徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)

  • 351人登録
  • 3.43評価
    • (22)
    • (46)
    • (97)
    • (10)
    • (2)
  • 57レビュー
著者 : 篠田達明
  • 新潮社 (2005年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101199

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • どんな病であろうが将軍でいられる
    システムがすごいと感じました。
    そして、徳川本家として子孫を
    残さなければならないことが第一・・・。
    将軍職って本当に大変だったのね。

  • 思い込みと尾張藩への肩入れが目につき鼻につき
    結局本当に文献ちゃんと読んでるのかしら…
    と疑問な出来。
    医者の先入観より、文献マニア的な人が
    全部の記述を拾ってから
    それを医師的判断で診察する本が読みたかったな。
    少なくとも判断の根拠を具体的に提示すべき。

  • 小長谷正明さんに続き、病跡学本を書くお医者さん…と思っていたら、文筆家としてはむしろこちらが先行だったようで。最近とみにご活躍の作家さんです。
    それだけのことはあり、親しみやすく読みやすい。「徳川妻妾記」(高柳金芳)では「あり」となっている4代家綱の側室がいないことになっていたり、多少の「?」はあるが、新書の入門書ということで許容の範囲。楽しく読めます。おすすめ。

    2016/3/29~3/30再読

  • なかなかおもしろかった。すぐ読める。
    病歴という観点から将軍家を見るというのは新しいのでは。

  • 将軍15人及び結城秀康、松平忠輝、水戸光圀らの発掘遺体や記録から健康状況、死因などを探ったもの。また位牌の大きさが身長と同じだということを推測している中での5代綱吉だけが異常な低身長だったのでは?という謎からスタートし、飽かさずに読ませてくれます。また9代家重、13代家定なども障害者だった様子であり、あまり幸福でなかった家系ようですが、逆にそのような一族が権力者だったということに、将軍もまた組織の上にのっかった象徴だったのですね。15人の死因などを見ていると死の危険と隣り合わせだった江戸時代を痛感します。

  • 将軍や夫人達の身長一覧表を見るだけでも面白い。

    歴代将軍の身長と同じ高さの位牌が愛知の大樹寺に
    あることは以前から知っていて
    一度見にいったこともありますが
    この本を読んでまた行きたいと思いました!

    徳川家に興味がなくても
    一度読んでみても損はないと思います。

  • 昔の人は小さかった、というよりも、現代人が大きくなっている。栄養の足りることがやっぱり大きな原因だろうなぁ、そして昔はたくさん子どもを生んでもたくさん死んでしまったものだ。

  • 「カルテ」とあるように歴代德川将軍の病歴を含めての意外な情報が記載。身長とほぼ同じ位牌を作られていることなど、かなり興味深い内容でした。ドラマなどで描かれる将軍像と実像がかなりかけ離れていたりと、驚かされる内容が多かったです。

  • なかなか、新しい視点で面白かった。
    ちょっと前に読んだので、あんまり覚えてないけど。
    もっかい読みたいかもなぁ。覚えていないから・・・
    いや、ホントに面白かったはずですのに。

  • 「影武者徳川家康」に誘発されて再読、徳川家十五代の死因を調査した医学エッセイ。将軍でいることも大変なストレスがあることか。

  • 面白かったです。

  • 事前に「TOKUGAWA 15」を読んで、15人の将軍たちの
    大体の人となりを把握していたので、この本もとても
    わかりやすかったです。

    しかし思ったのは、昔の将軍の記録って、本当に事細かに
    記録されていたんだなぁということ。
    朝味噌汁を飲まなかったとか、お粥を何杯食べたとか
    そんなことまで。

  • 【FIGARO japon】
    08 12/20号
    P.44〜45掲載
    大河ドラマ・篤姫 関連著書が中心。紹介著書の中の1冊

  • 綱吉の身長が124cmとは驚きだった。文献に残された将軍の死に方の描写より現代医学でその死因を明らかにする本。

  • 表紙のイメージからしてお堅い本かと思ったら、そうでもありません。生前の健康状態や死因についてはもちろん面白いのですが、あまり聞いたことのない将軍の人物や生い立ちなど、簡単ではあってもまとめて知ることができるのはお手軽でいいですね。一気に読めてしまう適度なボリュームでした。

  • 大河ドラマ「江~女たちの戦国~」や「大奥」を見ていて、読みたくなった。
    「骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと/鈴木尚著 」も合わせて読みたいトコロ。
    歴史も合わせて書いてあるので、昔勉強したことを思い出しながら読めました。
    でも、勉強したこととはまた違う、カルテから見る将軍の人柄が見えたように思います。

    【以下帯の内容】
     初代 家康 胃がん 享年75
     2代 秀忠 胃がん 享年54
     3代 家光 脳卒中(高血圧) 享年48
     4代 家綱 未詳 享年40
     5代 綱吉 はしかによる窒息 享年64
     6代 家宣 インフルエンザ 享年51
     7代 家継 急性肺炎 享年8
     8代 吉宗 再発性脳卒中 享年68
     9代 家重 脳性麻痺による尿路障害 享年51
     10代 家治 脚気衝心 享年50
     11代 家斉 急性腹症 享年69
     12代 家慶 暑気当たり 享年61
     13代 家定 脚気衝心 享年35
     14代 家茂 脚気衝心 享年21
     15代 慶喜 急性肺炎 享年77

  • 家康は食中毒で死んだという説があるが実際は胃がんだと推測される。(ある種の滑稽味があるせいか、未だにてんぷらの食中毒を唱える本もある)犬公方綱吉は、身長がわずか124cmしかなかったという。14代家茂は甘い物が好きで30本もの虫歯があったという。医学的な視点からみるのも面白い。

