科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)

  • 179人登録
  • 3.80評価
    • (9)
    • (28)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 竹内薫
  • 新潮社 (2011年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106036958

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ジェームス W....
又吉 直樹
三浦 しをん
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  • 2016/02/15

    The winner takes all
    ロングテール

    ダークレディ: ロザリンド・フランクリン

  • サクッと読める本。
    ネイチャーとサイエンスで比較するとこんな違うのかーと改めて実感。
    ちなみに私はネイチャー派。
    ネイチャーダイジェストは愛読してます。自分の専門分野以外とか、科学関連のニュースなんかも分かりやすく楽しく読めるから。

    高校生向けのネイチャーダイジェストとかあったら、もっと科学に興味持つ学生が増えるんじゃなかろうかとか思った。
    あと、女子向けとか。
    作るの楽しそう。

    エネルギー問題もグループワーク的なもので勉強したから親近感あったな。
    超電導の先生とかも概ね同じようなこと言ってたけど、風力発電に携わる先生はもっと現実的に前向きだったような。。。

  • 著者はこの本で「文系の一般読者でも読めるように書いている」とし、「科学好きが少しでも増えますように!」と結んでいるけど、十分読めるし、楽しめます。
    最近敷居の高くない科学の本を何冊か読んでくうちに好きになりつつあるなぁ。専門的なことも少しだけかじれるし。科学を定期的に学んで行こうという気になります。

    お国柄からネイチャーとサイエンスとか、ノーベル賞の受賞傾向の分析とかをしてる。

    今の仕事に系統立てたものの考え方が必須だし、今までどんだけそういうことしてこなかったんだ自分、と思うと同時に、そういうことができる人が多い理系の皆様に敬意を表したいですね。

    ・科学技術やエネルギーという土台の上で政治や経済が動くことを知っているアメリカ⇔短期的な視野で、世界から見ると宝である科学技術を捨ててしまう日本
    ・日本の強みは常に安くて品質のいい製品を作ることだった
    ・ノーベル賞は1分野につき受賞できるのは3人まで。というのが悲劇を生んでいる
    ・アンドレガイムはノーベル賞とイグノーベル賞を同時に受賞している。研究時間の10%は役に立つかわからないが、好きなものの研究らしい。(似てることをしてるIT企業を聞いたことがあります。)
    ・原発利権を叫ぶ団体と事故報道によってまともな議論が阻害されてきた
    ・火力や原子力は濃いエネルギー(原子力の燃料は薄いけどね)だが、太陽光や風力は薄いエネルギー
    ・酸素は本来毒
    ・地軸の傾きが23.4度。これが四季を生んでいる
    ・科学と工学は、両方物理や数学などを用いるが、境目は探求か実際的な目的か。でもこれらを使って人間よりはるかに大きなものを認識しようとするところが人間のよいところ。
    ・科学が社会の外にあるかのような議論がマスコミでされてる。最終判断は自己責任(at your own risk)でしなきゃね。
    ・悪いときだけ批判するのはバランスがとれていない

    最後に。「ある分野のエキスパートとは、その分野で何回失敗しているかだ」。この言葉とても好きです。

  • 【読書中のコメント】2012/11/15
    昨日読み始めた。同じ著者の「ネイチャーを英語で読む」を読んだので、今度はどんな違いがあるのか期待。現代日本の教育への提言とかだろうか。

  • 俗世と科学

    以前、理系と文系の比較を書いていた著者で、その新書の感想も書きたい放題書いたけど笑
    本書もはじめから首を傾げる所が多々あったにも関わらず、読んでしまった。
    おそらくこの手の本を私が他に知らないためだろう。

