戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)

  • 193人登録
  • 3.98評価
    • (15)
    • (21)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 細谷雄一
  • 新潮社 (2015年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037740

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  •  歴史認識論争自体というより、その認識の前提となる時代、日露戦争からアジア太平洋戦争終戦までを「世界史」と「日本史」を統合して論じた本。序章の指摘、「歴史認識を語る場合には、広い視野と深い知識、そして多様な要因をバランスよく総合する、知的な努力が求められる。」はしっかり認識しておきたい。同時に筆者は、現状の問題点として、善意から始まったはずの村山談話によって却って歴史認識の「パンドラの箱」を開けたことや、日韓ともに歴史が運動と深く結びついて手段として使われるようになったことを指摘している。
     筆者は、対象とする時代の日本の失敗は、国際社会と自らの「ずれ」、国際主義の欠如と孤立主義への誘惑、と結論付けている。第一次世界大戦後にその悲惨な経験から欧州は建前が含まれていたとしても国際協調や国際人道法を重視し、米国もそれに乗っかったのに、日本は気づいていなかったこと。いや、軍であれ官僚であれ一部には冷静に情勢分析する者がいたのに、埋没したり握りつぶされたりしたこと(総力戦研究所の研究は有名だが、たとえば他にも、南部仏印進駐を近衛文麿から聞いた幣原喜重郎が「これは大きな戦争になります」と断言していたなど)。本書でも引用されている高坂正堯ほか、他にも聞く指摘である。
     その上で筆者は、国際主義の回復が重要と主張する。筆者の言う国際主義はいわゆる一国平和主義や軍事全否定ではないが、かと言って筆者を右翼だなんだと批判するのも早計にすぎる。「日本の正義や利益が、いかにして国際社会のそれと整合可能であるかを調整すること」「他者に語りかけ、他者の理解を求めて、他者の抱く価値を尊重すること」の延長線上にある国際主義、ということのようである。

  • 歴史学者が書く内容は一考に値する。国際状況のインテリジェンスが必要。思考停止 無批判の9条守れ が一番あぶない。

  • ちゃんと勉強したかった。多くの人に読んでもらいたい。

  • 著者は本書をほぼ缶詰め状態で一気に書き上げた、とあとがきに書いていますが、その通り文章にはとても勢いがあり、歴史書ながら読む者を引き込ませます。
    もっとも本書によって明らかにされる新事実などはなく、先行研究のまとめが中心ですが、現時点での最新の研究動向を知るにはちょうど良いのではないでしょうか。

  • 日露戦争から太平洋戦争までの通史が書かれている。太平洋戦争の開戦過程を日露戦争から記述するのは希少であると思う。
    また、この本が優れているのは、国際関係と国内のアクターいずれも分析対象に入っていること。日本政治外交史の立場だけではないのは、太平洋戦争の開戦過程を探る上で良い点である。
    逆に不満な点は、歴史認識という言葉をタイトルで使っている割には、歴史認識の問題に言及していない。タイトルをもう少し考えるべきであったと思う。
    この本で得た教訓は、選択する政策の結末がどうなるか、楽観的にではなく、国内要因と国際関係いずれも冷静に分析する必要があるということである。決して組織内部の事情や責任回避だけでなされるべきでないということ。

  • 本書の大半は第一次大戦から太平洋戦争終戦までの歴史。「歴史認識とは何か」というタイトルから想像した内容とは異なったが、バランスのとれた良書と感じた。
    終章の「世界の中の日本」という小見出、独善に陥らないよう戒め、国際協調を説く結語はよかった。

