いから。ただしリスク・プレミアムの部分はよい=インテレッセ=インタレストの語源。

    初穂料は、種籾のお礼としての利子と同じ。

    江戸時代はゼロ成長だったため、時々徳政令でリセットしないと、偏った社会が収まらない。

    ゲゼルのスタンプ付き貨幣=現金にマイナス金利をつけることができる。

    自然利子率は資本の限界効率で決まる。

    レンテンマルクの奇跡=5日間でインフレが収まり、その後はワイマールの黄金の日々、とよばれる繁栄があった。

    フランスではポワンカレの奇跡=為替相場を操作しておいてフラン安のときに新平価で金兌換に復帰した。ポワンカレ予測のポワンカレは従兄弟同士。

    日本とイギリスは、対戦前の平価で金兌換に復帰。しかし高金利にせざるをえなかった。

    アメリカはロアリングトゥエンティーズ=雄叫びの20年代=1920年だいのアメリカは世界の経済大国になった。
    高速道路、映画、ラジオ、電話、水道、T型フォードなど。
    暗黒の木曜日で、イギリスと日本に通貨売り圧力。
    金兌換離脱。最後にフランスも離脱してブロック経済化。ブロックの拡大競争が第2次大戦に。

    プレトンウッズ体制では、金と交換できるのは通貨当局だけ。

    トリフィンジレンマ=基軸通貨であるためには信任が必要。しかし国際決済に使うためには十分な通貨が供給されなければならず、国際収支は赤字になるはず。プレトンウッズ体制は矛盾がある。

    BISは第一次世界大戦後のドイツの賠償金の受払機関として発足、BIS規制とは、実質的にBISが会議室を用意した会議、といった程度のもの。

    パンコールとSDRの違い=パンコールは決済のために貸与されたもの。SDRは与えられたもの。

    ドイツのハイパーインフレは、インフレというより貨幣崩壊のようなもの。
    日本の戦後インフレは、凍結されていた預貯金が一斉に不足する生活物質に向かったため。通貨の信任が失われたわけではないから、貨幣崩壊ではない。
    ドッジ・ライン=IMFの政策と似ている。
    朝鮮戦争の特需。
    スターリン暴落。
    高度成長。
    民生財生産設備は破壊されたが、資本財生産設備は優先的に疎開していたため、温存されていた。

    1ドル360円は最初はきつかったが、だんだん楽になってきた。最初は国際収支の天井に成長を抑えられた。

    現代の貨幣は、政府への信頼が貨幣価値をつなぎとめている。

    穴をほって埋める公共事業でも景気対策になるか。=ヘリコプターマネーが有効か、と本質は同じ。お金をばらまいたあと、それを人々がどう判断するか。貨幣錯覚がどう働くか。

    貨幣のネットワーク効果。一般受容性。=統合のベクトル
    離散のベクトル=マイレージ、ポイントカードなど。

    ハイエクの貨幣発行自由化論。貨幣発行にも信用創造の競争をさせる。

  • 自分の歴史観の狭さを知ることができる一冊。今後のあり方について考えさせられる良書。

  • わかりやすく書いていると思うが,難しかった。もっと金融のことを理解して再読しようかと思う。

    流動性の罠の状態にあるとして金融政策に限界があるとしたら,保有期間を付けた紙幣の流通しか対策はないのだろうか。自分には未知の世界すぎてわからなかった。かといって財政政策に頼るわけにもいかないし。。。

    とりあえず理解できていないので,再読したい。

  • 日銀出身者の本は変に感情的なところがなく落ち着いて読めるのがいいところだと思う。金融政策に過剰な期待を寄せる向きには「日本だけがデフレで国益を目減りさせている、早くデフレを止めろ!」と息巻く者が多いが、本書は冷静にデフレが遅かれ早かれ日本だけの問題ではなくなることを指摘している。日本は特殊なのではなくフロンティアを走っているに過ぎないということだろう。また「自然デフレ率」を前提に最適システムを模索することを示唆する辺りは、アベノミクスを経た今読んでも全く色褪せたところを感じさせない。逆に言えば、本書でも繰り返し言及があるように、金融政策には貨幣と物価に関する問題の発生の時間軸を前後ろにずらす効果しかない訳だから、アベノミクス前だろうが後だろうが、いずれは我々は「自然利子率の長期的低下=成長鈍化」という避け難い事実に直面せざるを得ないのだ。

