戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)

  • 201人登録
  • 3.96評価
    • (15)
    • (21)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 細谷雄一
  • 新潮社 (2015年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037740

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  太平洋戦争前、リベラルな天皇と富国強兵の軍隊、特に維新を守りたい海軍の猛々しさ。
     本書では日本の戦争の問題点を、平和に向かうグローバルな潮流を感じ取れなかったという点に見ている。今でいうところのガラパゴス。

     象徴天皇になる前は天皇はとってもリベラルだった。天皇の権力が剥奪された理由は、ファッショの危険性があったからとか独裁がダメだからとかじゃなくて、天皇を冠にすることで正当性を維持しながら色々やらかすのが日本だから。国のトップとしての戦争責任はあるかもしれないけれど、戦犯からは除外されていた。
     
     思想が偏っていたって政治を動かせるような影響力を持つ人はほとんどいないので、正しい歴史認識が必要な理由はあまりない。実際は影響力の源泉はその偏りだったりするし。むしろまともな認識を持たない方が実行力は高まる。
     国と国ではなく、私とあなたのレベルで考えた場合、思想が偏っていたってそれを口にできる人はほとんどいない。その程度にはマジョリティは臆病である。

  •  歴史認識論争自体というより、その認識の前提となる時代、日露戦争からアジア太平洋戦争終戦までを「世界史」と「日本史」を統合して論じた本。序章の指摘、「歴史認識を語る場合には、広い視野と深い知識、そして多様な要因をバランスよく総合する、知的な努力が求められる。」はしっかり認識しておきたい。同時に筆者は、現状の問題点として、善意から始まったはずの村山談話によって却って歴史認識の「パンドラの箱」を開けたことや、日韓ともに歴史が運動と深く結びついて手段として使われるようになったことを指摘している。
     筆者は、対象とする時代の日本の失敗は、国際社会と自らの「ずれ」、国際主義の欠如と孤立主義への誘惑、と結論付けている。第一次世界大戦後にその悲惨な経験から欧州は建前が含まれていたとしても国際協調や国際人道法を重視し、米国もそれに乗っかったのに、日本は気づいていなかったこと。いや、軍であれ官僚であれ一部には冷静に情勢分析する者がいたのに、埋没したり握りつぶされたりしたこと(総力戦研究所の研究は有名だが、たとえば他にも、南部仏印進駐を近衛文麿から聞いた幣原喜重郎が「これは大きな戦争になります」と断言していたなど)。本書でも引用されている高坂正堯ほか、他にも聞く指摘である。
     その上で筆者は、国際主義の回復が重要と主張する。筆者の言う国際主義はいわゆる一国平和主義や軍事全否定ではないが、かと言って筆者を右翼だなんだと批判するのも早計にすぎる。「日本の正義や利益が、いかにして国際社会のそれと整合可能であるかを調整すること」「他者に語りかけ、他者の理解を求めて、他者の抱く価値を尊重すること」の延長線上にある国際主義、ということのようである。

  • 歴史学者が書く内容は一考に値する。国際状況のインテリジェンスが必要。思考停止 無批判の9条守れ が一番あぶない。

  • ちゃんと勉強したかった。多くの人に読んでもらいたい。

  • 著者は本書をほぼ缶詰め状態で一気に書き上げた、とあとがきに書いていますが、その通り文章にはとても勢いがあり、歴史書ながら読む者を引き込ませます。
    もっとも本書によって明らかにされる新事実などはなく、先行研究のまとめが中心ですが、現時点での最新の研究動向を知るにはちょうど良いのではないでしょうか。

  • 再度詠む

  • 日露戦争から太平洋戦争までの通史が書かれている。太平洋戦争の開戦過程を日露戦争から記述するのは希少であると思う。
    また、この本が優れているのは、国際関係と国内のアクターいずれも分析対象に入っていること。日本政治外交史の立場だけではないのは、太平洋戦争の開戦過程を探る上で良い点である。
    逆に不満な点は、歴史認識という言葉をタイトルで使っている割には、歴史認識の問題に言及していない。タイトルをもう少し考えるべきであったと思う。
    この本で得た教訓は、選択する政策の結末がどうなるか、楽観的にではなく、国内要因と国際関係いずれも冷静に分析する必要があるということである。決して組織内部の事情や責任回避だけでなされるべきでないということ。

  • 本書の大半は第一次大戦から太平洋戦争終戦までの歴史。「歴史認識とは何か」というタイトルから想像した内容とは異なったが、バランスのとれた良書と感じた。
    終章の「世界の中の日本」という小見出、独善に陥らないよう戒め、国際協調を説く結語はよかった。

  • 日露戦争以降、特に第一次大戦以降の日本の国の誤り方やその原因がよくわかる。

    バランスの取れた合理的な記述で、左右の立場にに関係なく、納得できるのではないか。

    視野狭窄に陥り、世の中全体を見ず、希望的観測に基づいた独善的な内向きな理屈を振りかざす。

    昨今の政財界の動きを見ても、戦後70年、何の進歩もないことを実感させられる。

    陸海軍が自分等の国内的勢力拡大を最大の目的とした結果として、日米開戦に到ると本気で考えた当事者がいなかったというのは、驚きを超えて情けなくもある。

    社会人、大学生の必読書。高校の副読本とすべき。

  • 読みやすい、分かりやすい。2が楽しみ

全23件中 1 - 10件を表示

細谷雄一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)の作品紹介

右でも左でもない「史実」をつかむ必読書。なぜ今も昔も日本の「正義」は世界で通用しないのか――国際社会との「ずれ」の根源に迫る歴史シリーズ第一弾。日露、第一次大戦の勝利によって、世界の列強の仲間入りを果たした日本。しかし、戦間期に生じた新しい潮流を見誤り、五大国から転落していく。その三〇年の軌跡を描き、日本人の認識構造の欠陥を読みとく。

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)はこんな本です

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)のKindle版

ツイートする