  • 父の書棚から。

    マンガ「大奥」と史実がごっちゃになってきたので
    こういうのでいったん整理しようかと。

    が、この作者もかなり偏りが、、(笑)。

  • 徳川15代の死因や健康状態など、時代の背景も踏まえて分かりやすく書いた本。軽い気分で読むのには良い一冊。

  • 文章が読みやすくとても面白かった。古本屋でタイトル買いしたけど当たり、家族間でも好評^^

  • 徳川将軍15代の健康状態を、医者の視点で解説。
    一般的な歴史背景もわかりやすく解説されていて、
    歴史好きの方にも健康オタクにも楽しめる内容。

    死亡原因はもちろん、年代や、法名が正確に記されています。

    【面白いなと思った箇所】
    ・初代家康はサナダ虫に悩まされていた。
    ・家康の次男秀康は梅毒で死亡した。
    ・その息子は躁うつ病。
    ・3代家光は吃音障害。ホモ。脳卒中で突然死。
    ・4代家綱は軽度の知的障害か?死因不明。母親は産後の体調不良で死亡。
    ・忠臣蔵は5代綱吉のマザコンが原因か。
    ・その綱吉は低身長症。一般的には麻疹で死亡と記されているが、食べ物を気管に詰まらせた窒息死の疑い。
    ・6代家宣は綱吉の甥。インフルエンザで急逝。
    ・7代家継の生母月光院は使用人と不倫。
    ・家継が急性肺炎で急逝した為、先代の正室(天英院)vs側室(月光院)のバトル勃発。
    ・8代吉宗で初の国立病院(小石川養成所)設立。
    ・9代家重は言語障害。アテトーゼタイプの脳性麻痺。頻尿症を患っていた。
    ・10代家治は脚気による心不全で死亡。
    ・11代家斉には57人の子女がいるが、32人が5歳未満で死亡。
    ・12代家慶は熱中症で死亡。
    ・13代家定は出産時の障害で脳性麻痺の疑い。顔にも不随意運動が見られた。脚気による心不全で死亡。
    ・14代家茂は甘いもの好きで虫歯だらけ。でもイケメン。脚気をリウマチと誤診されて死亡。
    ・15代慶喜は静岡で隠居生活していた。肺炎をこじらせ死亡。
    ・将軍家に結核は一人もいない。

  • 徳川の歴代将軍の死亡原因を中心に歴史を振り返る内容。
    医療関係者でなくても楽しめそうです。

  • [ 内容 ]
    健康オタクが過ぎた家康、時代劇とは別人像「気うつ」の家光、内分泌異常で低身長症の綱吉、飲酒が高じて食道がんで逝った光圀、そして実は三人も将軍位に就いた障害者…。
    芝・増上寺にある徳川家霊廟で発掘された遺体や文献をもとに、歴代将軍を最新医学で診断してみると―。
    彼らはどんな養生法を心掛けていたのか、そして死因は、さらに世継ぎをもうけるための苦心とは?
    史実には顕れぬ素顔が見えてくる。

    [ 目次 ]
    家康―初代将軍(一五四二~一六一六)死因・胃がん
    秀忠―二代将軍(一五七九~一六三二)死因・胃がん
    結城秀康―家康の次男(一五七四~一六〇七)死因・梅毒
    松平忠輝―家康の六男(一五九二~一六八三)死因・老衰
    家光―三代将軍(一六〇四~一六五一)死因・脳卒中(高血圧)
    水戸光圀―天下の副将軍(一六二八~一七〇〇)死因・食道がん
    家綱―四代将軍(一六四一~一六八〇)死因・未詳
    綱吉―五代将軍(一六四六~一七〇九)死因・はしかによる窒息
    家宣―六代将軍(一六六二~一七一二)死因・インフルエンザ
    家継―七代将軍(一七〇九~一七一六)死因・急性肺炎
    吉宗―八代将軍(一六八四~一七五一)死因・再発性脳卒中
    家重―九代将軍(一七十一~一七六一)死因・尿路障害(脳性麻痺)
    家治―十代将軍(一七三七~一七八六)死因・脚気衝心(心不全)
    家斉―十一代将軍(一七七三~一八四一)死因・急性腹症
    家慶―十二代将軍(一七九三~一八五三)死因・暑気当たり
    家定―十三代将軍(一八二四~一八五八)死因・脚気衝心(脳性麻痺)
    家茂―十四代将軍(一八四六~一八六六)死因・脚気衝心(心不全)
    慶喜―十五代将軍(一八三七~一九十三)死因・急性肺炎

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 将軍たち+αの病歴、死因が一目瞭然!!

  • 旦那の買った本を横から拝借して読み始めました。
    いつも読まないジャンルのものでしたが、面白いようにスラスラ読み進められました。
    徳川十五代将軍の位牌は、亡くなったときの身長とほぼ同じに作られているということに驚きました。目の前で見たら圧倒されそうです。

全57件中 1 - 25件を表示

徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)に関連する談話室の質問

徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)の作品紹介

健康オタクが過ぎた家康、時代劇とは別人像「気うつ」の家光、内分泌異常で低身長症の綱吉、飲酒が高じて食道がんで逝った光圀、そして実は三人も将軍位に就いた障害者…。芝・増上寺にある徳川家霊廟で発掘された遺体や文献をもとに、歴代将軍を最新医学で診断してみると-。彼らはどんな養生法を心掛けていたのか、そして死因は、さらに世継ぎをもうけるための苦心とは?史実には顕れぬ素顔が見えてくる。

徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)のKindle版

ツイートする