日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A (新潮選書)

  • 80人登録
  • 3.53評価
    • (0)
    • (10)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 橋本陽介
  • 新潮社 (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037849

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
宮下 奈都
塩田 武士
マーク・ピーター...
エラ・フランシス...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  • 数千年前の人々と現在の我々を繋いでいる目に見える糸が言葉だと気づく。学生の出す素朴な疑問から、日本語を中心に言葉そのものの特性や、その背後にある人間の意識にまで光をあてる

  • 副題が「最新言語学Q&A」となっていて、言語としての日本語に、起源・音声・語彙・文字・文法などなど、多方面からアプローチしたもの。「日本語本」は好物で、目につくと読みかけてみるのだけど、安直な内容で期待外れってこともある。その点、本書はかなり専門的な内容にも踏み込んであって興味深かった。

    著者の専門は中国語。「お言葉ですが」シリーズや「漢字と日本人」の高島俊男先生も中国文学の専門家だ。日本語を考えるには、漢字についてのきちんとした知識が必須だなあとあらためて思う。日本語は、もともとは文字を持たない言語であったが、中国から入ってきた漢字を取り込み、長い時間をかけて今のような姿になってきた。つい忘れがちなそのことの意味はとても大きいとつくづく思う。

    深い内容だが、Q&A形式で読みやすい。ただ、質問に対する答えになっていないのでは?と思われるところがいくつかあって、そこが若干気になった。

  • 日本語を解説する著者が中国語,朝鮮語,英語などのヨーロッパの言語,さらに古文までの知識を駆使している点が素晴らしい.学生からの質問をベースの回答をしているが,ここまで精密に分析してくれる先生を持っているのは,ある意味で羨ましい感じだ.第7章で取りあつかった活用形の話はあまり調味を持てなかったが,他の章の質問と回答は楽しめた.

  • 「かさたなはまやらわ」の順番の根拠はサンスクリット語から、「はひふへほ」だけ半濁音がある理由、日本語の母音はなぜ5つだけなのか、575、337拍子などがなぜリズムがあると考えられるのか、実は日本語は4拍子!?との説明は目から鱗だった。古文、英語、中国語その他外国語の知識に及ぶ興味深い説明の数々。「ら抜き言葉」「さ入れ言葉」「全然~ない」の問題とむしろ合理的な変化の途中との説明は非常に柔軟だ。「連濁のルール」「赤・青・黒・白い、また黄色・茶色いと言いながら、緑い」と言わない理由、など著者は生徒たちに不思議と思うことを書き出させ、約70の問いに答える形での本となったもの。

  • うーん……面白いことは面白いんだけど……手を広げすぎたんじゃないでしょうか。

  • 普段は特別に意識もせずに日本語を話したり書いたりしていますが、外国語を勉強してみると、日本語の特徴が分かってくるようになりました。

    英語と日本語は使う言葉が完全に異なるので意識しませんでしたが、中国語の勉強を始めて、日本語と中国語には似ている部分と似ていない部分があることに気づき始めました。

    そんな私にとって、この本には興味あるネタが沢山含まれていました。特に前半の6章までのQ&Aは面白かったです。

    以下は気になったポイントです。

    ・日本語は朝鮮語と似ている、文法体系・語順・助詞・動詞の活用による敬語が複雑に発達している・「が」「は」の使い分けがある等(p23)

    ・現代中国語の標準語を勉強すると、実感として「中国語は英語よりも日本語に近い」と感じられる(p28)

    ・子音とは、肺から上がってきた空気を、いったん口のどこかで阻害して出す音のこと。母音は息を完全にブロックしないので、連続して発音できる、母音発音の調整は、口の微妙な開き具合や、唇の丸め方(p31)

    ・イ、エ、オにそれぞれ二種類の発音があったとしたら、奈良時代まで日本語は、八母音であった可能性もある(p35)

    ・エという音はもともとなくて、「ア」と「イ」が結合して出来上がったから、辞書で「エ」から始まる単語が極端に少ない(p35)

    ・50音図のカサタナハマの配列は、音を作る位置が口の奥から徐々に前に向かうようになっている、この配列が作られた時(平安時代)には、ハ行の発音はファ、フィ、フ、フェ、フォになっていた、その後は、バビブベボになった(p37)

    ・単語と単語がくっついて一つの単語になるとき、後ろ側の語頭が濁音になる。しかし漢語は連濁しない、市民ホール、怪鳥(かいちょう)等、しかし例外もある。文庫本、株式会社など、直前に「ん」がくると連濁することもある(p39)

    ・律詩では、2・4・6・8句目の最後で韻を踏む(脚韻)ルールがある、声調にはおおきくは、平声と仄音(平声でない)があるが、脚韻の時に使う字は平声でなければならない(p42)

    ・和歌の、五七五七七は、五文字目が長く伸ばされ、七音のところは一拍長く読まれて、実際には、八・八・八・八・八のリズムで読まれる。八拍子にするために、七文字で余裕を持たせた方が良いと考えられる(p45)

    ・母語である日本語の発音の仕組みを知ったうえで、他の言語の発音がどう違うのかを知ると、外国語学習は必ず成功するはず(p52)

    ・奈良時代、平安時代、正式な文章はすべて漢字で書かれていた、古事記・日本書記も大部分は漢文(当時の中国語)で書かれていた(p52)

    ・音読みとは、当時の中国音を日本人が真似をしたもの、多くが中国語由来のもの、訓読みとは、元々存在していた和語を、漢字にあてはめたもの。(p54)

    ・いろは歌冒頭の、「いろはにほへど・・=色は匂へど」の場合の「匂う」は、花の色が目に見える様を表している(p55)

    ・「お」という接頭語は、基本的に和語につき、「ご」という接頭語は基本的に漢語につくが、例外もある。お茶、お食事、お時間、これらは漢語といっても暮らしの中に密着しているので、区別がつかなくなっているのだろう(p58)

    ・焼肉定食が四字熟語でないのは、その間(焼肉と定食)に別の要素を入れ込むことが可能かどうか、入れ込める場合には形態的緊密性が弱いことになる(p61)

    ・日本は、漢字音の原則から言うと、「ニッポン」と読む方が正しい。平安時代には、「ハヒフヘホ」という音が無かったので。読み方が統一されなかった理由として、漢字本位主義的な傾向があり、どう描くかが重要であり、どう読むかは副次的な問題であった(p64)

    ・一、四、七を漢語で読... 続きを読む

全7件中 1 - 7件を表示

日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A (新潮選書)の作品紹介

7カ国語を自由に操る言語のプロが徹底解説! 「は」と「が」はどう違うのか。「氷」は「こおり」なのに、なぜ「道路」は「どおろ」ではないのか。「うれしいだ」とは言えないのに、「うれしいです」と言えるのはなぜか。「穴を掘る」という表現はおかしいのではないか。……素朴な疑問に、最新の言語学で答えます。日本語の起源から語彙・文法・表現まで、73の意外な事実。

日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A (新潮選書)はこんな本です

日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A (新潮選書)のKindle版

ツイートする