  • 日露戦争以降、特に第一次大戦以降の日本の国の誤り方やその原因がよくわかる。

    バランスの取れた合理的な記述で、左右の立場にに関係なく、納得できるのではないか。

    視野狭窄に陥り、世の中全体を見ず、希望的観測に基づいた独善的な内向きな理屈を振りかざす。

    昨今の政財界の動きを見ても、戦後70年、何の進歩もないことを実感させられる。

    陸海軍が自分等の国内的勢力拡大を最大の目的とした結果として、日米開戦に到ると本気で考えた当事者がいなかったというのは、驚きを超えて情けなくもある。

    社会人、大学生の必読書。高校の副読本とすべき。

  • 読みやすい、分かりやすい。2が楽しみ

  • なぜ歴史認識の共有が難しいのか、イギリスの歴史日であるE・H・カー、歴史とは歴史家と事実との間の相互作用の不断の過程であり、現在と過去との間の尽きることを知らぬ対話、

    歴史に翻弄される政治、歴史的事実に基づく歴史学ではなく、自らの運動を実践するための手段として歴史が用いられる、

    孫崎、戦後史の正体
    秦郁彦、陰謀史観とは、特定の個人ないし組織による秘密謀議で合意されたすぎる書き通りに歴史は進行したし、進行するだろうと信じる味方

    巨大な戦争の経験こそが、その後の平和を求める運動を覚醒させる最大の動機
    となっていた。

  • ■書名

    書名:戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで
    著者:細谷 雄一

    ■概要

    右でも左でもない「史実」をつかむ必読書。なぜ今も昔も日本の
    「正義」は世界で通用しないのか――国際社会との「ずれ」の根源
    に迫る歴史シリーズ第一弾。日露、第一次大戦の勝利によって、世
    界の列強の仲間入りを果たした日本。しかし、戦間期に生じた新し
    い潮流を見誤り、五大国から転落していく。その三〇年の軌跡を描
    き、日本人の認識構造の欠陥を読みとく。
    (From amazon)

    ■気になった点

    なし

  • 世界史の文脈のなかに日本近代史を位置付け、日本と国際社会との認識のずれを浮き彫りにし、日本が陥った錯誤を考察した内容。

    第一次世界大戦後、西洋列強は国際政治のゲームのルールを変えた。戦争の違法化と平和構築のための国際協調がテーマになった。新しい領土は求めない。植民地は新たに作らない。戦争はダメで平和をつくる努力をしましょう。という形で帝国主義のルールは変更された。このように国際社会の潮流が変わった。でも日本はゲームのルールが変わったことを認識できず、中国大陸へ版図を広げていく。がために、結果として日本は国際秩序の挑戦者となって孤立し、悲惨な敗戦に至ることとなる。

    つまり日本が国際社会の流れを読まず希望的観測や自国利益を独善的に追求したことが、悲惨な結果を招いたという理屈は様々なところで指摘されている通りで、本書のなかで史実を細かく取り上げ論証している。「世界の中の日本」という視点で歴史を理解していく努力の重要さはよく分かるしその姿勢は大変共感できる。
    ただ、その通りなんだけど特に目新しさはない内容だった。
    そもそも国際秩序を形作る主体は今も昔も欧州やアメリカだけなのかという疑問や、ゲームのルールを勝手に(自分たちの都合で)変えることができる恣意性については本書を読み終えても、わだかまりとして胸に残る。続編があるようなので、そっちに期待したい。

  • 氏は、日本が戦前に、対米戦争へ向けた道のりを歩み始める大きな原因を、国際情勢認識の錯誤であったと指摘しているのですが、渡辺惣樹著『日米衝突の萌芽』や『日米衝突の根源』、ジョン・ダワー著『容赦なき戦争』などを読むと、一方的に日本が悪いというわけではなく、たぶんにアメリカの日本人に対する人種差別も大きく影響していると思われます。それでも細谷氏はこれを単純な反米史観や陰謀史観と見なすのでしょうか。非はおそらく日本の方が大きいのでしょうが、日本だけが悪いのではないと思います。しかし、もちろん日本の非は悪ですが。

