死の壁 (新潮新書)

  • 2221人登録
  • 3.38評価
    • (125)
    • (221)
    • (628)
    • (52)
    • (11)
  • 221レビュー
著者 : 養老孟司
  • 新潮社 (2004年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100611

死の壁 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <年末読みかけ一掃運動>

    「バカの壁」に続き2冊目の養老本。正直「バカの壁」の方が面白かったかも。

    養老さんは「暴論」と言うけど、相変わらずの「極論」っぷりだと私は思いました。話が飛んでおさまったと思うと、また出てきて…少し読みにくかったです。

    養老さんがしゃべったことを編集者が本にしたと、あとがきに書かれていたけど、話が整理されていなくて前後するのは仕方がないことなんだと思いました。もっとテーマを絞り込んで深く掘り下げたら面白いはずなんだけど…。幅広く浅すぎて残念。

    けど当たらずといえども遠からず感覚で、読むと面白いところがまた不思議。次は「自分の壁」を読みます。

  • 読んでいて印象に残ったのは
    分からないのが面白い。正解がないという事に気づくことが重要であるとしている。
    近代化すると
    人間は戸籍を持ちずっと一緒であると考えるようになる。
    そこは中世の意識とは違う。
    中世は人間は移り変わるものと考えられていた。

    死体の人称についての考察は面白いと感じた。
    日々ニュースでよく聞く死は
    三人称の死でどこか他人事のようである。
    しかし身内の死は二人称の死である。
    この死は私の中でひいおばあさんの死でしか経験はない。
    しかし小さい時のことだったのでそこまで実感はないかもしれない。
    安楽死は被害者、遺族の感情中心になりがちで加害者の事を意識した内容になっていてハッとする場面もあった。
    明文化すること、意識化することそれ自体が人間のためである進歩であると考える。
    しかし、そこには一体どの程度まで意識化することが人間のためになるのかという観点が抜けている。
    そこが分からないこともあっていい。
    正解がない事に気づくべきという
    著者の考えに繋がるのかなと感じた。

  • 哲学に興味を持った時、図書館で見つけた。
    「バカの壁」より先に読んだ。
    死を失う事だけだと思っていたが、
    観点が3つぐらい増えた。

  • 普段は考えない、生死の境目。
    変わらないと思っていたものが常に変化しているなど、固定観念にとらわれてはいけないと、つくづく考えさせられた。

  • 蔵書⇢処分

  • 自分の中ではイマイチ

  • 殺人、葬式、自殺、死体、戦争、死刑、脳死。。世の中の死に関する昨今の問題を読み解き、そこから生きる知恵を見いだす本。
    バカの壁の続編にあたるような位置づけで、確かにここでも脳化された社会が死の様々な問題を引き起こしていることが分かる。

    とりあえずごちゃごちゃ考えるより、身体を動かそうという筆者の意見は、強引のようだけど今の閉塞感のある日本では本質を突いていると思う。

  • 寝る前のフォトリーディング&起床後の高速リーディング。

    「バカの壁」同様、著者の話を編集者がまとめたとのこと。同日読んだ「モチベーション3.0」と比べると速読には向かない本だと感じた。論文的な書き方は楽であるが、本書のようにエッセイ的なものは速読には向かないようだ。

    死を追いやる日本の状況を色々例を出して述べている。水洗便所がウンコを見ないようにしてしまったのと同じように、火葬が死を考えないようにしてしまっているというのは興味深い話。このような話がちりばめられていて面白かった。

    星は三つ。

  • 「バカの壁」のおまけみたいな内容です。生死の境目とは、脳死や安楽死をテーマに養老先生の考え方が述べられています。

    最近、トイレで生んだ赤ちゃんを窓から投げ捨てる事件があり、母親が逮捕されていましたが、これが中絶手術であったならば逮捕されることもなかった。

    (法律を調べてみると母体保護法14条で規定されていますが、境目は割りとぼんやりしたもののように感じました)

    本の中でも、共同体のルール、暗黙の了解という言葉が幾度となく出てきましたが、そういったものが現代社会でも普通に存在し、議論の対象になっていることを改めて認識でき、自分の考えをまとめてみようと思える良いきっかけになりました。

  • バカの壁で主張として述べられていたことの延長戦。
    エリート教育の下り、エリートが背負うことになる責任、それを教えなければならないという点はなるほど確かに、と感じた。

全221件中 1 - 10件を表示

養老孟司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
レイチェル カー...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

死の壁 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死の壁 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする