「空間」から読み解く世界史: 馬・航海・資本・電子 (新潮選書)

  • 46人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 宮崎正勝
  • 新潮社 (2015年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037634

「空間」から読み解く世界史: 馬・航海・資本・電子 (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  • 世界史を空間をベースにした見方でまとめた面白い本だ.遊牧民が馬を使って統合を果たした2600年前.イスラムを基本にした騎馬遊牧民によるユーラシアの統合(1400年前).大航海時代で諸大陸が結びついた500年前.産業革命後の交通手段の発達による地球全体が統合された200年前.その後の電子空間が地球規模で形成された現在までの動き.このような視点で世界史を見ることの楽しさを知ることができた.

  •  「世界史」は、高校時代、あまり得意ではありませんでした。
     バラバラな知識の寄せ集めに感じられたからです。
     バラバラな知識を砂をかむ思いで、
     ただ暗記する科目に思えたからです。

     『「空間」から読み解く世界史』を読んでいると、
     いままでバラバラだった知識同士が
     つながっていくのが分かります。
     そこと、こことが、つながっているのか。
     そうだったのか。

     つながるのは、快感。
     (2015年06月03日)

全2件中 1 - 2件を表示

「空間」から読み解く世界史: 馬・航海・資本・電子 (新潮選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「空間」から読み解く世界史: 馬・航海・資本・電子 (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「空間」から読み解く世界史: 馬・航海・資本・電子 (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「空間」から読み解く世界史: 馬・航海・資本・電子 (新潮選書)の作品紹介

「空間革命」という独自の歴史観から、五千年の人類史を一気に俯瞰! 乾燥地帯で始まった穀物栽培、騎馬による異文化統合、大陸を結ぶ大西洋支配、地球規模の産業革命、そして無限大のネット空間……人は自らの活動空間を拡大していくことによって進化を遂げる。時間軸からではなく、六つの「空間革命」という枠組みによって文明誕生から今日までを通観してみると、全く新たな世界史像が現れてきた!

「空間」から読み解く世界史: 馬・航海・資本・電子 (新潮選書)はこんな本です

「空間」から読み解く世界史: 馬・航海・資本・電子 (新潮選書)のKindle版

ツイートする