とてつもない日本 (新潮新書)

  • 1330人登録
  • 3.56評価
    • (116)
    • (182)
    • (295)
    • (35)
    • (10)
  • 181レビュー
著者 : 麻生太郎
  • 新潮社 (2007年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106102172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
渡辺 淳一
有効な右矢印 無効な右矢印

とてつもない日本 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 「自由と繁栄の弧」
    「価値の外交」
    今日本に求められてる外交は10年経っても変わることではないんですよね。
    隣国は確かに大切ですが全てではない。
    日本は世界から孤立してるという人もいますが所詮限られた隣国とこじれてるだけです。

    日本が今まで築いてきた価値観の共有ができる国とできない国があるのを残念ながら認める時期が来てるのかもしれません。
    まだまだ日本の先行きは明るいものがあると思います。

  • これを本当に全部本人が書いたのかな?というのはあるにしろ、首相時代にメディアで言われてた姿からは想像できない読みやすい文章だった。
    日本もまだまだ捨てたものじゃないとした上で、日本の底力をどう生かしていくかを述べた本。
    麻生太郎のとても大まかなスタンスというのはわかったが、後に首相になる人が書いた本であるという期待ほどの内容があったわけではないかな。

    いかんせん楽観的すぎる箇所もあるし、政治家の本だけあって、これ全て本人の本心とも思えない。ただ、もし中高生くらいの頃に読んでたら熱くなれてたかも。

  • 106とてつもない日本2007
    ・日本の強み
    1アジアにおけるソートリーダー:人より先に難問にぶち当たらざるをえない→他の人にとって教材
    2アジアでのビルトインスタビライザー:近隣諸国が経済的苦難→支援の手を差し伸べる
    3アジアでのピアツーピアの構築:国対国の関係に上下概念はなし
    @cpa_1992
    ・私は、選択の自由こそが大事であるということを前提に考えていきたい:平準化教育は戦後サラリーマンを量産する上では優れたシステムだったが、、、

    ・麻生太郎さんの国家観について書かれた本。賛同する部分が多く、自分の考えを言語化するのに参考になった

  • 政治家さんが書いた本ですが、読了後すっきり前向きになれる自己啓発本みたいな一冊!

  • 2007年の本だけど、今から読んでよくわかる。
    日本の海外への貢献度。とくに自衛隊による途上国支援。
    元気な老人の活用。
    ニートへの応援歌。
    悪平等主義への忠告と、格差社会への視点の変え方。

    庶民的な目線で書かれており、読みやすい。
    麻生家のルーツもわかる。

    興味深いのは靖国神社の国有化だろうか。
    安倍さんの著作にもあったが、国家の為に命を捧げた英霊たちを祀る靖国神社の参拝がなぜ政治問題として騒がれつづけなければならないのか。

  • 麻生氏自身の意見を交えながら、外交、内政、経済、歴史、法などについて、
    国の方針や今後の方向性などについてわかりやすく読みやすく書かれていました。

    書かれたのは2007年時点ではあるものの(あたりまえですが)方針や方向性は
    現在と大きく変わらないので、今からでも読んでおくべきかと思われます。

    個人的な感想としては、
    こういった国の方針や方向性を批判し、
    現実と大きく異なる報道を続ける新聞などのメディアは、
    いったい何のために存在するのか、と考えさせられました

  • 今社会に必要な政治家は過去の常識に囚われず、時代に合った政治を行える政治家ではないのか。マンガ好きのイメージが強い筆者は、今の日本に存在する多様な問題についても、頭の柔らか発想で解決策を示している。簡単な文章で、様々な問題について触れ、解決策を示しているため、社会を知る為の本としても読めます。

  • 政治家麻生太郎氏が日本の可能性、及び、これからの政策について述べている。
    氏が総理大臣であった頃、メディアでは触れられていなかったことなどが書かれており興味深いものであった。
    また、読んでいて氏が日本の未来を憂いるだけでなく、しっかりと希望を持っているということがわかる。

  • このオッサン、指導者の器やん!と思う本。

  • 以前から麻生さんを支持しているが、やはり政治家は大きな夢とそれを実行する行動力、そして人に愛される人間性がある人になってもらいたいものです。

  • 何かの書評をみて手にとってみた。麻生太郎というと、一言要らん事を言ってしまう政治家というイメージしか無かったが、たまに覗く軽さと根拠に乏しい所は感じたが、一読の価値は大いにある。と僕は思う。読んで共感出来るか否か、それ以上も以下も無いだろ。

