1985年 (新潮新書)

  • 153人登録
  • 3.11評価
    • (4)
    • (9)
    • (54)
    • (5)
    • (2)
  • 28レビュー
著者 : 吉崎達彦
  • 新潮社 (2005年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

1985年 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 阪神優勝。ファミコン、金妻、ひょうきん族。レーガンとゴルビー。ブレードランナー。パソコン通信、美味しんぼ。全く印象のないつくば博。御巣鷹山。あだ花だったのだろうか。ただし、超高齢化の進展を政府が認識していたらしい。それなら、無為無策のまま推移した、以降の自民党政権担当者は、その舵取りの責任をどう取ってくれるのか?

  • プラザ合意,阪神優勝,ゴルバチョフ登場などなど,政治・経済などいろんな面で,1985年はターニングポイントだった⁈
    時代の移り変わり,今だから実感できる当時の出来事の意義など,ノスタルジックな思いとともに,社会のトレンドを振り返ることができる好著。
    1985年、私が20歳の時。個人的にも思い入れのある年。
    しかし、改めて本書を読んで振り返ってみると
    本当に昭和から新時代への分水嶺だった気がする。
    本書は如何せん新書であるが故、一つ一つの事象については
    深掘りされていないことに、不満は残るが、
    詳しいことは違う本を読むとして、1985年を考え直すには、きっかけにはなる本です。
    でも、やっぱり日本は80年代/90年代が面白かった。

  • 歴史を縦に見るのではなく、定点の政治経済やカルチャーを水平に見てみた本。この'85年は、僕が高校を出て見知らぬ土地で一人暮らしを始めた年なので、なかなか感慨深い。ロン、ヤス、ゴルビーといった華のある政治家。タイガーズ優勝。御巣鷹山の事故。ニュース・ステーションの開始。スーパーマリオ。ホンダのプレリュード金妻。つくば博。。。様々な懐かしい話題とともに、バブルが膨らみ始めていく様子が蘇る。1960年代生まれの人にはお勧めの一冊。

  • 大学を卒業し、就職したのが1984年(昭和59年)だった。
    1985年は社会人2年目で、東京でヒトル暮らし。仕事の面白さも少しは分かるようになってきた頃か。
    あんなこともあった、こんなこともあったと色々思い出す。
    一番印象的なのは、やはり「オレたちひょうきん族」か。
    (すいません、レビューになっていなくて・・・)

  • 阪神の優勝。御巣鷹山。そういったとしの1985年。もう30年も経ってしまうんだと思いつつ。
    1985年の世情、出来事をまとめた本。サクッと読めて面白かった

  • 師匠おすすめ本。この年とは比べ物にならない転換期の”今”読むべし、と。
    この本を読んでいたら、隣の席の子に「何読んではるんですか?」と聞かれ、表紙を見せつつ「○○さんはこの年って生まれてた?」って聞くと、「いえ、まだです。生まれたのは3年後です。」だと。
    やれやれ。ヽ(´▽`;)ノ
    この年、私は社会人1年生だったわけだが、こうやって改めて1985年を眺めるとあれもこれもこの年だったのか…!?と驚く。
    さて、ここから私は“今”をどう読むのか?
    …読めるのか?

  • 「1985年」という一年を政治・経済・世界・技術・消費・社会・事件というカテゴリーでそれぞれのトピックを中心にその時代の空気を伝える本書。
    本の内容紹介では「右肩上がりの発展を続ける戦後日本がたどり着いた「坂の上の雲」。それが1985年という年だった。プラザ合意、米ソ首脳会談、NTTの誕生……この年を境に日本と世界は確実に姿を変えていく。」とあるが、1985年、この年のボクはこれまでの男女共学のバラ色の学園生活から男子校黒一色の学ランの軍団の違和感に、自らおバカなことして現実逃避を図るしか己の理性を保てない世界に属していたのだ。
    そんな85年は21世紀はまだまだ未来の夢に満ちあふれた世界であり、つくば科学博はたしかに未来にあこがれハァ〜ハァ〜している田舎の高校生にはそらぁ〜まぶしい世界だったことを久々に思いだしたのである。あまりにハァ〜ハァ〜しすぎて3回訪れた記憶がある。

    そんな現世から乖離したおバカな高校生であっても、本書を読み進めるとあぁ〜たしかにそういうこともあったよな、本当は大変な時代に生きていたのね。そんな時代に育てて頂いた御尊父様ご母堂様に感謝感謝と頭を垂れる一冊である。

  • 歴史を縦軸ではなく横に読む。中曽根、レーガン、ゴロバチョフ、つくば万博、NTT、おいしい生活、金妻、ひょうきん族、日航機墜落事故、阪神タイガース優勝。あの時を懐かしむと同時に物事の必然性を感じる。

