貧者を喰らう国: 中国格差社会からの警告【増補新版】 (新潮選書)

  • 55人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 阿古智子
  • 新潮社 (2014年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037573

貧者を喰らう国: 中国格差社会からの警告【増補新版】 (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現代中国の格差社会の闇、深いなぁ…。
    おいおいそりゃちょっと、と言いたくなるような腐敗っぷりの事例が本書の中には満載です。

    中国の格差問題研究としては草分け的な研究者さん(本書をおすすめしてくれた友人談)による、非常にわかりやすく、丁寧に書かれた現代中国の暗い側面。
    東京でもしばしば見かけるような、日本に観光に来る中国の方は13億人のごく一部。中国の特に農村部では、日々辛い暮らしに耐えている人々の姿があることを本書で知ることができます。

    読み進んでいくと、仮に完全フィクションのマンガだったとしても「そんな悪役キャラ実際には絶対いない!」と突っ込むレベルの予想の斜め上な感じのお役人やお金持ちのみなさまが登場します。
    例えば、不衛生な病院で採血されてHIVに感染して支援を求めてきた人たちに「お前らが全員死ねば、問題は解決する」と言い放った自治体のお偉いさん。
    彼女とドライブ中に女性をひき逃げした後、ナンバー見られたかもと思って引き返して、負傷した女性を助けるのかと思いきやナイフで刺し殺した大学生(車は親に買ってもらったとか)。
    被害者サイドも、目先のお金のために安い価格で手持ちの土地を売ってしまう農民、自分の畑から排水したいと公道を壊しながら掘り進む農民(しかも村のチーム長?的な立場)と、色々と心配な気持ちになります。。

    後半には少し希望がある話で、インターネットの発達によって市民が権力を監視するくだりがあり、最後の第7章は今後中国はどうなるのかを考察しています。中国の憲法や制度から紐解いていて、ほぼ素人の私でも非常に理解しやすく感じました。
    ※中国憲法にも言論の自由の規定ってあるんですね。。

    真面目に興味深い本でした。悪平等は良くないと思うけど、ここまでの格差社会は。。
    ただ、都市部の住民は農村部の犠牲のもとに暮らしが成り立っていることをあまり認識していない、という調査結果は、もしかすると今、自分も誰かに対する加害者になっているんじゃ?という疑念を思い起こさせます。

  •  杜撰な血液の管理体制によりエイズに感染し、ろくに保障もされない人々。農村コミュニティの崩壊や、都会でも農村でも安住できない農民工。中学校から始まる学校間格差、教育面でも富める者が一層有利となる構造。筆者が「エスノグラフィック・スタディ」と呼ぶ実地調査に基づいているだけに真に迫って伝わってくる。また、増補部分では、近年筆者が力を入れていると思われる、ネット民主主義と当局による活動家や弁護士への弾圧が述べられている。
     筆者は、「公民社会」の実現には、「言論の自由」の保障と「公共圏」の発展が必要だという。一方で、後者は日本や西側諸国でも共通の課題だとも述べている。「愛国や救国の熱情の前にあっては、本来必要とされるべき新しい知識や冷静な判断力は、むしろ邪魔なものとして排除されてきた」(本書の抜粋)という中国近現代史への指摘は、過去の中国だけの問題でもないだろう。

  • 良書。
    いわゆる「反中」「嫌中」本ではなく、筆者のフィールドワークに基づき、中国が抱える問題について、丁寧に書かれた本。
    中でもやはり、中国独特の戸籍制度の問題がある(「農民工」、「土地制度」など)。

    選書版あとがきにあるように、お互い冷静になって外交をしなければ、共有圏をうまく活かせないのではないかと思う。

    個人的には、副題にあるように「中国格差社会からの警告」とあるように、制度は違えど、抱えている問題は日本も同じであり、社会的な大きな歪みを抱えている。「農民工」、つまり農業を捨て(地方の疲弊)、都市に出て、低賃金で労働し(格差問題)、…というのは、日本が直面する「地方消滅」の問題と重なって見えた。

  • もう、タイトル通りだ。
    上も下もしたたかといえばしたたかなところはあるが、基本的に力が正義な文明圏。
    目先のことしか考えないこの文明が、更に力を持ってきたらどうなるのだろう。
    だが一方で、世界中に「貧者」がいるからこそ、我々が生きていける現実があるように思う。
    すべての人間が、例えば、みんな先進国的な生活をするとすれば、地球のキャパは完全に破綻するんじゃないか。

  • 書籍についてこういった公開の場に書くと、身近なところからクレームが入るので、読後記はこちらに書きました。

    http://www.rockfield.net/wordpress/?p=4643

  • 階級差別、癒着、ありえない金銭取り引き。都合が悪いことは隠すが、臭い物には蓋をしない。これを読んでも中国という国体は全く理解できないが、なぜ大国として君臨できているかは何となく分かったような気がする。

全6件中 1 - 6件を表示

阿古智子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

貧者を喰らう国: 中国格差社会からの警告【増補新版】 (新潮選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

貧者を喰らう国: 中国格差社会からの警告【増補新版】 (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

貧者を喰らう国: 中国格差社会からの警告【増補新版】 (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

貧者を喰らう国: 中国格差社会からの警告【増補新版】 (新潮選書)の作品紹介

焦燥、怨嗟、慟哭、絶望……「格差」があの国を破壊する! 中国建国65周年、共産主義の理想は、なぜ歪んだ弱肉強食の社会を生み出したのか。エイズ村、農民工、学歴競争、役人汚職、ネット世論、反日運動……中国社会の暗部に深く踏み込んだ女性研究者による衝撃の書。習近平政権発足後、ますます緊迫の度合いを深める階級闘争の最新レポート2章を加筆し、選書版で登場。

貧者を喰らう国: 中国格差社会からの警告【増補新版】 (新潮選書)はこんな本です

貧者を喰らう国: 中国格差社会からの警告【増補新版】 (新潮選書)のKindle版

ツイートする