「社会的うつ病」の治し方―人間関係をどう見直すか (新潮選書)

  • 170人登録
  • 3.90評価
    • (12)
    • (26)
    • (12)
    • (1)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 斎藤環
  • 新潮社 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106036743

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
大野 更紗
村上 春樹
内田 樹
有効な右矢印 無効な右矢印

「社会的うつ病」の治し方―人間関係をどう見直すか (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  • コフートの自己愛について、初めて認識でき、概要を理解することができました。

    「自己ー対象」の関係から生きていく上で大切な様々な能力を取り込み吸収すること、
    家族だけの関係では不十分だということ、など。

    環境調整や、出会いのきっかけ作りなど、ソーシャルワーカーである私にとって、とても学びの多い一冊でした。
    この本をきっかけに、環境調整についてもっと深めていきたいです。

  • 出版社から献本いただく。感謝します。

     落ち込んでいる。僕はデヴィッドソンスケール50点の(後述)ヘタレなので、極めて落ち込みやすい。訳の分からない人に何を言われても痛痒を感じないが、訳の分かる人に叱られるとかなり尾を引く。
     というわけで(どういうわけ?)、斎藤先生の近著である。
    「社会的うつ病」という近年多いマイルドな、しかし難治性のうつ病を基軸に、社会と病との関係性を論じた一冊。斎藤先生の本は「生き延びるためのラカン」以来。

    思いつくままにメモを
    ・社会の「心理学化」ーー>脳科学化の問題。
    あるセオリーで社会を全て説明することの息苦しさ。
    ・操作主義の問題。自律の欠如。いずれ操作されることが快適になってくる。
    ・薬漬けは問題だが、うつ病治療の基本や薬物治療
    ・心の強さは簡単には決められない。
    ・逆境を上手く乗り切るレジリアンスの能力。デヴィッドソンのスケールだと、一般人は平均80点、うつ病の人は60点以下。僕は50点だった(!)。
    ・民間療法も、プラセボ療法も、治れば良い。
    ・母親の基本的信頼感は大事。これが欠如し、自己愛性人格障害になることも。ただし、セオリーにあまりにどっぷりつかってもだめで、話半分くらいに。
    ・適度の欲求不満が人の成長を促す。
    ・孤独で才能が開花するのは、「美談」であって一般化できない。人は通常は孤独がネガティブに作用する。
    ・日本人は世界でも社会的孤立の度合いが強い。
    ・ネットでは孤独は避けられない。ネトゲ廃人のリスク。
    ・自己愛は科学の対象ではない。
    ・ブリーフセラピー
     うまくいっていることは続ける。
     うまくいかないなら、やり方を変える
     かつてうまくいったことをもう一度やってみる。
    ・境界型人格障害者は孤独が極めて苦手 誰の心にも境界型人格障害は住んでいる。
    ・境界型は、判断の基準が「黒か白か」しか知らない。つまり未熟。
    ・自己啓発にはご用心。誰でも変われるといいながら、失敗しても自己責任というのは問題。
    ・人間が変わるのに最も意味がないのは「決意を新たにすること」

    とまあ、ランダムに気になったところをメモってみたが、昨今のうつ病とその周辺を描写し、社会論にもなっているように見える。社会の変容が精神疾患の様相を変じていくという説明はとても理解しやすい。今の世の中の危うい部分が「社会的うつ」、発達障害(アスペルガー含む)、人格障害などいろいろな様相に影響を与えていく。身体性への言及は内田樹さんとシンクロする(ラカンだから?)。あと、音楽療法のところが興味深かった。今後どういう展開を見せていくか、楽しみ。

  • 精神科医・斎藤環氏による「うつ病」についての手引きのような本です。

    他の斎藤先生の本と違わず、論点や参照は多岐にわたります。「"新型うつ"批判」、「操作主義批判」「コフートの発達理論」、「マズローの欲求段階説」、「家族や上司のかかわり方」、「リワーク・プログラム」、「アレントの『人間の条件』」、「自己啓発業界への苦言」、「身体のケアの有効性」などなど。いずれも興味深いトピックです。

    ただし本書では、「他者とのつながり」とうつ病患者の関係、そしてそれをいかに治療に生かしていくか、という問題意識が一貫して維持されています。例えば第4章「人薬(ひとぐすり)はなぜ効くのか?」に詳しい通り、重いうつ状態に陥っていながら、入院しただけで治ってしまう患者もいるようです。

