マユツバ語大辞典 (新潮新書)

  • 22人登録
  • 2.75評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 塩田丸男
  • 新潮社 (2007年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106102332

マユツバ語大辞典 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

マユツバ語大辞典 (新潮新書)の作品紹介

「マユツバ語」眉に唾をつけながら聞かないといけない怪しい言葉、いかがわしい言い回しのこと。一見、美しい言葉や、もっともらしい言葉が人を化かすことも多々あるので要注意。腹に一物ある人物、霞が関や永田町の住民がよく使う-(著者)。「愛国心」、「格差」、「終戦」、「誤解を招く」、「ノーコメント」等々、どんな辞書にも載っていないマユツバ語の真の意味、用法を次々看破、粉砕する痛快無比の大辞典。

マユツバ語大辞典 (新潮新書)はこんな本です

マユツバ語大辞典 (新潮新書)のKindle版

ツイートする