  • ★★★☆☆

    細谷雄一を知ったのは、モーリー・ロバートソンのニコニコ生放送に出演していたのがきっかけ。

    安保法案可決直前だったこともあって、なかなか白熱した対談で面白かった。

    本書は、著者が日本における安全保障関連の議論のちぐはぐさを整理し落ち着かせるために打ったトランキライザーだ。

    安全保障は世界情勢とのバランスで語られるべきものであるにもかかわらず、日本では言語の壁もあってか、どうしても国内事情が優先され、世界の潮流を見ないままで議論が進んでしまう。

    著者は、本書において、英米や欧州が近代史をどう見ているか、そのステレオタイプを提示してくれる。

    国際連盟の無力さを白日のもとに晒したのが日本だという指摘や、ベルギーが中立を宣言したことで逆に占領されてしまった点などは、今でも教訓として十分機能する。

    英米欧の基本的な歴史認識を知ることは、彼らが話をする際に前提としている知識を知ることだ。

    それを知らずにいると、ひとつひとつの言葉にどんな含意があるのかわからないので、とても表面的な話しかできないし、時に頓珍漢な間違いを犯すことにもなる。

    もちろん厳密にいえば、歴史認識は個人個人によって異なるものだけれど、本書によって深い議論というトンネルの、そのとば口に立てるのだから読んでおく意味は大いにある。


    ひとつ気になったのは、ソ連に関する記述がほとんどないこと。

    第二次大戦は最終的にはスターリンにとって非常に都合のいい結果に落ち着いたと思うののだが、まさかそれが偶然の産物ということはないだろう。

    その辺を詮索すると英米欧の人たちにとって都合が悪いから書かれなかったのだとすると、彼らのステレオタイプを理解する上ではますます都合がいいと思うのだが、それは考えすぎだろうか。

  • 細谷雄一氏は1971年生まれ。40代前半だ。世代的に近いことは、どこか親近感が湧く。通ってきた時代背景、時事問題への認識には、共通点を見いだしうるからだ。

    日露戦争からアジア太平洋戦争まで、と題され、日本史、世界史という枠組みを超えて、通史で見ていく。

    氏は訴える。戦前は時代錯誤から、軍国主義という独善的な孤立主義へと走った日本人。現在は、国際情勢の理解認識の欠如から、平和主義、という偏った孤立主義へと走り、同様に世界に取り残されつつある日本人と。安保法関連法案が成立した、今だからこそ、このような氏の視点に触れ、今一度、単純な戦争反対、では無い、真の議論を進めるべきではないか。

    歴史認識というのは、難しい。ましてや、目の前の事象が、正しいのか、正しくないのか、必要な改革なのか、あってはならない変更なのか、本当に理解するには時間も必要である

  • 日露、第一次大戦の勝利によって、世界の列強の仲間入りを果たした日本。しかし、戦間期に生じた新しい潮流を見誤り、五大国から転落していく。その30年の軌跡を描き、日本人の認識構造の欠陥を読みとく。日本と国際社会との「ずれ」の根源に迫る歴史シリーズ第一弾。

    序章 束縛された戦後史
    第1章 戦後史の源流
    第2章 破壊される平和
    終章 国際主義の回復は可能か

  • 教科書は現代史をやる前に時間切れそこが一番知りたいのに何でそうなっちゃうの?
    「ピースとハイライト」by桑田圭祐

    日本史の中では世界は語られず、また世界史の中に日本の記述はほとんどない。世界史と言いながら東洋史と西洋史は有ってもイスラムや中央アジア、東南アジアなんかも中心にはいない。分断された歴史で現代史を見ても認識のみぞは埋まらない。それは日本の外交の経験や理解が、圧倒的に国際社会のそれからずれていることがしばしばあるからだ。戦前の日本外交の失敗や誰も始めるつもりも勝てる予測もなかったアジア・太平洋戦に突入したのも、国際政治に対する日本人の想定と現実の世界とのずれが原因にある。

