迷いと決断 (新潮新書)

  • 240人登録
  • 3.31評価
    • (10)
    • (28)
    • (77)
    • (6)
    • (2)
  • 31レビュー
著者 : 出井伸之
  • 新潮社 (2006年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101946

迷いと決断 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • ブロードバンドといえば高速インターネット。いまや常識だが、ソニーがこの言葉を使い始めたのは­とても早くて、学生のころ、99年くらいに、ソニーの資料で初めて目にした。­

    コンテンツやPCやカメラが「Broad­ Band」と書かれた円盤の上に乗った図で、意味が分からず。­「太いおび?」でプロダクトを結びつけて価値を高める概念?みたいなものかと。­

    まあ、それはソニーのインターンプログラムに参加した時の話で、その時の経験が、インターネット­による革新が間近であることを実感して、大学院ではなく就職を選択するきっかけになった。­


    あれからちょうど10年経ち、ブロードバンドもワイヤレス化しちゃったりして、­とにかく、あの時のソニーのビジョンは非常に正しかったと、今でも思う。­

    出井さんは、広報宣伝の役員だった93年、有志の社員と一緒に「今後の10年に向けて」という­レポートに、このビジョンをまとめたというから、たいした眼だ。­


    ブロードバンド、プレイステーション、バイオ、サイバーショット。コーポレートガバナンス。­
    あの頃のソニーの出してくる言葉は、どれもなんだか新しく、輝いて見えた。­
    その後のソニーショックの戦犯と言われたりしていても、自分の世代にとってのソニーブランドは、­あの時代の、出井色の経験であり、やっぱりかっこいいと思うのである。­

    その裏で、ヒーローである創業家との決別や、求心力の獲得、傾いた財務体質の改善、­ネット時代への戦略、複数業態を抱えるグローバルカンパニーの最適なガバナンスの確立。。­
    初の非創業家経営者としてソニーを率いた出井さんには、睡眠薬片手に、­色々な迷いと決断があったようだ。­

  • 経営者の仕事を整理できた。魅力あるビジョンを掲げる。ビジョン達成のためのオペレーション、企業統治、適切な後継者選択、これらの仕組みを整備し機能させる。言うは易し、行うは難し。

  • 出井さんがソニーの社長として行ったことの説明。
    それまでの創業社長と違って、安定期に入った巨大企業を立て直さなければならない。
    たいへんな決断力とともに鈍感力が求められるのが巨大企業の社長だということがわかった。
    細かいことは気にしていられない。
    自分とは別世界の話だが、読んで勉強になった。

  • まあ偉い人は失敗してもバカ高い退職金もらって、こうやって回顧本書いてまたお金儲け出来るからいいよね。
    「サラリーマンは偉くならなくちゃダメだね」という感想以外残らなかった。

  • イヤー。生々しくて おもしろい。
    2006年の時点での語りで・・・なんともいえないなぁ。
    今の時点で書くと もっと 浮き彫りになるのではないか
    出井伸之の失敗と成果が・・・。

    7兆円と16万人の職員という巨大なソニーを
    どう舵を取るのか?
    そのことにおける 迷いと決断 がその中にあるが
    社長になる前史と社長が終わった後史 が 味わいがあった。

    トラブルを処理する立場に いつも立ち会ったこと。
    時間軸における錯誤が さまざまな影響を及ぼしたこと。
    非連続な融合と飛躍・・・に期待すること。

    エレクトロニクスとエンターテイメントとファイナンシャル
    という3つの柱を持った ソニーが どのような方向へ向かうのか?
    創業経営者と継続経営者の違いが 明確になって
    そのうえでの 継続経営者の 経営を技術にしようとするところに
    面白みがあるんですね。

    創業者の好きなことをしたいという考えと
    好きなことをしていては キャッシュフローが追いついていない・・・
    それを切り替えるべき視点。
    コーポレートガバナンス・・・・英語の言葉が多くて 難解でした。
    でも 何をしようとしているのかが よく見えて面白かったが
    なぜ ハワード だったのか?
    やはり よくわからなかったね。
    しがらみを抜けるために極端に走りすぎたのだろう。

    広告収入をえながら放送するというテレビ局は
    古い型のモデルと言い切っているが、
    なぜペイテレビが根付かなかったのか?

    日本のメーカーの携帯電話が 世界の5%しか握れなかったのは
    なぜなのか?
    ノキア モトローラ サムスン。
    そして 今で言えば なぜ アップルがここまでの快進撃を。

    ソニーが アップルとディズニーを買いたかったというのは
    いいなぁ。もしそうなったら 世界は変わっていた。
    でも ジョブスが 復帰したので それははかない夢となった。
    ジョブス亡き後 ソニーが アップルを買うことができるのかな? 

  • 巨大企業のCEOが時代を振り返った本。CEOには大きな責任があり、その立場にならないと重責からのプレッシャーというのは分からないものだなと思える本。私の全く想像できない世界について書かれた本だったのでとても刺激的だった。

  • 今更だからどこまでが真実かわからんから
    なんともいいようがないね。

    でも確かにSonyのトップはものすごい
    重圧だったと思う。大変だったろうな〜。

    ちなみに自分がシリコンバレーの会社に
    勤めているから出井さんの言うことは分かる。
    ある意味、Livedoorとかの同じで

    □Enduserにサービスをインターネットを介して
     シームレスにどんなデバイスでも提供する。
    □そのプラットフォームベンダーにSonyはなりたい

    ということでしょ。前から、分かってたよ。
    出井さーん。

  • [ 内容 ]
    前CEOが自ら語った「出井改革」の真実。
    決断するまでは、誰しも迷う。
    ましてや従業員16万人、売り上げ総額7.5兆円の企業の運命がかかっているのならば……。
    一社員から、ソニー初の「プロフェッショナル経営者」として社長に就任した著者は、瀕死の状態だったソニーの立て直しに成功する。
    そして、コーポレート・ガバナンス改革を実践し、精緻な企業戦略を練り上げ、さらなる改革へと突き進むが……。
    前CEOが、初めて語ったソニー経営の内幕。

    [ 目次 ]
    第1章 「CEO出井伸之」のできるまで
    第2章 「生存率50%以下」の会社
    第3章 手探りのコーポレート・ガバナンス
    第4章 AV/IT路線とコンバージェンス戦略
    第5章 CEOの孤独
    第6章 やり残したこと
    第7章 新しい夢と出発

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ・経営
     バランスシート重視の経営
     それまでは意欲だけで投資

     IT化への舵取り
     コンバージェンス(融合)
      エレクトロニクスとエンタメをくっつける

    ・ソニーの柱
     エレクトロニクス、エンターテイメント、サービス

    ・クォンタムリープ
     CEO引退後設立した会社名
     掛け算の発想
     量子力学 連続線上にないジャンプのこと

  • 全世界16万人を率いるプレッシャーは数え切れないほどの夜を過ごしたという。タイトル通りの迷いと決断の連続、手探りで進んでいく様子は、人間として生きていく面白さと勇気を与えてくれる。

  • 大会社のトップもペーペーも考えることはあんまり変わらんもんだ。

  •  おととし企画で呼ぼうとアイディアが出た(結局は別の人になったが…)際に、筆者の勉強として読んだ本を、あらためて読んでみた。

     第1章にて、筆者がCEOになる経緯を述べる。続いて、就任当時のソニーの状態分析を、そして3〜4章では自らが行った経営を述べている。そして5〜7章でその時感じたこと・失敗したこと・今後やりたいことを記述している。特に5章以降から、自分が思う経営とは?や、グローバル経営に必要な視点、カリスマ的な商品が生まれるには?、経営の最大なる誤算を生む物は「時間軸の誤差」である、など自らの経営での哲学が非常に面白い。

     これを読んで考えた経営に必要な事は、
    ?明確化   ?最適配分
    ?切り捨て  ?共通化
    となろう。明確化とは、誤解なきように説明する責任があるという事。最適配分・切り捨てとは、経営資源をいかに適切に配置するのか?そのためには事業を切り捨てることをいとわないようにするという事。共通化とは、例えば、異なる財務体制の事業を複数抱えているときに一つの事業でしか使えない会計ではなく、共通して使えるものを使うように、組織内で共通した評価軸を作っておくべきであるという事。
    普通にためになります。

