中傷と陰謀 アメリカ大統領選狂騒史 (新潮新書)

  • 26人登録
  • 3.31評価
    • (2)
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 有馬哲夫
  • 新潮社 (2004年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100871

中傷と陰謀 アメリカ大統領選狂騒史 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • アメリカ大統領に求められる素質も変わってきたね。

  • 正力・原発・CIAという本が読みたかったのに、図書館になかったので、同じ作者によるこの本を借りてきた。
    書名に狂騒史とあるように過去の大統領選のキャンペーンで駆使されたテクニックを解説していく。ジョンソンのキャンペーンコマーシャル「ひなぎく」は相当に汚いと思った。

  • 鎌倉図書館で読む。著者は、「日本テレビとCIA 発掘された正力ファイル」等の著書で著名な早稲田大学の先生です。読みやすい新書です。アイゼンハワー対スチーブンスのテレビ戦略の相違が興味深かったです。

  • 04年刊だが、00年のブッシュVSゴアから始まっている。この頃はまだネット選挙はほとんど動いておらず、効果もないとしているが、08年オバマでは大きく変化した。

    日本の大統領選報道は大体において薄っぺらで、しかもピントがずれているものが多い。マードック系メディアの報道がまともな報道であるかの判断も出来ないような連中がやっているのだ。その意味では4年ごとに米国内での報道の状況を紹介するような本が必要になると思う。

  • [ 内容 ]
    どこにでもいそうな凡人が、いかにして「世界一の権力者」に仕立て上げられるのか。
    鍵を握るのは政策ではなく、選挙参謀の戦略である。
    誹謗中傷、あら探し、映像トリック等何でもあり。
    テレビ時代のアメリカ大統領選挙は、メディアを駆使した壮大な足の引っ張り合い、ネガティヴ・キャンペーンの歴史だった。
    アイゼンハワー、ケネディからレーガン、ブッシュ・ジュニアまで、その情けなくも恐ろしい舞台裏とは。

    [ 目次 ]
    序章 いかにして凡人が「世界一の権力者」となるのか
    第1章 凡庸なるブッシュの精密選挙マシーン
    第2章 アイゼンハワーの新兵器
    第3章 最初のテレビ大統領ケネディ
    第4章 ジョンソンの最も汚い「ひなぎく」
    第5章 負け犬ニクソンの大変身
    第6章 カーター旋風の正体
    第7章 バッシングを追い風にするレーガン
    第8章 ピンポイント・ネガティヴのブッシュ
    終章 テレビ選挙は変わるのか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • アメリカの大統領選のときは本当に凄いバトルが展開される。
    それを初めて持ち込んだのがアイゼンハワーで、昇華したのがケネディ。
    レーガンなんてテレビを扱い、大衆とコミュニケーションするのはプロだった。アメリカの大統領は、国家のよき父親であるべきだそうだ。

  • 政治イコールメディア、イコール宣伝、というのが現代であることがよくわかる。

  • 1952年の大統領選でテレビコマーシャルが登場したのを契機に、アメリカの大統領選挙にいかにテレビメディアが影響してきたかを、ネガティブキャンペーンを切り口として解説している。

    読み物としては非常に面白いが、政治過程論としては小ネタの域を出ないのかなぁという気もする。コミュニケーション論的には筆者の専門ということもあり秀逸。終章でインターネットをあまり肯定的には評価していないが、youtubeのような動画投稿サイトの出現や、オバマ陣営のネットを介した選挙資金集めを著者はどう評価しているのか知りたいところ。

    大統領候補の選挙ブレーンがめちゃくちゃ頭いいということと、そんな彼らでも読み違いをすることがあるということ、そしてそういうブレーンを含めた選挙活動組織をまとめていくリーダーシップも要求されるということを再認識した。

    大統領という「商品」を売り込む「選挙運動」という壮大なマーケティングの一端を垣間見れると思う。

全9件中 1 - 9件を表示

中傷と陰謀 アメリカ大統領選狂騒史 (新潮新書)の作品紹介

どこにでもいそうな凡人が、いかにして「世界一の権力者」に仕立て上げられるのか。鍵を握るのは政策ではなく、選挙参謀の戦略である。誹謗中傷、あら探し、映像トリック等何でもあり。テレビ時代のアメリカ大統領選挙は、メディアを駆使した壮大な足の引っ張り合い、ネガティヴ・キャンペーンの歴史だった。アイゼンハワー、ケネディからレーガン、ブッシュ・ジュニアまで、その情けなくも恐ろしい舞台裏とは。

中傷と陰謀 アメリカ大統領選狂騒史 (新潮新書)はこんな本です

中傷と陰謀 アメリカ大統領選狂騒史 (新潮新書)のKindle版

ツイートする