  • 自分用キーワード
    (日本の国運における)40年周期説 空白の10年 全米自動車労組(1983)(日本車が輸入された事で職を失い、ハンマーで日本車を叩き壊した) 輸入品生かしてわが家も国際化 前川レポート アジアの虎 87年10月(ブラックマンデー) 地上げ屋(バブル期) 総理府『国民生活に関する世論調査(1985)』(国民の半数が自分達を中流であると認識し、満足した生活を送っていると回答。但し、朝日新聞はアンケートに寄せられた「中流のイメージ」を述べた後で同様の質問をしたところ、自分が中流であると回答したのは23%となった。) マル金・マルビ 豊田商事事件 渡辺淳一(時代に応じて作品の雰囲気だけでなく、登場人物も歳をとっていく) ウィリアム・ギブソン(サイバーパンクというSFのジャンルを切り開いた) つくば万博 谷間の世代 カエルコール おいしい生活(生活していく上で必要なものは揃い、生活を味わうしかないという、消費の新局面を描き、おいしいと感じる物を提供していこうというキャッチコピー) 恋におちて~Fall in love~ 御巣鷹山(日航ジャンボ機墜落事件) 森下玲子(前事件の生存者)「暁の里」 三光汽船の倒産 ランディ・バース(阪神を支えた選手。王貞治の記録を塗り替えるかと思われたが、四球攻めにあってしまった)

  • エコノミストである著者による一冊。
    今から約30年前(本書発行だと約20年前)である1985年の世の中を振り返る。
    政治、経済、世界、技術、消費、社会、事件、と章を分け、それぞれどのような出来事があったかが書かれている。
    例えば、プラザ合意、ゴルバチョフ、ファミコン、日航機墜落、NTT発足、など。

    著者自身の郷愁を挟みつつ当時をありのままに示した内容と感じた。各章での話題はきっちり分かれており、ありがちな、世の中全体に単一の軸を見出そうといった書かれ方はない。1985年を「解き明かす」本ではなく「振り返る」本である。

    1985年は、高度経済成長から一息を付き、バブルを迎えようという狭間にある1年。私自身は物心が付くか付かないかの年齢であり、具体的な記憶や思い出はなかったものの、本書の締めにある「やっぱりいい時代だった」という言葉には同意を感じることができた。

  • 以前映画で「1984」というのを見た覚えがあります、あれは1960年代頃に1984年の未来をイメージしたものだと記憶していますが、この本は、これが書かれた当時(2005年)から20年前を振り返った本です。10年経てばもう別世界と思えるような変化の激しい時代なので、20年前を改めて振り返ってみると別の時代のような気分になりました。

    1985年に私は大学3年生で、記憶にある勉強関連のことは、専門課程になって実験レポートだけは必死にやっていたことです。祖母にモニター(それも10行表示可能)付のワープロ(NEC文豪ミニ7)を買ってもらい、今では5000冊を超えている本のデータベースを作り始めたのを思い出しました。

    コンピュータは友達の下宿にあるNEC 98シリーズでゲームをするのが専らで、プログラムを書いている友達を不思議な目で見ていたのを覚えています。

    この本はそんな頃にタイムスリップさせてくれる懐かしさを感じされてくれた本でした。

    以下は気になったポイントです。

    ・日本の国運の40年周期説によれば、1)1868-1904:明治維新から日露戦争(上り)、2)1945年まで:第二次世界大戦(下り)、3)1985年まで:プラザ合意(上り)、4)2025年まで?:バブル経済から将来(下り)(p12)

    ・1950年から35年間で、GNPは80倍、一人当たり所得は50倍、輸出は140倍、輸入は90倍となり、現在の中国成長の比ではない(p15)

    ・田中派内に「創成会」が立ち上げられる、竹下登や、幹事長の金丸信、後に竹下派七奉行と言われる、小沢一郎・小渕惠三・梶山静六・橋本龍太郎・羽田孜・渡部恒三等を始めとして40人が参加した(p23)

    ・1985年は中曽根政権が田中派支配のくびきを逃れて自前の政治課題を追い求めることが可能になった分岐点であった(p25)

    ・3月10日に青函トンネル開通、3月14日には上越・東北新幹線の上野ー大宮開通、6月8日には大鳴門橋開通、10月2日には関越自動車道の全線開通、幕張メッセ・横浜みなとみらい21は建設中(p31)

    ・GNPよりもGDPのほうが実態に即した指標として定着するのは1990年代後半(p40)

    ・4月には国民年金法の改正が成立、それまでの縦割り制度体系から、サラリーマンとその妻も国民年金への加入が義務付けられた、1・2・3号の分け方ができたのはこの時(p43)

    ・1985年末の外貨準備高は279億ドル、2005年5月末は8425億ドル(p49)

    ・20年前の日本人は貧乏だったが、若くて一億総中流、未来は明るかった、今はリッチだが高齢化、不平等、閉塞感あり、国民が保有する資産が少なかったので中流意識を可能にしていた(p61)

    ・1985年5月に西ドイツ(ボン)で行われたサミットにはカリスマ政治家が勢ぞろいした、アジア各国の指導者も同様(p68、71)

    ・ソ連経済が急速に悪化したのは、サウジの石油価格下落の決定がある、これはソ連にとっては「逆オイルショック」ともいえる大事件(p77、79)

    ・米ソ両方に強いリーダーが登場し相互を信頼し合ったので冷戦終了を可能にした、ソ連はレーガンが掲げていたSDI(スターウォーズ計画)をする余裕はなかった(p87)

    ・1960年頃に生まれた人にとって「万博」は大阪だが、団塊ジュニア以降の人にとっては「つくば」が万博となる、動員人数が6421万人、当時の人口1億人とすると凄いイベント(p101)

    ・大阪万博が描いたのは遠い未来の絵空事、つくば博はかなり現実的な近未来に焦点を合わせた、日本企業が力を蓄えたから(p107)

    ・携帯電話という言葉が誕生するのは1987年、電電公社が民営... 続きを読む

  • 自分が生まれた80年代とはどんな時代であったのか。そんな興味で手に取った一冊。
    丁度この頃はプラザ合意もあって急速に円高が進み、バブル景気に浮足立つ頃なんだけれど……このご時世にあって、「超」円高にある日本(もっとも、ドルやユーロが勝手に崩れていっただけなんだけれども)。無駄な公共事業はナンセンスだけれど、必要な整備や投資、債務の返済……とか、嘆くだけじゃなくて、うまく円高を利用しようって考えにはならないのだろうか、なんてことも考えさせられた。
    ちなみに『1●84』と取り間違えたとか、まさかそんな理由で読むことになったわけではありませんよ、念のため(笑)

  • [ 内容 ]
    右肩上がりの発展を続ける戦後日本がたどり着いた「坂の上の雲」。
    それが1985年という年だった。
    プラザ合意、米ソ首脳会談、NTTの誕生…この年を境に日本と世界は確実に姿を変えていく。
    阪神優勝、日航機墜落事故を始め、忘れがたい出来事もたくさんあった。
    「過去」と言い切るには新しく、「現在」と言うには時間が経ちすぎた時代の記憶は、妙に苦くて懐かしい。
    愛惜の念と共に振り返る、「あの頃」の姿。

    [ 目次 ]
    第1章 政治-中曽根政治とプラザ合意
    第2章 経済-いまだ眩しき「午後2時の太陽」
    第3章 世界-レーガンとゴルバチョフの出会い
    第4章 技術-つくば博とニューメディア
    第5章 消費-「おいしい生活」が始まった
    第6章 社会-『金妻』と『ひょうきん族』の時代
    第7章 事件-3つのサプライズ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 1985年生まれなので、
    なんだか気になってしまい購入した記憶が。

    「自分が生まれたころにはこんなことがあったのか…」
    と興味深く読みました。

  • だいぶ分かった気になった1985年。
    満足度6

  • 戦後日本のたどりついた「坂の上の雲」が1985年という年だったとする。プラザ合意、ゴルバチョフの登場、米ソ首脳会談、田中角栄脳梗塞、つくば博、スーパーマリオ、NTTの誕生、全員集合の終了、ニュースステーションの開始、阪神優勝、日航機御巣鷹山墜落・・・・と、確かにおおっ、こんなことが、という出来事が起こっているのである。

  • 私は小学校6年生。
    色々なことが世界ではありましたが、私にとっても色々なことがありました。なんだかとても小学校時代が懐かしくなりました。杉並区立和田小学校はまだあるのかな?冷戦終結に向けてゴルビーが登場したり、つくば万博があったり、日航機墜落事故があったり、阪神が優勝したり、NTT民営化されたりと本当に盛りだくさんです。
    シンガポールからのフライトで読了。

  • 簡単な読み物。
    わずか20年足らずで世の中変わるもんだな、と、認識。

  • この年が、近代と現代の狭間だと思う。
    とても読み応えのある文庫だった。

  • 自分の誕生日にだけは自信持ってますねー。ぼく。

  • 話のネタに使えると思うよ。

  • うまれた年のできごとをまとめた本があったので、つい。

  •  バブル景気からプラザ合意、米ソ首脳会談、NTTの誕生、日航機墜落事故まで、政治的にも経済的にもターニングポイントだった1985年を懐かしみながら振り返る。

     過ぎた過去をただ懐かしんでノスタルジックに振り返っているだけで、今後の世相を占ったりしているわけではない。そういった点を割り切れば、素直に1985年当時の世相や風俗がストレートに伝わってきて、20年という時代の経過が肌身で実感できるかと思います。

     昭和ブームに乗った単なる懐古主義として片付けてしまうには、あまりにも乱暴すぎるし、それ以上に刺激的で何か新しい発見が持てるかと思います。個人的にはこの辺りに生まれた年代なので、とても面白く読めました。

全28件中 1 - 25件を表示

1985年 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

1985年 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

1985年 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

1985年 (新潮新書)の作品紹介

右肩上がりの発展を続ける戦後日本がたどり着いた「坂の上の雲」。それが1985年という年だった。プラザ合意、米ソ首脳会談、NTTの誕生…この年を境に日本と世界は確実に姿を変えていく。阪神優勝、日航機墜落事故を始め、忘れがたい出来事もたくさんあった。「過去」と言い切るには新しく、「現在」と言うには時間が経ちすぎた時代の記憶は、妙に苦くて懐かしい。愛惜の念と共に振り返る、「あの頃」の姿。

1985年 (新潮新書)のKindle版

ツイートする