  • 元ソニーCEOの出井さんの近著。

    出井さんの人間としてのすばらしさと(←僭越ながら・・・)
    経営者としてのすばらしさを感じる本でした。

    16万人の従業員のトップとしての迷いと決断は、
    いちサラリーマンの自分が想像するには余りありますが、
    自分の失敗も悩みも、率直にまるで隣で語りかけていただけているよう。

    出井さんとは2回、近くでお会いしたことがある。
    (というか、控え室に入れてもらった程度、というのが正しい。
    1回目はJSkyBの設立発表会のとき、2回目は99年のコムデックス。
    2つとも話題として本著に出てきている)

    非常にスマートで、信頼感のオーラと厳しさのオーラを放っている人
    という印象でしたが、読みながら、お姿拝見したときのことを思い出しました。

  • walkmanのSONYが、iPodのAppleに負けた理由は、大企業だからと。電子機器以外にもいろんな産業を抱えていることが、SONYの強みであり、弱みである。

  • 2008/01/20購入。企業的なものに少々興味を持ちまして…

  • 少し永すぎたのかなぁ?今の会社を見て。

  • 前CEOの出井伸之氏が自らが務めた10年間の任期を振り返り、どん底に落ちたSonyが出井氏の指揮の元どの様に復活してきたのか、そしてそのときに出井氏は何を考えて決断を下したのかを記した本。

    特に自慢するわけでもなく良い面悪い面両方を冷静に書き記している。出井氏の経営手腕を客観的に批評したものは多くあるが、出井氏本人の口から各々の決断の背景を語っているところに本書の価値はあると思う。 非技術屋でありたたき上げの出井氏は、最終的には辞任してしまったが、経営センスのある先見性を持った人間であることが本書で分かる。

  • 07年5月読 ソニー元CEO出井さんの話。うーん、正直「すごく」は面白くなかった。ソニーがどんな企業なのかはよく分かる。

  • ソニー前CEO出井氏による著。役員になってからの出来事の回顧録。弱小株主としてソニーを注目していたので、決断の背景になに があったのかは興味深かった。前半は取締役になるまで、後半は社長になってからの経験が述べられている。今の自分に参考になったのは前半部分。
     ▼仕事には表の仕事(日々のオペレーション)と裏の仕事(大局的にものをみる。社内の人脈作り)
     ▼社内で好きな先輩を作る(代官山の小川軒でよくごちそうになった)
    ・コンスーマービジネスでは、新しい技術ができた時に潜在的なニーズを先取りして、コンスーマーの心をキャッチする商品開発に結びつけるセンスが必要
     ▼アメリカの様に水平産業にも携わるべき(日本はいまだに垂直産業がおおい)
     ▼悪知恵を上司に提言して誘導する
     ▼裏の仕事として独自にレポートをまとめ、自分の行動指針の理念とする。会社の弱点を客観的に整理する。
     ▼人脈をビジネスに生かす
    社長就任以降のエピソードとして印象的だったのは、AppleとDisneyの買収を真剣に考えていたこと。AV機器はSony、IT機器はApple、コンテンツはDisneyブランドとすることを考えていたようだった。また、会長としてやり残したことが克明に述べられていること。
    自伝は「私の履歴書」など多々あるが、引退して1年ほどのプロフェッショナル経営者の回顧録はとても参考になった。

  • 前ソニーCEOである出井さんの著書です。ソニーという世界規模の企業のトップとして下してきた様々な決断。その決断に至るまでの迷いや考えが飾ることなく延べられています。15万人の社員を抱えた大企業のトップとしての決断の重さと責任は余人には想像し難いものです。多くの示唆を得ることができる一冊です。

  • まあ、ひまつぶし

全31件中 1 - 25件を表示

迷いと決断 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

迷いと決断 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

迷いと決断 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

迷いと決断 (新潮新書)の作品紹介

決断するまでは、誰しも迷う。ましてや従業員16万人、売り上げ総額7・5兆円の企業の運命がかかっているのならば…。一社員から、ソニー初の「プロフェッショナル経営者」として社長に就任した著者は、瀕死の状態だったソニーの立て直しに成功する。そして、コーポレート・ガバナンス改革を実践し、精緻な企業戦略を練り上げ、さらなる改革へと突き進むが…。前CEOが、初めて語ったソニー経営の内幕。

ツイートする