  • 麻生さんへの興味と長く政治活動を続けた人からみた日本の強みを学ぶべく手に取る。

    閉塞感が漂うように感じられる日本について、日本が抱える様々な問題について触れながらもう一度日本の実情について麻生さんが自論を展開している。

    トピックはさまざまであるが一貫して日本の未来について明るく感じられ、
    日本人として誇りをもてるような内容を汲み取った。

    その一方で現在の日本が改善すべき点についても言及し改善策を打ち出している点からも
    本当に日本のことを思っているのだということを感じた。



    取り上げていた問題

    ニート問題・・・経済の観点からはもちろん労働人口の増加が望ましいが、多様化した社会において政府が個人の生き方に枠組みを提供する(負け組、社会のお荷物など)ことはいいとは思えない

    少子高齢化・・・現代の社会においては豊富な知識、経験を有する労働力として高齢者は重要な役割をはたしている。人生においては高齢者は社会の目をきにすることなく、余生を楽しむべきである

    靖国問題・・・自国を守った祖先を、胸を張って堂々と祀ることのできないことが不自然であること、分祀などを議論することは本質的には間違っているのではないかということ、そしてその問題は政府ではなく宗教法人で管理されていることから生じているのではないかということ



    また日本が高く評価されている点で多くのソフトパワーを取り上げていた。
    戦後復興の速さに始まり、欧米を追従しようとした明治初期からの富国強兵、発展途上国への支援、クールジャパンと称される日本のサブカルチャーなどなど。

    つまり、長い歴史や習慣に基づいた知恵(知識、感性、考え方など)、またそれらから生まれたアウトプットが各国で高く評価されているということ。

    また、それらを本当に理解している人はどれだけなのかということである。
    「日本が持つサブカルチャーの強みを、日本人は理解していない」
    という外国人の日本のサブカルチャーに対する引用があるように。

    本の評価としては、民間の社長経験や外交経験豊富な麻生さんが個人的な見解や経験に基づいているといったいい面を含む反面、根拠に乏しいといったこともあり、日本の底力を取り上げるといった大枠を除いてはすこしまとまりにかける印象ももってしまった。
    内容としても、日本の底力や今度日本がどうあるべきかといったことに関しては、わかりやすさなどを考慮してなのかそこまで踏み込んだ議論には及んでいないので、年配の方にしてみれば少し物足りないのかと思った。


    それでも、一読の価値と期待を踏まえて★5つ。

    個人的な感想

    ・日本に対する評価は外交官だけのものではなく、諸外国に関わるすべての日本人によるものであるのだなと改めて感じた
    ・日本が世界から高い評価を受け続けるために、少しでも知恵を磨いていきていこうと思った
    ・民間企業の社長経験などからも、民主主義社会の本質をとらえ、どのように対処していくべきかの考え方を展開していることも非常に説得力があった

    なんとなく、雰囲気にのみこまれて日本を憂いている人に読んでほしい一冊。

  • この本を読んで麻生さんのイメージが大きく変わった。漢字が読めないやらなんやらで良くないイメージを持っていたけど、本書で垣間見せる教養には驚いた。靖国問題や地方自治、格差についての言及も分かりやすく、正直納得できる考えだった。今回のこの本では、「テレビだけで政治家の為人を判断してはいけない」という自分にとっての良い教訓になった。

  • 世界における日本の立ち位置を再認識できたのは良かった。周辺国にとって「日本はアジアにおけるビルトインスタビライザー、つまり安定勢力として機能」し、自国については「日本は世界が全体として安全、平和なことに、自らの繁栄を託す国である。」と麻生さんは表現されていますが、この姿勢は、この先も日本が外交での選択肢を考えていく上で大切なスタンスだと感じます。そうなれば、ODAも単にバラマキと揶揄するのではなく、その観点から考えて有効なのか検討していくべきなのだろうと思えました。
    日本の底力を語る第二章では、どこでも語られるような日本の技術やサービスの質に焦点を当てるのではなく、サブカルチャーやニートを議題にしているあたりは麻生さんらしさなのかなと思う。
    特にニート問題に関しては、そのものよりもその前後にある「教育」と「社会」に着眼されています。
    戦後、発展途上の日本において最も必要とされていた労働者やサラリーマンを量産する上では優れていた平準化教育も、職業や価値観の多様化、雇用の流動化が進んだ現代では錯誤したシステムになってしまっている。一方、その均一した教育の先には、先行きの全く見えない混沌とした社会が広がっている。
    その狭間に立たされる彼らは、そうした構造が故に考えを突き詰めても答えらしい答えは見出せず、モラトリアムを再延長してしまう。そこに社会への参加の動機付けをいくら施しても問題の解決にはならないとの見解には非常に納得させられました。

