アラブの格言 (新潮新書)

  • 113人登録
  • 3.28評価
    • (4)
    • (12)
    • (26)
    • (3)
    • (2)
  • 20レビュー
著者 : 曽野綾子
  • 新潮社 (2003年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100116

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

アラブの格言 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 掲載されているのが日本語だけな点が少々残念。原語・出典の掲載が無いので、「本当にそう言うの?」というのに確信が持てず、日常で使うまでには至らず。ネットを見ると、「英訳されたアラブ格言を元に....」という事なので、「とっかかりの参考程度」として使うのが妥当。これをきっかけに、ネットにあるArab proverbにたどり着くのが良。

  • まあ風土も宗教も違うかの国々と我が国とでは、ほんと根柢の常識が違ってるんだろうね。特に人に対する信用の仕方なんかは「ふーん」の連続で。ま、本書のみをうのみにしちゃうとだめなんだろうけど。

  • 本書はイスラム教圏の国々で作られた格言を集め、その地域の人々の暮らしや文化、考え方を垣間見ようとした本である。
    格言を見て思うに、自然環境の厳しい中東で生活している人々は、自然とシビアに物事を考え(神との距離も近すぎず遠すぎずというのは知らなかった)、人間関係についても現実的な対応をするようになるのだろう。
    その分自然や人を見る目は養われ、人間関係については本質を突いたものが多くあり、勉強になった。

    本書を読んでも知らないことだらけなので、イスラム圏の人々の文化を一層学んでみたくなった。

    人生の道しるべたる格言もあるので、是非一読されたい。

  • アラブの方々がなかなかの現実主義なのがわかる一冊だと思います。

  • 原油が見つかってからまだ1世紀も経っていません。それまでは厳しい砂漠の気候の中で生活をしてきたベドウィンの彼らの格言。これは学ぶべき点も多いです。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:388.27||S
    資料ID:95030175

  • 2012年8月28日読了。産経新聞の連載でお馴染みの著者による、イスラム圏のアラブ諸国の日常使いの格言集。砂漠と砂嵐の国にテントを張り、人と犬を友として羊を追って暮らす人々の厳しい生活から来る格言だけあり、シニカルで激しい言葉が多い・・・。「信じれば/願えば叶う」的に楽天的な日本人の諺とは根本から異なるようだ。物事がうまくいかないときに神を呪い責任を転嫁するような格言も多くあり、「唯一神アッラーをあがめる原理主義的・敬虔なイスラム教徒」の画一的なイメージを抱いて彼らに接するのも誤りなのだな、と感じる。「友」とは自分にとって利益となる存在なのであり、単にぶらぶらと遊びに来るような人間は「女か羊を盗みに来た」と思われてもしょうがない、など。彼らの思考のほうが自分よりもシンプルで人間らしい、のかもしれない。

  • ちょっと古い本(2003年発行)ですが、当時のホットな話題であったサダム・フセインとアメリカとの戦争にも絡めて、アラブ世界の様々な格言を紹介しています。

    「アラブ」というざっくりした切り口なので、当然ながらそれぞれの格言が生まれた背景や使われている国はバラバラ。それでも、似通ったものを大きなテーマごとにまとめ、分かりやすく紹介しているところは、さすが曽野さんといったところ。
    アラブの常識や文化というものを理解するための一つの手段として、名言・格言という切り口から入っていくのも、なかなか面白いと思います。

  • *断食して祈れ。そうすればきっとよくないことが起こる。(レバノン)

    誤訳でも誤植でもない。信仰などで事はよくならない、という皮肉な現実認識である。彼らは日本人のように美徳や理想を口にしない。

    -- 以上、本文抜粋

    アラブ人の根底にある猜疑心や暴力性、神をも利用する狡猾さが
    伝統的なものであると、掲載の複数の格言から推測できる。

    砂漠の厳しい環境で生き延びていくために、ひとを見極め、嘘をつき、
    群れをなし、理不尽さをジョークで笑い飛ばしてきたんだなと思った。

  •  アラブの価値観に触れることが出来ます。それは、日本的なものでも欧米的なものでもありません。砂漠の民が何を祈り、どんな気持ちで戦っているのか、短い格言を通して手軽に知ることが出来ます。


    =====【以下、引用】=====


    ■p23
    *もしも神が許さなかったら天国は空っぽになる(アラブ)

    ■p27
    *断食して祈れ。そうすればきっとよくないことが起こる(レバノン)

     誤訳でも誤植でもない。信仰などで事はよくならない、という皮肉な現実認識である。

    ■p33~p34
     現代においてもなぜこの部族対立が続くかというと、これも私の実感にすぎないのだが、こうした心理の育つ土地には、今でも電気がないのである。(略)民主主義を育てたのは電力である。それならば、電力の恩恵を受けない土地では、どのような支配体制が行われているかというと、族長支配なのである。
     (略)民主的な選挙をしようにも、電気もなく、通信手段もなく、テレビもなく、交通手段も原始的なままとすれば、形ばかりは民主的投票システムを採用したとしても、充分にそして安全に機能しないから、現実の政治は、依然として封建的族長政治の形態をとり続けるより仕方がないのである。そのことを我々は理解しなければならないし、非難してはならないと思う。

    ■p35~p36
    *一夜の無政府主義より数百年にわたる圧政の方がましだ。(アラブ)

    *天使に支配されるよりは、悪魔を支配する方がいい。(マルタ)

