教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで (新潮選書)

  • 26人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 仲正昌樹
  • 新潮社 (2017年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106037955

教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

全1件中 1 - 1件を表示

仲正昌樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ニック・レーン
トーン テレヘン
スティーヴン ワ...
平野 啓一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで (新潮選書)の作品紹介

「分かったつもり」でいた日本人のための必読書! 『ウェルテル』は単なる〈妄想青年〉に過ぎないのか。『親和力』はなぜ〈私の一番の本〉と評されているのか。『ヴィルヘルム・マイスター』は何の〈修業〉をしているのか。『ファウスト』に出てくる〈ワルプルギスの夜〉は何を意味しているのか。「教養の代名詞」とされてきたゲーテ作品の〈ツボ〉がはっきり分かる完全ガイド。

教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで (新潮選書)はこんな本です

教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで (新潮選書)のKindle版

ツイートする