「便利」は人を不幸にする (新潮選書)

  • 78人登録
  • 3.29評価
    • (4)
    • (4)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 佐倉統
  • 新潮社 (2013年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037269

「便利」は人を不幸にする (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  • 東日本大震災と原発事故。
    その危機はずっと以前から指摘されていたが、利益利権の追求の流れの中で亡きものにされた。そして発生した事故。
    誰も責任を取らない政治と社会の構造。
    いつの間にかそうなっている。
    便利を求めて企業がサービスを提供して恩恵を預かって原発の片棒を担っていた国民の責任もゼロではない。
    そしてその生活から抜け出せない。そこに未来はあるのか。
    若者がどんどん言うことを聞かなくなって出ていって欲しいという著者。
    しかし、それが本当に可能になるのか。
    そうならないように進歩も学習も妨げているのは上の世代ではないのか。
    そうなったら一番困るのは自分達だから。
    いろいろな矛盾をはらみながら進むストーリー。

  • 示唆に富んだ論考が満載の好著だ.ページを捲るたびに納得し共感できるフレーズが出てくる.多くの人の意見を聞いて、それを咀嚼できる抜群の能力をお持ちの著者だ.これだと思った内容が多すぎるが138頁に出てくる次の言葉に共感する.「日本の組織や社会は、既得権益を守ることが最優先の目的なっており、そのため、外的環境の変化に合わせて適応することができなくなっている」

  • 信用できない存在に、
    自分と社会を託さざるを得ない。
    この矛盾。

  • タイトルと最終的な話の持っていきかたにやや?マークがつくのと、色んな方向に話が向かうのでやや混乱しましたが、書いてある内容には納得がいきました。便利さを追求するのは間違いではないが、それによるメリットとデメリットを見極めて対策をとらないのは間違いであろうということなのかな?と感じたのですが、どうだろう。

  • タイトルそのまま。
    ですが、
    説明が入るとしっかりと意味が理解できる。

    この世の中はどこまで行くのだろう???
    そして人類はぶれずに便利と上手に付き合えるのか?
    便利に、流されていくのか?

  • 世の中は科学技術の発達と共にますます効率を目指し便利になってゆく。しかし、便利になることは良しとするが、依然幸福度は上がらず相変わらずしんどさみたいなものは変わらないのはなぜだろう。著者の考察は2年に及びあいだに東日本大震災を経て、社会や共同体、科学技術とのあり方について思索する。

  • 日々進化していく科学技術。
    それによって私たちの生活はより「便利」になっていきます。
    15年くらい前にはなかった携帯電話は今や生活の必需品になっています。
    今、携帯電話がない生活を想像できるでしょうか?
    なくても問題ない、という人もいるでしょうが、
    絶対無理!! と思う人の方が圧倒的に多いと思います。
    「便利」になった一方で、携帯電話を持っていることで引き起こされるストレスがあります。
    すぐにメールに返信しないといけない、という義務感、
    SNS疲れと言われているものも、その義務感と似ているかもしれません。
    携帯電話があることで、私たちは幸福になったのか?
    それとも不幸になったのか?

    本の中では、著者の佐倉さんが科学技術に関わる人などと対談して感じたことを書いています。
    「便利」さとどう付き合っていけばいいのか。
    そのテーマについていろいろな角度から問題提起がされています。
    そして、一つの区切れ目として3.11のことに触れられています。
    あの震災で、とにかく生きていればいい、家族や大切な人がいてくれればいい、
    そういうことを思い知らされたような気がします。
    「便利」さとは全く関係のない価値観。
    それから、「便利」さを支えていた原発の危険性が取り沙汰されました。
    「便利」というのは、ある意味で危険と隣合わせだったのかもしれませんね。

  • 和図書 404/Sa46
    資料ID 2013101076

全10件中 1 - 10件を表示

「便利」は人を不幸にする (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「便利」は人を不幸にする (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「便利」は人を不幸にする (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「便利」は人を不幸にする (新潮選書)の作品紹介

「進歩」がエンドレスならば、私たちが満たされる日は永久に訪れないのか? 科学技術は日々進歩している。消費社会もまた、新しい「技術」や「便利」を生み出し続けなければならない運命にある。「進歩」には益もあれば害もあることを知っていても、我々はそのゲームから降りることはできない。「便利」と「幸福」の間の、ほどよい着地点はどのあたりにあるのか――気鋭のサイエンティストがさぐる。

「便利」は人を不幸にする (新潮選書)はこんな本です

「便利」は人を不幸にする (新潮選書)のKindle版

ツイートする