関西赤貧古本道 (新潮新書)

  • 77人登録
  • 3.44評価
    • (5)
    • (9)
    • (20)
    • (1)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 山本善行
  • 新潮社 (2004年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100550

関西赤貧古本道 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 挙げられている作者・作品は殆ど知らなくて、マニアの発言に取り残されている感が半端なかったです。それでもなお、ページを繰る手が止められなかったのは、迸るエネルギーのなせる業でしょう。端々から書物や書店への愛情が漲っていて、清々しい気分にさせられました。自分も収集癖がある方だと思うので、本書の内容にはうなづかされる部分も多かったです。

  •  ちゃんと古本で書いました。
     まだ均一棚にはなかったな。

     山本さんの本は、これでたぶん完集。

     この本を出された後に開かれた、善行堂さんは、そんなにマニアックではないけど、毎日覗きたくなる古本屋さんです。

  • 善行堂のご主人、山本善行さんの古本&古書店入門。昔日の客→島田潤一郎さんときて、今ここにたどり着きました。難しそうで入りにくい古書店のあれこれ、古書の魅力が存分に語られていて、素人の私でも「いけんじゃないか」と思わせてくれます。奥深すぎる古書の世界はきっと果てしなく。でもまずは100円玉数枚握りしめて古書店の店頭、100円均一箱を眺めてみたいです。

  • 今は古本屋さんを経営されていますが、本書執筆当時とどのような心境の変化があったのか、知りたい。

  • 古本お好きなんですね。

  • この著者は本物のビブリオマニアのようだ。古本に対する愛情は凄すぎる。非常に面白かった。読み終わったあと、神保町の神田古本まつりに本をあさっている人を観察しに行ってしまった。

  • 良書と出会う方法は人それぞれ。この人のまさに、道、に相応しい古本との付き合い方に感心した。創元推理文庫のエラリー・クイーンは本棚の隅にあり、ブックオフでは見向きもされないけど、出るとこ出たら値がつくかも、と下世話な興味も満たされた。

  • 古本マニアの入門書と言っても過言ではない。いざ開かれん、古本ロード。

  • 文庫や均一台でも古書は楽しめる、という事を教えてくれた本。
    良くも悪くもそこがこの本を読んで良かったと思ったポイントです。

  • 古書善行堂店主・山本善行さんの著作。
    それぞれの本にまつわる思い出が記憶に残っているってのはうらやましいな。

全16件中 1 - 10件を表示

山本善行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
関口 良雄
有効な右矢印 無効な右矢印

関西赤貧古本道 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

関西赤貧古本道 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

関西赤貧古本道 (新潮新書)の作品紹介

入口の均一台を見逃すな。絶版文庫を探せ。古雑誌の山に向かえ。検印紙も魅力のうち。書き込み本を無視するなかれ。古書目録は面白い。古本祭りには攻略法がある。ネット・オークションに参加したら。いつか売る日はやってくる。…自慢じゃないが、金はない。しかし誰より古書が好き。この三十年、365日古書店通い。ねらうは安い、面白い、珍しい。まさに関西流儀の超絶技巧。

関西赤貧古本道 (新潮新書)はこんな本です

関西赤貧古本道 (新潮新書)のKindle版

ツイートする