歴代天皇のカルテ (新潮新書)

  • 63人登録
  • 3.18評価
    • (4)
    • (6)
    • (16)
    • (8)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 篠田達明
  • 新潮社 (2006年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101731

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

歴代天皇のカルテ (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • ふーん。
    平均的な日本人と天皇の平均寿命は同じだった。

  • 面白かったです。

  • 残る史料から、歴代天皇の病歴や死因を明らかにする。戦国時代以前の話は、史料の乏しさや医学自体の不明瞭さもあって、推理の域を出ないが、近世以降はかなり詳しくて信憑性ある話が読める。リアルタイムの記憶が残る昭和天皇崩御にあたっては、病の経過や、それに立ち向かう医師団の奮闘が生々しく綴られている。

  • [ 内容 ]
    自閉症を疑わせる第11代垂仁帝の皇子、虚弱体質への劣等感から東大寺大仏を建立した第45代聖武帝、菅原道真の怨霊を恐れ神経症となった第60代醍醐帝、今様の歌いすぎで慢性喉頭炎を患った第77代後白河帝、徳川幕府との確執より痔疾に悩まされた第108代後水尾帝…。
    古代から今上天皇まで125代、その血脈はいかにして受け継がれてきたのか。
    病歴、死因はもちろん、后妃の数、あるいは精神医学までも徹底的に診断する。

    [ 目次 ]
    1 疫病調伏のための「大王」―飛鳥・奈良時代
    2 怨霊の祟りに置き換えられた病魔―平安時代
    3 肖像画に如実に顕れた健康状態―鎌倉~安土桃山時代
    4 幕藩体制の下で―江戸時代
    5 現代医学と生活習慣病―明治・大正・昭和
    6 病録の章
    歴代天皇一二五代カルテ一覧表

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 歴代天皇・・・と、いいつつやはり全員は無理だったようだ・・・。でもなかなか面白い。

  • 歴代、といっても全天皇について書かれている訳ではなく。
    歴史的に重要であったり、病理学的に興味深そうな天皇をチョイスしているんですが。
    史料も乏しく、推測でしか述べられない天皇をわざわざ選ぶ必要はないのではないのかと思います。
    天皇のエピソードから性格を推測し、その性格の人がなりがちな病気が死因ではと述べるだけでは、新書にしても物足りない気がします。
    もっと人数を絞って、掘り下げて書いた方が面白かったのでは。(2009年12月6日読了)


  •  おもしろいです。興味津々

  • 今まで歴史上で知られている全ての天皇の病の歴史、死因などをひたすらに書き連ねた超絶的にマニアックな一冊。
    これを面白いと言える人とは良い友達になれそうです。

  • 平成19年4月9日読了

  • 六国史等のわずかな記述から診断しなくてはいけないので、かなり推測が多くなっています。
    また、皇后(中宮)から生まれた天皇と、女御など武家でいう側室から生まれた天皇、どちらが身体壮健で長命かという比較をするときに、平家滅亡時に入水した安徳天皇や事故死した四条天皇を含めて平均年齢を算出しているのは、意図がつかめませんでした。

    軽い読み物としては楽しめるので、暇つぶしに手に取ってみても良いかもしれません。

  • 昔は物の怪と片付けられていたが、今の病気と照らし合わせると納得できるところがたくさんあります。

全12件中 1 - 12件を表示

歴代天皇のカルテ (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

歴代天皇のカルテ (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

歴代天皇のカルテ (新潮新書)の作品紹介

自閉症を疑わせる第11代垂仁帝の皇子、虚弱体質への劣等感から東大寺大仏を建立した第45代聖武帝、菅原道真の怨霊を恐れ神経症となった第60代醍醐帝、今様の歌いすぎで慢性喉頭炎を患った第77代後白河帝、徳川幕府との確執より痔疾に悩まされた第108代後水尾帝…。古代から今上天皇まで125代、その血脈はいかにして受け継がれてきたのか。病歴、死因はもちろん、后妃の数、あるいは精神医学までも徹底的に診断する。

歴代天皇のカルテ (新潮新書)はこんな本です

歴代天皇のカルテ (新潮新書)のKindle版

ツイートする