タカラジェンヌの太平洋戦争 (新潮新書)

  • 33人登録
  • 3.21評価
    • (0)
    • (4)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 玉岡かおる
  • 新潮社 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100758

タカラジェンヌの太平洋戦争 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 歌劇は見に行ったこと無いんですが
    身近な阪急沿線の歴史がわかって
    面白いな、と思って読み進めています。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーー
    苦しい時代に工夫を重ねて
    生き延びていけたのは、
    また、舞台に立ちたい、
    という希望があったから。

    前の地震の時も、現在も
    意志がある人たちは、強くなれる。
    自分もそうでありたい。
    その時が来たら、きっと、強くなる。

  • [ 内容 ]
    華やかなその世界も、死と隣り合わせていた―。
    音楽学校に学ぶ乙女たちの青春とは。
    舞台を奪われ、緑の袴がモンペに替わったタカラジェンヌたちの心を支えたものは。
    「歌劇」「宝塚歌劇脚本集」「宝塚年鑑」には何が記されていたか。
    熱烈なファンがその目で見たものとは。
    宝塚大劇場はなぜ閉鎖され、いかにして再開されたのか。
    貴重な証言と資料から浮かび上がる「もう一つの昭和史」。

    [ 目次 ]
    第1章 小林一三の夢
    第2章 「軍国女学生」の青春
    第3章 『翼の決戦』を客席から
    第4章 東亜の子供達
    第5章 緑の袴からモンペへ
    第6章 銃後の合唱
    第7章 ロケットふたたび

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 戦争と乙女たち。

全4件中 1 - 4件を表示

タカラジェンヌの太平洋戦争 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タカラジェンヌの太平洋戦争 (新潮新書)の作品紹介

華やかなその世界も、死と隣り合わせていた-。音楽学校に学ぶ乙女たちの青春とは。舞台を奪われ、緑の袴がモンペに替わったタカラジェンヌたちの心を支えたものは。「歌劇」「宝塚歌劇脚本集」「宝塚年鑑」には何が記されていたか。熱烈なファンがその目で見たものとは。宝塚大劇場はなぜ閉鎖され、いかにして再開されたのか。貴重な証言と資料から浮かび上がる「もう一つの昭和史」。

タカラジェンヌの太平洋戦争 (新潮新書)はこんな本です

タカラジェンヌの太平洋戦争 (新潮新書)のKindle版

ツイートする