     アメリカは「解放」を最上の美徳の一つとするが、彼らはそのようなものに何の魅力も感じていない。部族の支配とはむしろ解放の不安から守ってくれるものなのである。支配者がいないということは、真空と同じ恐ろしい空間になる。

    *鼠の正義よりも猫の暴政の方がましだ。(レバノン)

    ■p37
    *首長が死ぬと、同盟関係も死ぬ。(アラブ)

    ■p39
    *金持ちが蛇を食べると、人々は「なんて賢い」と言う。貧乏人が蛇を食べると「馬鹿な奴だ」と言う。(アラブ)

    ■p41
    金の装飾品が、郵便局や銀行の代わりにベドウィン(遊牧民)たちの貯金の方法となっている

    ■p42
    「前の人の方が貧しいように見えましたが、貧しい人にたくさんおやりになるんではないんですか」
     社長は答えた。
    「人間には皆分相応ということがあります。富んだ暮らしをしている者にはたくさん与えねばなりません」
     それがアラブの知恵というもので、貧しい人に恵むと言っても「過度の寛大は愚かさと同じ」ということをこの社長は知っていたのである。

    ■p44~45
    *もしも本当に敵を悩ませたいと思うなら、何も言わずに彼を一人にしておけ。(アラブ)

     戦いをおこす原動力はいくつかあるが、そのもっとも普遍的なものは復讐である。(略)自分の家族、部族、財産、権利、あるいは恥の感覚などに対して加えられた暴力を人は決して忘れることはない。そしてその傷から立ち直る唯一の方法は、復讐を実行することなのである。
     (略)「目には目を、歯には歯を」は、決して復讐を勧めたり、拡大させたりするものではなく、むしろ受けた傷と同じ量だけ厳密に返すようにという「同害復讐法(レックス・タリオニス)」を明記したものであった。つまり、目を一つ潰された男が、怒りにまかせて相手の両目を潰すことがないように、一つの耳を切り落とされた男が、相手の両耳をそがないように規制したのである。

    ■p46
     アラブ人たちは復讐について次のように考えているのである。

    *復讐は恥を消す。(アラブ)

    *復讐をしないやつはロバ(馬鹿なもの)の甥。(スーダン)

    *俺の壷を一個割ったら、百個割返してやる。(アラブ)

    *犬の血... 続きを読む

  • [ 内容 ]
    神、戦争、運命、友情、家族、貧富、そしてサダム・フセインまで―。
    素早く、簡潔に、かつ深くアラブ世界を理解するには、彼らの世界の格言を知るに限る。
    「追う者と追われる者は、共に神の名を口にする」「一夜の無政府主義より数百年にわたる圧政の方がましだ」など、古来より伝承され数多ある中から530を厳選。
    そこに加えられた著者独自の視点、解説によって、鮮明に浮かび上がる「アラブの智恵」とは。

    [ 目次 ]
    第1章 神―「追う者と追われる者は、共に神の名を口にする」
    第2章 戦争―「一夜の無政府主義より数百年にわたる圧政の方がましだ」
    第3章 運命―「世界は二人の人間に属した。殺された男と、彼を殺した男と」
    第4章 知恵―「水を節約するようにと言われた途端に、誰もが水を飲み始める」
    第5章 人徳―「あなたには名誉を。私には利益を」
    第6章 友情―「歓迎されない客人は、大英帝国のようにいつまでも居座る」
    第7章 結婚―「私は妻に『おまえなんか離婚だ』と言った。すると彼女は『ベッドへおいで』と命じた」
    第8章 家族―「家に老人がいないなら、一人買ってこい」
    第9章 貧富―「貧乏は叡知」
    第10章 サダム・フセイン―「バスラの反乱以後は廃墟」

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 日本人とは全く違う大陸的な考え方に触れて、新鮮な気分になりました。
    個人的には「同じ店から買うな。同じ道を歩くな。」 という格言が印象に残っています。

  • 日本の諺や格言の類に、正反対のことばがあるように、アラブのそれも同じである。
    しかし、全体としての傾向はあるため、参考になる。
    アラブの人々がどのような思考をしているのかということについて。
    人種が違えば考えていることは全然違うと思っていい。

  • アラブのことわざについて。

  • 地域、民族、個人ごとに考え方は当然違うのだけれど、だからといって共感できないかというと、そういうわけでもない。
    取っ掛かりが違うと解った上で相手の言葉に触れていくと、『なるほどなぁ』と思うことのなんと多いことか。一括りに「アラブ」とは云えない多様性。名言が多い。

  • 格言集ですね。
    面白いのもあれば
    矛盾してる格言もあり、

    ふむふむって感じです。

  • アラブの伝統・慣習を垣間見る。

  • 取り敢えず、一読。

全20件中 1 - 20件を表示

アラブの格言 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アラブの格言 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アラブの格言 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

アラブの格言 (新潮新書)の作品紹介

神、戦争、運命、友情、家族、貧富、そしてサダム・フセインまで-。素早く、簡潔に、かつ深くアラブ世界を理解するには、彼らの世界の格言を知るに限る。「追う者と追われる者は、共に神の名を口にする」「一夜の無政府主義より数百年にわたる圧政の方がましだ」など、古来より伝承され数多ある中から530を厳選。そこに加えられた著者独自の視点、解説によって、鮮明に浮かび上がる「アラブの智恵」とは。

アラブの格言 (新潮新書)はこんな本です

ツイートする