    戦後日本の歴史は1945年8月15日に始まったと言えば多くの人に違和感はないだろう。しかし、この日は日本と朝鮮半島を除く国際社会からすれば何もなかった日だ。「そもそも歴史的事実として8月15日に終わった戦争は存在しない。」日本がポツダム宣言の受諾を回答したのは14日、国際標準としては降伏文書が調印された9月2日(中国では3日)が対日戦勝記念日であり、15日はただ多くの国民が敗戦を知った日だ。グローバルスタンダードでは「終戦」とは相手国のある行為であり、それよりも自国民向けの都合である「玉音放送」を優先することはあり得ない。

    玉音放送は国民の均質的な体験とも言い切れない。沖縄では放送局が爆破されており6/23に沖縄守備隊が壊滅してからも散発的な抵抗が続き、残存兵が米軍と降伏文書を調印したのは9/7だった。千島列島では9/18、南樺太では20日にソ連軍が上陸し戦闘が始まった。

    日露戦争において日本は「文明国」として国際法を遵守して戦った。捕虜になったロシア兵の死亡率は0.5%と驚くべき低い数字でありハーグ陸戦協定以上の待遇を行ったことには敵国ロシアからも謝意が表せられるほどであった。この頃日本の軍部では国際法教育が行われて下士官もジュネーブ条約などの知識を持っていた。

    第一次世界大戦でドイツ権益を奪った日本では悲惨な戦地を経験したヨーロッパで生まれた人道主義と言う新たな潮流を感じることはなく、1932年には陸軍士官学校の教程から戦時国際法を除外した。日中戦争の長期化が軍紀を弛緩させ、中国蔑視に起因する捕虜虐待などが頻発した。第二次世界大戦でも欧米人捕虜に対する違法行為を繰り返した。そのきっかけとなったのが東京空襲の開始であり、泰緬鉄道建設に従事させられたイギリス兵捕虜の死亡率は25%にのぼった。全戦場でのイギリス兵死亡率5.7%、ドイツやイタリアでの捕虜の死亡率5%と比べれば日露戦争当時に比べ日本軍がどれだけ野蛮になったのか。その原因となったのが国際法教育の放棄と国際的な常識からのずれだ。

    1931年10月8日、関東軍は満鉄の自衛と言う名目で150km離れた錦州を爆撃した。これが日本軍による初の都市空爆であり、戦略爆撃はゲルニカや重慶への絨毯爆撃へそしてロンドン空襲や日本への空襲、広島と長崎への原爆投下と拡大して行った。錦州爆撃以降不拡大方針を取りながら関東軍を制御できない日本政府に対する国際社会からの不信感が高まり、日本は窮地に追い込まれていくことになる。

    安倍首相は戦後70周年談話で村山談話を継承した。しかし、自社連立の条件であった「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議」の採決では与党自社さから70名の欠席者を生んだ。安倍首相もその一人だ。「独善的なナショナリズム」を排する決意を示した村山談話が生み出したのはその想いとは裏腹に玉虫色の決着を封じ、歴史問題を外交問題としてしまった。国内でも歴史認識は一致しない、ましてや中韓とは。著者の懸念は今の日本が平和主義と言う名の孤立主義に陥っていることだ。自国以外の安全保障に全く関... 続きを読む

