生命の内と外 (新潮選書)

  • 37人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 永田和宏
  • 新潮社 (2017年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037948

生命の内と外 (新潮選書)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

生命の内と外 (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生命の内と外 (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

生命の内と外 (新潮選書)の作品紹介

私たちの命は、どのような働きで維持されているのか? 生物はあたかも「膜」のようである。内と外との境界で閉じつつ開きながら、必要なものを摂取し、不要なものを拒み排除している。恒常性(ホメオスタシス)とは、そうして生命を維持させていくシステムのこと。身体のあらゆる箇所で機能している緻密で考え抜かれた生命の本質を、日本を代表する細胞生物学者が平易な言葉で説く。

生命の内と外 (新潮選書)はこんな本です

生命の内と外 (新潮選書)のKindle版

ツイートする