    政治家は言葉だけ。確かにそのイメージしかない。
    でも、それに対して放つ「ビジョンとは大風呂敷である」
    これはいい言葉だと思う。
    負け犬根性が染み付いているのか、能ある鷹が爪を隠し過ぎているのか、日本は自分達を控えめに見過ぎた故に、ついには気付けなくなってしまった部分が結構あって、それらを掘り起こすには過剰なくらいの気構えも時には必要なのだろう。
    しかし、本にすると面白く読めるのに、こと政治となると、なぜこれほど無味乾燥になるのかとも感じた。国民と読者は同じ人間なのに、同じ人間である政治家と著者は違う方向を見ているからという気がする。国民を見ない揚げ足取りの討論大会に辟易していることに早く気付いて欲しい。

  • 以前、一部の若者に絶大な人気を誇る政治家と紹介されていた。その後、漢字も読めないバカな政治家と紹介されていた。また祖父が素晴らしい功績を残した政治家とも紹介されている。
    その割に麻生さん本人の言葉で語っている内容を見たり、読んだりした記憶が自分にはなかった。イメージばかりで、麻生太郎とはどんな政治家なのか分からなかったが、日本を愛し国民を大切に思っている、そのメッセージが詰められた内容だった。
    読み終わった後ならば、最後の言葉がすんなりと入ってくるだろう。

  • 日本人はもっと日本のことを知るべき。
    知ったら絶対自分たちのこと、日本のことを誇りに思える。
    自分自国を卑下して自虐してってのをいつまでも繰り返すのは、もう止めよう。

  • 「日本はまことに不思議な国である。
    敗戦後は一度も戦争をすることなく平和と安定を維持し、数十年に及ぶ努力の結果、世界史上でも希に見る経済的繁栄を実現した。

    にもかかわらず、新聞を開けば、やれ格差社会だ、少子化だ、教育崩壊だ…と大騒ぎ。
    テレビをつければ凄惨な殺人事件ばかりが報じられ、識者と称する人たちが、日本はなぜこんなにおかしくなったのかなどと語っている。
    新聞やテレビを見ていると、まるで明日にでも日本が滅びそうな気がしてくる。

    でも、ちょっと待っていただきたい。
    日本は本当にそんなに駄目な国なのだろうか。そんなにお先真っ暗なのだろうか。」

    これが根底に流れるテーマであろう。
    読むと、元気が出るふしぎな本だ。

    ニートに対する考え方、来るべき高齢化社会をどうするか、靖国神社とはなにか、自衛隊の活動の四つが大変参考になった。
    素敵な本に感謝したい。

  • 麻生さんならではの視点と思いました。政治的な思想をもっと知ってみたかったけど総論的な部分が多かった。もっと分厚い内容が欲しかったですが、まだまだ日本は捨てたもんじゃないと思えました。

  • 日本国内にも国際関係にも、目を凝らせば様々な難題が山積しているからこそ、沢山の国家的・国民的エネルギーが必要ならば、この本に見られる麻生太郎のポジティブシンキングが不可欠だと思う。
    精査が必要な内容も有るが、読了後に明るい気持ちになれる好印象の一冊でした。

  • 政界のサラブレッド、麻生太郎先生の著作。
    この人の祖父は、なんとアノ吉田茂。

    面構えやスタンスは嫌いじゃないし
    考え方にも共感を持てる部分が多いのだが、
    まあ頭はそんなに良くないね、この人。

    それを自覚している(?)かのような
    氏の経験に裏打ちされた考え方と理論は
    そこらの秀才の論文よりよっぽど共感が持てる。

    本としては平凡なので☆3つですが、
    選挙に行く前にはぜひ一読して欲しい本。

    まだまだ自民党は腐っちゃいないぜ。

全181件中 1 - 25件を表示

とてつもない日本 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

とてつもない日本 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とてつもない日本 (新潮新書)の作品紹介

格差社会、少子化、教育崩壊…。メディアでは暗い話ばかりが喧伝されるが、日本は本当にそんなに「駄目な国」なのだろうか。戦後、一度も戦争をせず、努力の末、経済的繁栄を実現した。トヨタ、ソニー、カラオケ、マンガは言うまでもないが、日本人が考えている以上に日本は評価され、期待もされている。悲観していても何も始まらない。「日本の底力」をもう一度見つめ直し、未来を考えるための一冊。

とてつもない日本 (新潮新書)のKindle版

ツイートする