    確かに、ある程度距離のある、すなわち家族や仕事とは直接関係がない友人との飲み会、趣味のコミュニティ、よく行く飲み屋、といった場で「他人」とかかわることが、仕事や生活のストレスを一気に軽減してくれることは誰もが経験のあることと思います。さらに「人薬」は自己完結型ストレス発散(暴飲暴食・ギャンブル・酒・ネット漬けetc.)と比べて、「持続力」にすぐれている(=すぐにうつ状態に逆戻りしにくい)というきわめて好ましい性質をもった「薬」である、と個人的には感じています。

    ただ、このままでは単なる提灯レビューになってしまうため、ここではひとつ疑問を呈しておきたいと思います。

    本書では、精神科医・内海健氏の議論を引いて、「場当たり的に相手や状況を操作すること」を「操作主義」として批判し、近年の操作主義的風潮が、「操作そのものを放棄してほどほどのところに留まること」を難しくしている、という問題提起をしています(P.38~)。一方で、著者が好意的に評価するリワーク・プログラムについて、「治療を通じて自己コントロール感を学ぶことが、最も望ましい治療目標になります」と述べています(P.198)

    うつ状態を「操作の欠如」(P.41)とすると、コントロール感を再び復活させることが必要、という認識は理に適っていると思います。しかしうつ状態に陥った人が、果たして「ほどほどのところに留まること」はできるのでしょうか?そういう人は、コントロール感が復活するや否や、再び「操作の過剰」に頭から飛び込み、しばらくしてフルボッコの末、落ちてくるという、哀れな往復運動を延々と続けてしまうのではないか。というか、どうもわたしがそうなっているような気がしてならないのですが先生わたしはいったいどうすればよろしいのでしょうかッ。

  • 斎藤環氏については、NHKラジオの文化講演会でとても印象に残った講演だったので、それ以来何冊か読んでいる。
    今回のは、うつ病とその対応の解説の本である。病院に行くほどうつ状態にあるわけではなく、好きなことは勝手に自分でできるが、しなければならいこと(学校や仕事)はできない。そして暴言を吐いたり、自分勝手な行動をする。それに対し、諭したり、叱ったり、口論することが無駄であるという。今の状況を受け止め、安心出来る状態にすることが家族がすべきことだという。
    エッセンスは第5章「家族」のかかわり方にある。
    (中央図書館)

  •  心理学や脳科学の隆盛による「こころの視覚化」とポストモダンという「大きな物語の喪失」の時代背景が相まって、うつ病や統合失調症の症状が軽症化し、一方で操作主義が及ぼす実存的な悩みの増強による「軽症うつ、社会的うつ」が増加しているという考察。
     統合失調症の妄想も、宇宙の支配から隣人の盗聴へと「小さな物語」化しているという指摘が興味深い。

     ジェンダーが多様化した現代社会で、適切なバランスの自己愛の形成が家族や隣人、学校だけでは得られにくくなっているというのは実感としてある。コフートの発達理論=自己心理学、はとてもわかりやすく、今の時代を考える上でのポイントが整理されていた。

     「しつけ」と称する道徳や倫理観の押しつけと、学校に代表される画一化への要請が、周縁にいてズレを感じる人間にとって、結果的に依存先を奪い取っている可能性に大人の側が自覚的にならないと何も解決しないのではないか、と思った。
     ひきこもりの専門である筆者が、軽症うつと共通する精神病理を見出し処方箋を呈示する書であるが、この対処法は不登校の児にもそのまま応用可能だと感じた。しかし、デイケアや就労(就学)支援などのリソースは「不登校」では皆無と言っていい。それは、不登校が「病気」と認定されにくい原因の多様性を孕んでいることと、学校が職場よりも「帰属することを要請される縛りが強い」場所であることが関係あるのではないだろうか? やはり成人になってから表面化する問題ではあっても、根っこは発達過程の教育や育て方(親子関係)にある、そう強く感じさせてくれる書である。

     悲しいかな、親は子に対し、教師は生徒に対し「支配的」になるものなんだろうな。

  • 「人薬」の偉大さに深くうなずく。対面エネルギーに勝るものはない。「どう考えるか」「どうするか」が、具体的で良い。

  • 家族以外の親しい人間関係を築くことの大切さを感じた
    自我と自己の関係、自己愛からくる逃避がひきこもりなのだなと思った

  • 一般向けだけど日常臨床の参考にできそう。自分が考えていることを整理したり総括することもできた。

  • 軽症化しているのに治りにくくなっている新しい鬱病。その治療には引きこもりの知見が有効なのではないか、それは(適切な)自己愛と、それを元にした「労働」でもなく「仕事」でもなく「活動」を通じた人間関係である、という。なるほど。
    斉藤環氏のこの独特な目のつけどころ、いいなぁ。
    大雑把には理系/文系的な境界をまたぐ筆使いから、価値判断には非常に慎重であるところまで、耳を傾けようと思わせる。
    booklogレビューの機能で本書からの引用をいくつか掲載したので読まれたし。

  • うつ病の改善、予防には、自己愛の形成、維持が大切で、それには「他者」の存在が重要で、「他者」とは、「他者性」を発揮できれば人である必要はなくて、「他者性」とは何かというと、自分にとって重要でありながら意のままにならないことだそうだ。
    そこで、真っ先に思いついたのは、フットボールのクラブチームだった。
    「意のままにならない」という言いまわしが気に入った。

  • ていねいで誠実な本だと思います。どちらかというと、家族や支援者向きな感じ。

    「人薬」が大切なのは、経験上わかりすぎるほどわかってる。その裏付けみたいな文章がえんえん続くので、私としては、その先を、どうしたらいいのか?の部分が少なくて、物足りなさがあった。まぁそれは、他書をあたればいいんだけれど。

    音楽療法、声楽療法のくだりは、とても興味深かった。大声を出すこと、歌うこと、ひとカラもいいと聞くし、私はなかなかひとカラできないけど、車運転しながら大声で歌うとすっきりするし。

  • 傷つけないように管理する方法が主流になってきたため、小さな病が増加しているという。壮大な統合失調症患者は減り、日常でうつ病患者が増えている。現代的なうつ病について、どうしてなの?どうすればいいの?という問に、ある程度わかりやすく解説している。やはり、適度な距離の他者とのコミュニケーションは大切。そして、それは長じてからでも有効だと、個人的には思う。

  • 精神医学者や哲学者らの専門用語オンパレードでいささか読み解くには難解であり、辞書を引き引き読んだ。

    著者はひきこもりの権威なので、それに焦点当てすぎの感はあったが、「人薬」と称して他者との関わりが治療に必要だとする理論は共感できた。

    これは良書と呼べる一冊。

  • 第三章 レジリエンス。

  • うつ病は社会問題になっている。
    昔のようにまじめで几帳面じゃない人がなる。責任ある立場を回避したくてうつ病になるらしい。
    軽くて直りにくい。
    境界性人格障害とうつ病は違う。
    人薬は重要。ツイッター、メール、SNSを多いに活用するのもよいらしい。

  • 11/04/06。ひきこもり専門の先生がうつについて昨今のうつを巡る医療環境、社会環境について、ていねいにかつ謙虚に語っている。

  • 軽症なのに、なかなか治らない。怠けるつもりはないのに、どうしても動けない。服薬と休養だけでは回復しない「新しいタイプ」のうつ病にどう向き合うべきか?精神科臨床医が、具体的で詳細な対応法のすべてを解説する。「自己愛」が発達する過程に着目し、これまで見落とされがちだった“人間関係”と“活動”の積極的効用を説く、まったく新しい治療論。

全19件中 1 - 19件を表示

「社会的うつ病」の治し方―人間関係をどう見直すか (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「社会的うつ病」の治し方―人間関係をどう見直すか (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「社会的うつ病」の治し方―人間関係をどう見直すか (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「社会的うつ病」の治し方―人間関係をどう見直すか (新潮選書)の作品紹介

軽症なのに、なかなか治らない。怠けるつもりはないのに、どうしても動けない。服薬と休養だけでは回復しない「新しいタイプ」のうつ病にどう向き合うべきか?精神科臨床医が、具体的で詳細な対応法のすべてを解説する。「自己愛」が発達する過程に着目し、これまで見落とされがちだった"人間関係"と"活動"の積極的効用を説く、まったく新しい治療論。

「社会的うつ病」の治し方―人間関係をどう見直すか (新潮選書)はこんな本です

「社会的うつ病」の治し方―人間関係をどう見直すか (新潮選書)のKindle版

ツイートする