親鸞と日本主義 (新潮選書)

  • 69人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 中島岳志
  • 新潮社 (2017年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106038143

親鸞と日本主義 (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知識が追い付かず斜め読み。
     
    あとがきに著者は真宗大谷派の教学員を務めてらっしゃるとあり、本書の内容からすると良い意味で意外なことに感じられた。

  • 大正から昭和初期にかけて、親鸞の思想が皇国主義と結びついていった。

    本書は、いかにして親鸞の思想がこれらの右翼思想に取り込まれて行ったかを当時の文献を紐解いている。各章のテーマは、歌人同人(三井甲之)、ベストセラー作家(倉田百三)、教誨師(刑務所専属の僧侶)、大衆文学(吉川英治)、浄土真宗の教義の変遷。

    親鸞の教えにある阿弥陀如来の「他力」が天皇崇拝に置き換えられるとともに国体論を補強する中心的な概念になった。そして「天皇陛下万歳」と言って死ぬ瞬間の恍惚感に究極の信仰の境地を見出す、というようなことが思想家や宗教家によって論じられた。太平洋戦争末期の特攻攻撃などに先立って、このような議論が論壇・宗教界においてなされていたことを知り、気持ち悪く思った。

    最終章は少々読みにくいが、時間をおいて再読したい。

  • 「多くの親鸞主義者たちが、阿弥陀如来の「他力」を天皇の「大御心」に読み替えることで国体論を受容して行った」(282頁)…幕末期に階層を超えるところに求心力があるところまで応用する解釈には共感できても、それが大御心であるとずいぶん具体的かつ限定的で、この先行き詰まる解釈だと思いましたが、当時はそれでも馴染んだのかなと。

  • 東2法経図・開架 188.7A/N34s//K

  • 宗教(親鸞,及び大谷派)と国体論の蜜月の仕組みが非常にわかりやすく書かれている.宗教にしても政治権力の前にはなんでも利用されるのだと思い知った.まず,神話の成り立ちを疑ってみることから始めてほしかった.

  • 親鸞思想と右翼思想が親和性があるのはわかった。特に戦時中、教学の中身を大政翼賛的に変更してしまったのもわかった。詳細は→http://takeshi3017.chu.jp/file6/naiyou23202.html

  • 借りてきました、、

  • 難しいところは読み飛ばして歴史的事実だけをチェック。
    それでも興味深く読めた。

    「私たちは、先人の苦闘から照らされている~。」

  • 17/08/26。
    中外日報社の文化講座があり、テーマは親鸞ではなかったが、中島さんのお話が聞けてよかった。

全9件中 1 - 9件を表示

中島岳志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ワ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

親鸞と日本主義 (新潮選書)はこんな本です

親鸞と日本主義 (新潮選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

親鸞と日本主義 (新潮選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

親鸞と日本主義 (新潮選書)の作品紹介

なぜ“南無阿弥陀仏”は、ファシズムと接続したのか――。大正から昭和初期にかけて起きた親鸞ブーム。その絶対他力や自然法爾の思想は、やがて“国体”を正当化する論理として、右翼や国粋主義者の拠り所となる。ある者は煩悶の末に、ある者は戦争の大義を説くために「弥陀の本願=天皇の大御心」と主張した。「親鸞思想と国体」という近代日本の盲点を衝き、信仰と愛国の危険な関係に迫る。

ツイートする