科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)

  • 181人登録
  • 3.80評価
    • (9)
    • (28)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 竹内薫
  • 新潮社 (2011年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106036958

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • jpn 日本

  • 2016/02/15

    The winner takes all
    ロングテール

    ダークレディ: ロザリンド・フランクリン

  • サクッと読める本。
    ネイチャーとサイエンスで比較するとこんな違うのかーと改めて実感。
    ちなみに私はネイチャー派。
    ネイチャーダイジェストは愛読してます。自分の専門分野以外とか、科学関連のニュースなんかも分かりやすく楽しく読めるから。

    高校生向けのネイチャーダイジェストとかあったら、もっと科学に興味持つ学生が増えるんじゃなかろうかとか思った。
    あと、女子向けとか。
    作るの楽しそう。

    エネルギー問題もグループワーク的なもので勉強したから親近感あったな。
    超電導の先生とかも概ね同じようなこと言ってたけど、風力発電に携わる先生はもっと現実的に前向きだったような。。。

  • 著者はこの本で「文系の一般読者でも読めるように書いている」とし、「科学好きが少しでも増えますように!」と結んでいるけど、十分読めるし、楽しめます。
    最近敷居の高くない科学の本を何冊か読んでくうちに好きになりつつあるなぁ。専門的なことも少しだけかじれるし。科学を定期的に学んで行こうという気になります。

    お国柄からネイチャーとサイエンスとか、ノーベル賞の受賞傾向の分析とかをしてる。

    今の仕事に系統立てたものの考え方が必須だし、今までどんだけそういうことしてこなかったんだ自分、と思うと同時に、そういうことができる人が多い理系の皆様に敬意を表したいですね。

    ・科学技術やエネルギーという土台の上で政治や経済が動くことを知っているアメリカ⇔短期的な視野で、世界から見ると宝である科学技術を捨ててしまう日本
    ・日本の強みは常に安くて品質のいい製品を作ることだった
    ・ノーベル賞は1分野につき受賞できるのは3人まで。というのが悲劇を生んでいる
    ・アンドレガイムはノーベル賞とイグノーベル賞を同時に受賞している。研究時間の10%は役に立つかわからないが、好きなものの研究らしい。(似てることをしてるIT企業を聞いたことがあります。)
    ・原発利権を叫ぶ団体と事故報道によってまともな議論が阻害されてきた
    ・火力や原子力は濃いエネルギー(原子力の燃料は薄いけどね)だが、太陽光や風力は薄いエネルギー
    ・酸素は本来毒
    ・地軸の傾きが23.4度。これが四季を生んでいる
    ・科学と工学は、両方物理や数学などを用いるが、境目は探求か実際的な目的か。でもこれらを使って人間よりはるかに大きなものを認識しようとするところが人間のよいところ。
    ・科学が社会の外にあるかのような議論がマスコミでされてる。最終判断は自己責任(at your own risk)でしなきゃね。
    ・悪いときだけ批判するのはバランスがとれていない

    最後に。「ある分野のエキスパートとは、その分野で何回失敗しているかだ」。この言葉とても好きです。

  • 【読書中のコメント】2012/11/15
    昨日読み始めた。同じ著者の「ネイチャーを英語で読む」を読んだので、今度はどんな違いがあるのか期待。現代日本の教育への提言とかだろうか。

  • 俗世と科学

    以前、理系と文系の比較を書いていた著者で、その新書の感想も書きたい放題書いたけど笑
    本書もはじめから首を傾げる所が多々あったにも関わらず、読んでしまった。
    おそらくこの手の本を私が他に知らないためだろう。

