逆説の法則 (新潮選書)

  • 63人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 西成活裕
  • 新潮社 (2017年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106038099

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
トマ・ピケティ
村田 沙耶香
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

逆説の法則 (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  • 専門の渋滞学を中心とした内容は面白い。

  • あまり期待はしていなかったけれど、やっぱりの内容だった。そりゃ仕方ない。「渋滞学」「無駄学」「誤解学」と全部読んできているから、私自身が考えていること(考えていると思わされていること)と西成さんが考えていることはほとんど同じなのだ。本当を言うと、もう少し数学的な議論を期待していた。対角化の仕方など一般書の枠を超えるということで説明を省かれているが、その数学をなんとか一般の方に分かる(中学数学の)レベルで解説するのが西成先生の腕の見せ所だったのだけれど。このところのパートナーの職場の話を聞きながら、一部のデキる人にばかり仕事が回り渋滞が起こるということを考えていたので、本書にその記述を見つけたときは、でその解決策はと先を急いだ。デレゲーション、他人に任せるということだが、それができないから困っているのだ。自分がやった方が早いと思ってしまうんだものなあ。まあ、夏休みの宿題を初日に終わらす人と、最終日まで持ち越す人との違いかもしれない。どこの職場でも、複数の人が集まって仕事をしていれば、多かれ少なかれ同じような現象があるわけだ。働かない働きアリの話もあることだし、そういう無駄とも思える人間がいることはひょっとして組織には必要なのかもしれない。そう思うしかないか。

  • たくさんの事例から逆説の法則を帰納的に導き出した本書は一読の価値あり。人生結局、プラスマイナスゼロになるという筆者の指摘には共感です。

  • 最初は、どうかなと思ったが趣深く読んだ。お先にどうぞ。

全6件中 1 - 6件を表示

逆説の法則 (新潮選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

逆説の法則 (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逆説の法則 (新潮選書)の作品紹介

「損して得とれ」「急いてはことを仕損じる」は、数学的に正しい! 経済が縮小傾向にあると、人はつい短期的な思考に陥る。目先の利益を優先させるあまり技術の蓄積が疎かになり、次世代を支える長期プロジェクトも立てにくくなる。10年前に渋滞学を世に問うた数理物理学者が、「長期的思考」がいかに正しいかを多くのロジックで証明。ビジネスに応用できる「四つの逆説の法則」が企業を救う。

逆説の法則 (新潮選書)はこんな本です

ツイートする