  • 最近、「歴史認識」に関する本を2冊読んだ。本書はその二冊目で、最初買うのに少しためらった。どういう立場の人なのか、読む価値があるのかを考えたからである。慶応の先生ということもためらった理由の一つだったかも知れない。しかし、それは杞憂だった。本書は、細谷さんの日本史と西洋史の研究成果がうまくマッチして、世界史の中で日本の近代史を見るという、とてもバランスのとれた記述になっている。日本は西洋列強に遅れて植民地競争に加わった。しかし、西洋では第一次世界大戦という大きな犠牲を踏まえ、新たな平和構築に乗り出していた。日本は最初、列強に遅れまいとしてがんばって国際法を学んだが、のちベルサイユ条約に参加したころから西洋の欺瞞性に気づき、新たな道を探ろうとした。しかし、西洋列強は欺瞞とエゴはあったとはいえ、それなりの戦争を避けるルールを探ろうとしており、日本はその流れとは逆の方向に進んでいった。アジア主義を唱え、西洋の植民地主義を批判するのはいいが、そこには朝鮮、台湾を植民地化していくことへの反省はなかった。1931年の満州事変は日本にとっては単に日中の問題のように思えたかもしれないが、それはそれまで築いてきた国際秩序を大きく崩すものであった。安部首相の答申機関であった北岡伸一氏らが、日本の侵略は満州事変から始まるというのと同趣旨の内容であろう。安部首相が日露戦争はアジアの植民地に希望を与えたと言う。それは一面の真理をものがたってはいる。しかし、そこには台湾、朝鮮を植民地化していく自らの姿は見えなかったのだろうか。また、日本がのちにアジアの解放を謳うようになるが、それもあくまで東南アジアの石油を確保するためで、マレーシアは最初その仲間に入れてもらえなかった。それはそこでの石油資源を自由に使うためには独立してもらっては困るからである。国と国との対立の中で、ソ連がドイツとくっついたり、イギリスとくっついたりと世界の首脳は頭を痛めたが、日本はほとんど脳がなかった。チャーチルなどは、反共主義でありながら、ドイツと戦うためにソ連とくっついたりした。日本と米英との戦争も、日本が仏領インドシナから撤退すれば経済封鎖にもあわなかったわけで、国際感覚のなさが目立つ。細谷さんは現在の日本のおかれている立場から、国会で論議中の安全保障法案には賛成のようだが、それは次巻ということのようだ。それにしても、これまでの歴史の総括として、とても読み応えのある本であった。

  • 20150830日経新聞、広告

  • 【目次】
    はじめに 003
    桑田佳祐の嘆き/高坂正堯の警告/戦後史の視野
    [011-016]

    序章 束縛された戦後史 
    1 村山談話の帰結 019
    歴史を見つめ直す/村山富市の決意/分裂する歴史認識/歴史問題の解決は可能か/歴史問題は国内から/敗戦を受け入れる困難
    2 歴史学を再考する 036
    歴史理論で観る世界/「実際に何が起こったか」/エヴァンズの反論/歴史学の黄昏/歴史に翻弄される政治/運動としての歴史
    3 戦後史を解放する 049
    イデオロギーによる束縛/反米史観と陰謀史観/堕落する歴史/「一九四五年」からの解放/世界の存在しない日本史/日本が存在しない世界史/戦後史の解放へ

    第1章 戦後史の源流 
    1 戦後史への視座 067
    戦後史をどのように語るか/大量殺戮の世紀
    2 平和主義の源流 073
    「近代の発明」/平和運動の胎動/ツヴァイクの不安/第一次世界大戦の衝撃/国際秩序の変革/吉野作造と原敬/牧野伸顕と伊東巳代治/「サイレント・パートナー」/人種平等という夢/人種差別撤廃をめぐる挫折/英米批判の系譜
    3 国際秩序の破壊者として 106
    戦争のない世界を目指して/国際公益と国益/国際人道法の衰退/国際思想の転換/権力政治と平和主義/若き天皇の不安/満州事変の勃発/平和の破壊/権力政治への回帰

    第2章 破壊される平和 
    1 錦州から真珠湾へ 139
    空からの恐怖/方向感覚を失った日本/ノモンハン戦争の衝撃/独ソ不可侵条約/清沢洌の洞察/第二次大戦の幕開け/チャーチルの登場/近衛文麿の弱さ/「根のない花」としての外交政策/第二次世界大戦の転換点/「対英米戦を辞せず」/南部仏印進駐の決定/幣原喜重郎の警告/幻の図上演習/大西洋憲章/戦後世界の基本原理/民族自決と「アジア解放」/迷走する軍部/天皇の疑問/セクショナリズムという病理/コーデル・ハルとジョセフ・グルー/対英米戦の幕開け/過小評価されるアメリカ
    2 第二次世界大戦の諸相 210
    アジア太平洋での戦争/日本のアジア支配/グローバルな戦争/テヘランとカイロ/戦局の転換点/日本の戦争目的/東條英機の家族的秩序観/重光葵と「大東亜宣言」/脱植民地化へ向かうアジア
    3 戦争の終幕 235
    欧州戦線の終幕/国連創設への動き/国際連合の発足/国際組織による平和/孤立する日本/鈴木貫太郎の指導力/ポツダム首脳会談/ポツダム宣言/原爆投下の決断/アジア太平洋戦争の終結

