男の引き際 (新潮新書)

  • 45人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (4)
    • (14)
    • (4)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 黒井克行
  • 新潮社 (2004年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100741

男の引き際 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • スポーツ関連のノンフィクションを数多く手掛けた著者による一冊。
    渋い引き際を飾った著名人10名の物語を描く。

    江夏豊, 寺尾常史, 本田宗一郎&藤澤武夫, 堀田力, 鐘ヶ江管一, 池永正明, 荒井注, 小出義雄

    引き際の有様は九者九様であり、限界まで食らいついての引き際(江夏,等)もあれば、自然体でさらりとした引き際(荒井注,等)、覆せない挫折による引き際(池永,等)もある。その点で、「男の引き際」とはあるものの、特定の生き方を押し付けるものではない。

    個人的な好みとしては、本田宗一郎とその名参謀である藤澤武夫が経営から引退を決めた際のやり取りにグッときた。


    ...ところで、この手のドキュメントは視点による美化(?)が付きものである。例えば荒井注は、ドリフ引退半年後に芸能界復帰を行い顰蹙を買っている(本文では一切触れられていない)。本田宗一郎は、最新技術についていけなくなった果ての引退、とも取れる。

    なので、本書による一面をもって人物の全体を評価することはできない。しかし、まぁ、その一面が格好良いことは確かで、素直にその渋さを味わうのが宜しい読み方だと思う。

  • 往年の有名人の例を用いていくつかの「引き際」のかたちを示す。渋い。

  • 名声を手に入れた権力者は
    その権威にしがみつき、引き際を間違えるが、
    この本に出てくる人は潔い良い引き際を見せている。

    本田宗一郎、江夏豊の話が好き。

  • [ 内容 ]
    一生のうちに同じ局面は二度とやってこない。
    たった一度の判断が、評価を大きく左右する。
    それが「引き際」だ。
    では、引き際を見事に飾れた人と誤った人は、何が違ったのだろうか。
    完全燃焼できるまで頑張る、一つのことを成し遂げたことでけじめをつける、過去の実績とは全く関係ない世界に新たに挑戦する―。
    六タイプ九人の引き際にまつわる物語をひもときながら、男にとって引き際とは何かを探る。

    [ 目次 ]
    第1章 完全燃焼―江夏豊・寺尾常史
    第2章 哲学―本田宗一郎と藤沢武夫
    第3章 転身―堀田力
    第4章 けじめ―鐘ケ江管一
    第5章 惜しまれて―池永正明・荒井注
    第6章 挑戦―小出義雄
    第7章 晩節

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 6タイプ9人の男の、引き際に関する物語。
    池永正明、荒井注、小出義雄あたりが印象深く、危うく泣きそうになった。
    満足度7++

  • 一生のうちに同じ局面は二度とやってこない。たった一度の判断が、評価を大きく左右する。それが「引き際」だ。6タイプ9人の引き際にまつわる物語をひもときながら、男にとって引き際とは何かを探る。
    野球の江夏、相撲の寺尾、本田宗一郎、田中角栄、荒井注らを取り上げている。総じて政財界に引き際を誤った人が多い中で、本田宗一郎の引き際の鮮やかさは際立つ。今でもホンダの伝統になっているようだ。興味深い話が多い半面、9人いるので掘り下げ方が物足りない面も。
    (C)

  • 一生のうちに同じ局面は二度とやってこない。たった一度の判断が、評価を大きく左右する。それが「引き際」だ。では、引き際を見事に飾れた人と誤った人は、何が違ったのだろうか。完全燃焼できるまで頑張る、一つのことを成し遂げたことでけじめをつける、過去の実績とは全く関係ない世界に新たに挑戦する―。六タイプ九人の引き際にまつわる物語をひもときながら、男にとって引き際とは何かを探る。


    いつか第一線からひかなくてはならないときがやってきます。
    その時期をどう見極めるのか?
    というのはその人の品格や人柄、大きさなどが関係する場合もあるのかもしれませんね。。。
    僕はどうだろう???

  • 平成21年7月6日読了。

  • 限界までやるのではなくすぱっとやめるのがいいです。

  • 著者の黒井氏のお話を直接伺ったことがあり、買ってみました。もともとスポーツを主に題材とし活動していらっしゃるライターの方なので、スポーツ選手が中心かなと思っていたら実業家やなんかも出てきて少しびっくり。男たるものの引き際ってきっと難しいんだろうな、と思いました。

  • 内容:6タイプ9人の男の引き際についての記事をまとめたような本。
    感想;あんまおもしろくないわ。本田宗一郎(ホンダ)がスパッとやめた、という話自体はいいんだけど、もっとこういう本は臨場感の描写に力を入れないと伝わってこない。インタビューと著者の感想が軸に進んで育からね。他にはロッキード事件の検事堀田力など。僕は野球好きだから江夏のが一番面白かった。大リーグへの挑戦とかカッコいいと思う。最後に経営者の引き際のポイントを書いて終えているけど、まあ普通そうなるわなっていう結論にしかない。だから記事としても主張としても弱い印象を持った。

全12件中 1 - 12件を表示

男の引き際 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

男の引き際 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

男の引き際 (新潮新書)の作品紹介

一生のうちに同じ局面は二度とやってこない。たった一度の判断が、評価を大きく左右する。それが「引き際」だ。では、引き際を見事に飾れた人と誤った人は、何が違ったのだろうか。完全燃焼できるまで頑張る、一つのことを成し遂げたことでけじめをつける、過去の実績とは全く関係ない世界に新たに挑戦する-。六タイプ九人の引き際にまつわる物語をひもときながら、男にとって引き際とは何かを探る。

男の引き際 (新潮新書)はこんな本です

男の引き際 (新潮新書)のKindle版

ツイートする