    ともかく、
    本書はネイチャーとサイエンスの比較、科学誌の(いい意味ではない)事件、日本世論と科学の付き合い方の3本構成。
    色々突っ込みどころはあるものの(比較する時代が異なっている、とか。南方を持ち上げて種明かしで落とす、とか。)、読みやすくてよかった。
    こういう専門分野を分かり易く書くってありがたい!著者としては大変かもしれないが。
    科学誌を揺るがす大発見(理論の発見ももちろん含む)は意外にも前述二誌以外が結構あったり、ピアレビューがダメダメでも編集部の独断で載せたものが大穴だったり、学問の世界も理論通りには行かない。
    もちろん、システムとして整備するのは大事だけど、そのシステムを構成するのは人だからセオリー通りに行かないことは多々ある訳で、当たり前な訳で。
    そういう「例外」も科学のカンフル剤の一つなんだろう(広い意味で捉えると)。

  • この本を読んで考えたこと3点

    1. 現在のピアレビュー制は、科学の信頼を担保する方法として最適なのか
    2. 英語が科学において最重要言語となった今、日本人研究者は英語とどう向き合うべきか
    3. 原発事故が起きれば科学不信が広がり、日本人がノーベル賞を受賞すれば科学のポジティブなイメージが広がる。科学に対する評価がころころ変わる中で、研究者はいかにして自分の立場を説明すべきか

    特に、2.に関連したアインシュタインのエピソードが印象に残った。アインシュタインは第一次世界大戦前、すなわちドイツが敗戦国になる前で科学分野では最先端の地位にあった頃に多くの論文を発表した。そのため、それらの論文は(英語ではなく)ドイツ語で書かれているという。実際、私の専門分野でよく引用されるアインシュタインの論文があるが、ドイツ語で書かれている。現在日本では「重大な成果は英語で発表。日本語で発表される成果は大した事はない」という不文律があるが、本来、科学的成果と発表言語は関係がないのである。

  •  科学に興味のある人はもちろん、科学嫌いの方にも是非読んでもらいたい一冊です。難しい数式はなく、平易な文章で書かれていますので、読みやすかったです。

     本書は世界を代表する2大科学雑誌「ネイチャー」と「サイエンス」の比較を通じて、科学を正しく、わかりやすく伝えるということの重要性を問いかけているように思えます。特に東北大震災後の原発事故の報道や、トンデモさんのデマを見ると強く感じます。

     トンデモさんといえば、本書でも疑似科学の話題にも触れています。筆者は「人類の科学レベルでは解明できないことは無数にある。超能力や超常現象だって、100年後には反証可能となり、ふつうの能力や現象として、学校で科学の時間に教わるようになるかもしれない。」と述べています。確かに科学で解明できないことはありますが、疑似科学の多くは、ちゃんとした論理の組立もなく、ずさんな実験方法が多いので、100年後に反証可能となることはないでしょう。

     疑似科学は論文として掲載されるだけならまだいいですが、多くの疑似科学は、本やネットを通じて伝わり、詐欺まがいのことや健康被害といった社会問題になりやすいのです。疑似科学ではこういう問題が起こりやすいので、私は筆者ほど寛容にはなれません。
     

  • 日本では科学雑誌はあまりメジャーではないけれど、英国では「ネイチャー」は商業誌として十分に成り立っているし、「サイエンス」を発行している米国では科学に対する信仰が厚いそうだ。

    それに比べると、日本は科学の恩恵を十分に受けているものの、あまり科学に対しての信仰は熱くないし、科学リテラシーは高くないだろう。資源のなく、科学や技術を磨くしかない日本にとっては、日頃から興味をもっていけないだろうな。

    原発と科学にも、言及をしていて、納得することが多かった。科学の借りは科学で返さないとね。

  • 凄く読みやすい文章。雑学の宝庫でもありました。

  • ・第Ⅰ部…ネイチャーとサイエンスの違い
    ・第Ⅱ部…2誌を巻き込んだ科学史上の事件
    ・第Ⅲ部…日本の科学のあるべき姿とは
    ・特別鼎談…(天文学)中川貴雄・(生物学)中垣俊之・著者

    「新潮45」に連載された「科学の興亡 ネイチャーVS.サイエンス」を加筆修正したもの。メッセージ性の強い書名で少し腰が引けてしまうが、実際のところ評論と言うより科学エッセイに近い。
    読者自身に科学的な視点で物事を考えてもらうことを目標に据え、常に中立的立場から率直な物言いがなされているところが評価できる。