    内容は貨幣と各国中央銀行のクロニクルの中で貨幣経済に関する基本的論点に触れていくというスタイル。「そもそも貨幣って?」という根源の疑問にも丁寧に立ち入っていて理解が進む。特にパンの木の島での物々交換経済から国際的な貨幣経済に移行する仮想物語が解りやすい。貨幣価値と株価のアナロジーの指摘も目からウロコ。貨幣経済や金融政策に関する書籍は結構読んだつもりだったが、まずこの本に手を付けていればより理解がスムーズだったのに、と思わせられた。

  • 分かりやすく書いてありそうでいて、結構難しかった。ただ、通貨の価値の本質が、「現代の貨幣のアンカーは政府の政府の財政的な能力そのもの」であり、「貨幣価値は国の経済力で決まる」ということは何となく分かった。また、「日本政府とは、世界的にみると異様なほどに恵まれた顧客基盤の上に胡座をかいている独占企業」だと言うことも。

  •  歴史的に順を追って、貨幣制度の基本的な仕組みを解説してくれるので分かりやすかった。

     言ってしまえばただの紙切れ、金属片であるところの貨幣が「価値の乗り物」として機能しているのは何故なのか。金本位制時代を経て、目に見える実物財(金)との紐付きがされなくなった貨幣の価値を支えるものは何なのか。それは「政府の財政力に対する人びとの信頼」なのだということを改めて押えた上で、貨幣の今後を考える。

     マイナス金利と聞くとなんだか異常な感じがするけど、経済成長の停滞に合致した金融政策として、今後さらに増えるのかもしれない。

  • 2008年にこの著者が出した本は購入済み この本もそれに劣らずいい本です。今 私はお金ないので保留

  • 買ったものの何かためらうものがあってしばらく積読していたが,手に取るとあっという間に読了.通貨システムの歴史・概要を掴むには良書だと思われる.ただし,あくまでも入門書であり,本書だけで分かった気になるのは危険だとも思う.

  • 貨幣の本質とその歴史、そして現在の変動相場制における貨幣価値の考え方と、現在起きている問題点を整理していく本。今我々が使用している紙幣への信頼、政府への信頼と物価の関係、中央銀行の役割などが、著者の考え方・主張は織り交ぜられているものの、とてもシンプルかつ整合的に説明されていたと思う。ただ、2007年の信用危機以降の円相場の動き、特にアベノミクス以降の動きは、本書で説明されているロジックでは苦しい部分もあり、最近の著者の主張も追って確認しようと思った。(本書は2010/9刊)

  • ビットコインの騒動、欧州経済危機、アベノミクス、電子マネーの普及など通貨について考える機会が多い昨今、この本はその基本と本質をとても分かりやすく解説していてとても勉強になる。物語から通貨の誕生、市場の誕生を解説。そこから金融と財政の歴史について。最後に現在と未来についてと時系列で順を追って理解できる。経済について学ぶほど、生態系のような複雑な事象が潜んでいることを考えされられる。ミツバチダンスと生態系の多様性に結び付く結論に納得。

全32件中 1 - 10件を表示

岩村充の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

貨幣進化論―「成長なき時代」の通貨システム (新潮選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

貨幣進化論―「成長なき時代」の通貨システム (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

貨幣進化論―「成長なき時代」の通貨システム (新潮選書)の作品紹介

格差と貧困、通貨危機、バブル、デフレ、そしてハイパーインフレ…いまの貨幣には何か本質的な欠陥があるのではないか。四千年の経済史から、「右肩上がりの成長を前提としたシステム」の限界に鋭く迫るスリリングな論考。果たして、マイナス成長時代を生き抜く処方箋はあるのか?日銀を飛び出した異色の経済学者が辿り着いた「貨幣多様化論」。

貨幣進化論―「成長なき時代」の通貨システム (新潮選書)はこんな本です

ツイートする