    ともかく、
    本書はネイチャーとサイエンスの比較、科学誌の(いい意味ではない)事件、日本世論と科学の付き合い方の3本構成。
    色々突っ込みどころはあるものの(比較する時代が異なっている、とか。南方を持ち上げて種明かしで落とす、とか。)、読みやすくてよかった。
    こういう専門分野を分かり易く書くってありがたい!著者としては大変かもしれないが。
    科学誌を揺るがす大発見(理論の発見ももちろん含む)は意外にも前述二誌以外が結構あったり、ピアレビューがダメダメでも編集部の独断で載せたものが大穴だったり、学問の世界も理論通りには行かない。
    もちろん、システムとして整備するのは大事だけど、そのシステムを構成するのは人だからセオリー通りに行かないことは多々ある訳で、当たり前な訳で。
    そういう「例外」も科学のカンフル剤の一つなんだろう(広い意味で捉えると)。

  • この本を読んで考えたこと3点

    1. 現在のピアレビュー制は、科学の信頼を担保する方法として最適なのか
    2. 英語が科学において最重要言語となった今、日本人研究者は英語とどう向き合うべきか
    3. 原発事故が起きれば科学不信が広がり、日本人がノーベル賞を受賞すれば科学のポジティブなイメージが広がる。科学に対する評価がころころ変わる中で、研究者はいかにして自分の立場を説明すべきか

    特に、2.に関連したアインシュタインのエピソードが印象に残った。アインシュタインは第一次世界大戦前、すなわちドイツが敗戦国になる前で科学分野では最先端の地位にあった頃に多くの論文を発表した。そのため、それらの論文は(英語ではなく)ドイツ語で書かれているという。実際、私の専門分野でよく引用されるアインシュタインの論文があるが、ドイツ語で書かれている。現在日本では「重大な成果は英語で発表。日本語で発表される成果は大した事はない」という不文律があるが、本来、科学的成果と発表言語は関係がないのである。

  •  科学に興味のある人はもちろん、科学嫌いの方にも是非読んでもらいたい一冊です。難しい数式はなく、平易な文章で書かれていますので、読みやすかったです。

     本書は世界を代表する2大科学雑誌「ネイチャー」と「サイエンス」の比較を通じて、科学を正しく、わかりやすく伝えるということの重要性を問いかけているように思えます。特に東北大震災後の原発事故の報道や、トンデモさんのデマを見ると強く感じます。

     トンデモさんといえば、本書でも疑似科学の話題にも触れています。筆者は「人類の科学レベルでは解明できないことは無数にある。超能力や超常現象だって、100年後には反証可能となり、ふつうの能力や現象として、学校で科学の時間に教わるようになるかもしれない。」と述べています。確かに科学で解明できないことはありますが、疑似科学の多くは、ちゃんとした論理の組立もなく、ずさんな実験方法が多いので、100年後に反証可能となることはないでしょう。

     疑似科学は論文として掲載されるだけならまだいいですが、多くの疑似科学は、本やネットを通じて伝わり、詐欺まがいのことや健康被害といった社会問題になりやすいのです。疑似科学ではこういう問題が起こりやすいので、私は筆者ほど寛容にはなれません。
     

  • 日本では科学雑誌はあまりメジャーではないけれど、英国では「ネイチャー」は商業誌として十分に成り立っているし、「サイエンス」を発行している米国では科学に対する信仰が厚いそうだ。

    それに比べると、日本は科学の恩恵を十分に受けているものの、あまり科学に対しての信仰は熱くないし、科学リテラシーは高くないだろう。資源のなく、科学や技術を磨くしかない日本にとっては、日頃から興味をもっていけないだろうな。

    原発と科学にも、言及をしていて、納得することが多かった。科学の借りは科学で返さないとね。

  • 凄く読みやすい文章。雑学の宝庫でもありました。

全28件中 1 - 10件を表示

竹内薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ウォルター・アイ...
池井戸 潤
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)の作品紹介

世界に君臨する二大科学誌「ネイチャー」「サイエンス」を舞台に、科学者たちは国家の興亡を賭けて、熾烈なる競争を繰り広げてきた。なぜ米国が「科学の覇権」を握ったのか?一流科学者が嵌った盗用・捏造・擬似科学の罠とは?福島原発事故を世界の科学者はどう見ているのか?知られざる"科学戦争"の最前線から、科学立国ニッポンの未来を読みとく。

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)はこんな本です

科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか (新潮選書)のKindle版

ツイートする