    私は幼少時代に「子供の科学」を買い与えられていたものの、結局ほとんど手をつけなかったような科学嫌いだが、本書は抵抗なく読めた。全篇を通じて科学ネタが満載で、「実現可能なタイムマシン」や「粘菌レーダー」の件には興味をそそられた。また、鼎談で生の研究者の声を聞けるのもよい。「科学は(もしくは自分の研究は)何の役に立つか?」という問いに対する各人の回答が興味深い。
    本書の白眉は、2誌の違いを歴史から運営方針まで丁寧に解説した第Ⅰ部だと思う。私は仕事上「ネイチャー」や「サイエンス」を扱うが2誌の違いはわからなかったので、第Ⅰ部は非常に役立った。第Ⅰ部・第Ⅱ部は、とくに理系学生に強くお薦めしたい。

    <メモ>
    『ネイチャー』
    英・商業誌
    発行元:出版大手のマクラミン社→独・ホルツブリンク社(サイエンティフィック・アメリカン誌の親会社)の傘下へ
    編集長:個性的
    特色:批判的主張やニュース記事など、ジャーナリズム色が強い
       日本語コンテンツ→ネイチャー・ジャパン社「ネイチャー月刊ダイジェスト」
    態度:寛容・余裕

    『サイエンス』
    米・会員誌→同人誌的色彩
    発行元:科学振興団体のAAAS
    編集長:優等生
    特色:アメリカの科学政策を導くという壮大な理念
    態度:合理性

  • 科学リテラシーを高めるための入門書として読んだ。紹介されるエピソードが素人には面白く、入り口としては満足している。読んで、スカッとした気持ちにさせられた。
    「ネイチャー」、「サイエンス」の違いは興味深いし、このような雑誌が商業的にも成り立っているところは確かに日本とは違うところだ。
    蛇足ながら、若い娘を持つアラフィフ親父としても筆者を応援したい。

  • 基礎系科学雑誌の二大巨頭「サイエンス」と「ネイチャー」を比較しながら科学の意義について問う。

    粘菌の研究で知られる南方熊楠。
    現在と掲載基準が異なるものの、51報もNatureに論文が掲載されているとは!

  •  イギリスの「ネイチャー」とアメリカの「サイエンス」。この二大科学雑誌を中心に,科学について語る。両誌の歴史,科学にまつわるスキャンダル,日本の科学の未来まで。
     なぜ英米のこの二誌が抜きんでたのか,アインシュタインの人生を概観することで要領よく説明。ドイツ語の凋落はやはり戦争のせいだな。
     ピアレビューの制度が20世紀の初めの方まではなかったというのは意外。南方熊楠はネイチャーに51本も論文が掲載されてるが,それは査読が始まる前。
     著者の竹内氏には確か遅くできた子供がいたけど,その出産のときホメオパシーに遭遇した体験談があった。助産師が妻を産気づかせるために砂糖玉をくれて,それで陣痛が強くなったんだって。そんなホメオパシーを肯定する論文がネイチャーに掲載されたこともあるらしい。1988年。
     でも著者は擬似科学にすぎないからという理由で掲載しないという態度はいけないという。有力な科学誌が掲載したおかげで,その検証が行なわれ,ホメオパシーが科学的にダメであると決着がついたんだから良いではないかと。うーむ,そんなものかな??
     福一原発震災についても熱く語っている。科学不信がはびこる状況にいたたまれないらしく,悪質な危険デマを糾弾。昔から行なわれてきたイデオロギッシュな立場からのダメ批判が,反原発の声をすべていっしょくたに「狼少年」と切り捨てる風土を産んできた。そのことが,今回の惨事につながったとしてる。

  • 辛抱強く諭してきた筆者もそろそろ切れてしまいそうだ。
    もう、いろんな分野で、聡明な人たちが、この国が本当に危ないと言い出している。
    小ネタとしては、社内英語公用語化への切り返しは見事。

  • タイトルと内容が解離気味に感じたが、とても興味深かった。特に印象的だったのは、日本における英語公用化の流れに対する意見を述べていたところ。なるべく中立に客観的な視点で論ずる姿勢に好感を抱いた。

  • 最後の章の原発がらみの論考が秀逸だ.イデオロギー偏重の絶え間ない反対意見に麻痺して,正常な科学的判断ができなくなったことは事実だろう.地元の電力会社元幹部から聞いた話だが,技術系社長が原発事故は起こると正直に述べたことが大問題になった由.事故は起こるものだという常識がマスコミや反対ゴロには理解できないようだ.科学的なリテラシーが不足しているのだ!