    終章 国際主義の回復は可能か 267
    破壊と破滅/国際社会との齟齬/軍国主義批判の陥穽/国際主義の回復/世界の中の日本

    あとがき 277
    註 285
    関連年表  [309-314]

  • 多くの優れた研究者により蓄積されてきた個々の研究成果をもとに、世界史と日本史を統合、大きな流れの中で描く。非専門家によるイデオロギー的な歴史がベストセラーになり、国際的には通用しない論理ではなく。

    確かに、わかりやすいシンプルな悪者、もしくは正義、では不十分であることはわかるけれど、歴史的にきちんとしようとすると、あっちこっちが様々、深く知らず考えずに迷走って感じ。

  • 戦後史を20世紀の全体像の中に位置付け直し、再構築を試みた意欲作。「世界史」と「日本史」を統合し、国際的な平和、国際的な秩序を構築しようとする潮流の破壊者として戦前期日本の行動を捉える。

    日露戦争までは国際的な秩序の中に自らの行動を位置付け、それなりの国際的な信義を得ていた日本が第1次大戦以後の国際秩序構築の動きをなぜ見誤り、孤立していったのか。

    例えば、第1次大戦後の国際思潮の転換を牧野伸顕はしっかりと認識していたが政府の中では少数派であり、伊東巳代治のような旧来の「帝国主義」的な思想から脱却できなかった。ベルサイユ会議に同道した若き近衛文麿も「英米本位の平和主義を排す」としたことからもわかるように、国際的協調主義を理解できなかった。

    1930年代以降の日本の選択が逐一、国際情勢分析の甘さ、機会主義的な行動などによって位置付けられるのに対して、大英帝国の明確な理念に基づいて取られる政治・外交の強かさが際立つ。そして、日米開戦によって日本は益々進むべき方向を見失っていくのに対して、逆にそれによって戦争の勝利を確信したチャーチルの大局観!!

    著者は最後にこう述べる。「戦前の日本が、軍国主義という名前の孤立主義に陥ったとすれば、戦後の日本はむしろ平和主義という名前の孤立主義に陥っているというべきではないか。たとえば、平和主義と戦争放棄の理念を、1928年の不戦条約や、1945年の国連憲章二条四項を参照することなく、あたかも憲法九条のみに存在する日本固有の精神であるかのように錯覚し、ノーベル平和賞を要求することは、本書で見てきたような日本の歴史に少しでも思いをいたすならば、美しいふるまいとは言えないだろう。また、自国以外の安全保障にまったく関心を示さない利己的な姿勢は、下手をすれば国際主義の精神の否定と見られる恐れもある。」(273-4ページ)

    戦後70年の今、必読の一書であろう。

全22件中 1 - 22件を表示

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)の作品紹介

右でも左でもない「史実」をつかむ必読書。なぜ今も昔も日本の「正義」は世界で通用しないのか――国際社会との「ずれ」の根源に迫る歴史シリーズ第一弾。日露、第一次大戦の勝利によって、世界の列強の仲間入りを果たした日本。しかし、戦間期に生じた新しい潮流を見誤り、五大国から転落していく。その三〇年の軌跡を描き、日本人の認識構造の欠陥を読みとく。

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)はこんな本です

戦後史の解放I 歴史認識とは何か: 日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選書)のKindle版

ツイートする