  • The author describes the poor circumstances surrounding science and technology of our country and is anxious about that situations.
    It is obvious that Japan has to run the country based on S & T because we have scarce natural resources.
    But first, politicians don't understand the importance of S & T and end up with cutting reveneu. Moreover, they don't have long term policy in development of S & T.
    Second, people in Japan don't make much of S & T. Instead, most people think that science does harm to their lives. Fukushima Daiichi Nuclear Powerplant disaster is the example. They forget that they enjoy convenient, healthy and cultural lives thanks to S & T.
    Third, scientists don't make every effort to educate ordinary people. They may think that is no use and waste of time and energy
    And forth, media bring about unnecessary fear among people by broadcasting inappropriate and/or incorrect information.

    Takeuchi also describes that most Japanese reseachers who are not very confident in their English don't have to do their work using English. Instead, they should think and consider in Japanese, their mother tongue, and ask English specialists to announce and write articles aiming at the world. He says that it is ridicurous that English is the standard lauguage in some Japanese companies. And the 51-year-old science writer says you should make Toshihide Masukawa a good example of Japanese reseacher.

  • 私は竹内氏の書いた本はほぼすべて読んでいるが、本書は中でも政治的・社会的メッセージ性が強い本だと思う。そしてその見解は示唆に富んでいる。著者の背景に裏打ちされた提言は一読の価値あり。
    ・イギリスの一部の大学には、同じ講座に二人の教授がいる。一人は実力で這いあがった人、もう一方は上流階級出身のお金に余裕がある人。
    ・ネイチャーは商業誌で、サイエンスは学会の機関紙。
    ・ネイチャー編集部には変わった編集長が多い。ローラ・ガーウィンはハーバードを出てからオックスフォードに入り、ケンブリッジ大学でも博士号をとったが、いつのまにか音楽家になり、ペンタゴン・ブラスというバンドでトランペットを吹いている。
    ・キャリー・マリスは、酔って書いた文章がネイチャーに掲載され、真剣に考案したPCR法が論文として載せることを拒否されたゆえ、ネイチャーの権威性に大いに疑問を抱いた。
    ・ネイチャーには以前疑似科学に入る論文が掲載されたことがある。
    ●疑似科学といえども、それを声高に否定するのは寛容にもとる(同感)
    ・ファラデーが大蔵大臣グラッドストンに電磁誘導の実験を示したとき、「何の役に立つのか」と聞かれ、こう答えた。「なんの役にたつのかはわかりませんが、将来、これに税金をかけることができるでしょう」。

  • 一般人として。あんまりタイトルと本文は関係なく、ネイチャーとサイエンスの違い、科学史や現在の科学トピックに関するざっくりエピソードいくつか、著者の科学との関わり方がメイン。

    前半はネイチャーとサイエンスの正直どうでもいい違いを延々と言ってて、ちょっと飽きた。科学エピソードは門外漢にとっても非常に読みやすい。著者の原発、英語、エセ科学に関する意見もふむふむなるほどーと納得できるものだった。けど、個人的にはラストの対談が一番面白かったかも。分野の違う科学者同士が自分の研究内容を相手に説明する様子って、むちゃくちゃわかりやすい。

  • イギリスのネイチャー誌、アメリカのサイエンス誌を紹介、比較しながら科学そのものの面白さを紹介する。筆者は自身をサイエンスライターと説明するが、まさしく僕のような科学ファンには心地よい文章である。安心感がある。
    最終章で東日本大震災後の非科学的な反原発ブームに極めて冷静に釘をさしながら、なんとか派とか御用なんとかといった低俗な論争に巻き込まれないように、いい意味でスマートに振る舞っているように感じた。
    1992年10月23日号サイエンスに今上陛下の論文が掲載された。DNA二重らせんモデルの研究でロザリンド・フランクリンの研究が盗用され隠蔽された事件。韓国人学者のES細胞スキャンダル。などの紹介あり。
    横田めぐみさんの遺骨と北が主張する灰について、個人的には拉致問題の全体像から見て遺骨は別人のものであるという日本政府の見解に賛成との感想を述べる一方で、帝京大学の鑑定に対して疑義を示したネイチャーの記事を評価する。逆に、官房長官や外務大臣のコメントを不正確であったと指摘する筆者の視点は科学的で中立と感じる。確かに当時のニュースを見ていて何かすっきりしない感を覚えた記憶がある。
    内田麻理香さんに教えてもらった逸話として紹介するファラデーのコメントが面白かった。

  • やはりこの著者は科学エッセイがおもしろい。「バカヤロー経済学」は、正直結構首をかしげざるを得ないところが多かったのですが、この本は文句なくおもしろかったです。唯一、タイトルが内容とあまり合っていないように思える点だけが不満でしょうか。
    この本は、元々月刊誌に連載された「科学の興亡 ネイチャーvsサイエンス」というエッセイ集をまとめて書籍化したものだそうで、そのため各章の内容が完全に独立していて、いわば11本のエッセイ+巻末鼎談という構成になっています。そして、内容も、題名から想像されるような日本の科学教育を弾劾するようなものでは全くなく、イギリスの科学誌「ネイチャー」とアメリカの科学誌「サイエンス」を対比させつつ、現代科学や学会の様々な話題について、切れ味よくわかりやすく述べてくれているもので、肩肘張ったところは全くありませんでした。
    いろいろおもしろいところはありましたが、僕として実は一番印象に残ったのは、科学の部分ではなく、日本における英語の使用に関して述べていたところでした。
    社内英語公用化に関して、「人間の論理的思考の大部分を司る言語は、付け焼き刃でこなせるほど甘いものではない。(中略)英語が堪能でない日本人社員同士が、拙い英語でしゃべり合っていては、その英語力に見合った想像力しか発揮できないのは、火を見るより明らかだ。日本企業が世界と伍して戦うために必要なのは、写真全員が拙い英語を振り回すことではなく、高度な能力を備えた通訳を必要な人数だけ雇い入れることだと私は思う」との意見が書かれていましたが、自分自身の経験に即しても全面的に同感しました。
    原発についての意見についても説得力がありましたし、勉強になること代でした。また、日本語で読める「ネイチャー・ダイジェスト」の存在も、これを読んで初めて知りました。早速購入してみましたが、これは確かにお値打ちです。
    久々に読んだ甲斐のある本でした。

  • 本書は「新潮45」で連載されていたコラムを加筆修正してまとめたものである。自然科学の学術業界の全般的な話題を一般読者にわかりやすく説明している。前半では「ネイチャー」と「サイエンス」という二大科学雑誌の占める役割と性質について、後半では疑似科学や捏造の話題を通して「科学はどうあるべきか」ということを考察している。そのため、タイトルから想像するような内容ではなかったものの、それなりに興味深く読んだ。著者は非常にわかりやすく科学を解説してくれる。彼のようなサイエンスライターが日本でももっと増えてほしいと思う。そうすれば、一般の人々ももっと科学に興味を示してくれるだろう。

  • Nature, Scienceに関する理解が得られる.
    2階書架 : 404/TAK : 3410153299

全28件中 1 - 25件を表示

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)の作品紹介

世界に君臨する二大科学誌「ネイチャー」「サイエンス」を舞台に、科学者たちは国家の興亡を賭けて、熾烈なる競争を繰り広げてきた。なぜ米国が「科学の覇権」を握ったのか?一流科学者が嵌った盗用・捏造・擬似科学の罠とは?福島原発事故を世界の科学者はどう見ているのか?知られざる"科学戦争"の最前線から、科学立国ニッポンの未来を読みとく。

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)はこんな本です

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)のKindle版

ツイートする