大人の見識 (新潮新書)

  • 431人登録
  • 3.19評価
    • (13)
    • (34)
    • (95)
    • (19)
    • (5)
  • 63レビュー
著者 : 阿川弘之
  • 新潮社 (2007年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106102370

大人の見識 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  「急ぎの用はゆっくりと」、「静かに時を過ごすことを習え」といった「大人の見識」を身につけることを勧めた本。

     著者は日本人が軽率な者を勇敢と見なしたり、些細なことに対して大げさに騒いだりする傾向を持っていることを「軽躁」であると指摘し、それに対して「静謐」を重んじよ、と主張する。そして、この「静謐」という語は『今昔物語』に出てくる「和魂(やまとだましい)」に通ずる。

     これは戦時中に武士の心意気として盛んに喧伝された「大和魂」とは異なり、「日本人なら本来持っているべき思慮分別」と定義される。

     その他は日本海軍やイギリス海軍に関する記述が多い。両者ともユーモアのセンスを重んじたとか。その内容の大体はべた褒め。

  • 編集が決めた書名と著者のコンセプトが多少違うが、それでも英国のジェントルマンシップと武士道、そしてその流れを汲むネイビイズムの話は十分に楽しめたし納得のいくものだった。昭和天皇の見識を知り驚くとともに、天皇崇拝を唱えながらも、天皇の意思に反し、戦争へ突き進んだ軍部の姿に憤りを感じた。儒教については是非があるかも知れない。しかし、論語を聖典扱いせず、伝記的言行録として読むなら、別の解釈ができるかもと思わせる筆致がここにはあった。本書を読むきっかけは宮脇俊三氏のエッセイであることを付記する。

  • 先日、お亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。
     リベラル派の知識人の意見・文章を読んでみたかった。それだけ、他意はありません。
    「私の方も、陸軍の事は士官食の食い方すらしらないから、陸軍軍人の伝記を書く気にはなれず、戦後現存者に取材を申し込んで直接人柄に接するとか、資料を読んで複雑な裏事情を知るとか、それはしてません」
     結局のところ、陸軍の一部に存在した「叡智」と「見識」とは他の昭和史研究科の研究にゆだねて、自分は「我が道」だけ行くかたちになってしまったのです・

  • 20140915

  • ユーモアは大事。

  • 昔のことをよく知ってる知識人のおじいちゃんの話として楽しく読んだ。Study to be Quiet.

  • 080214

  • 温故知新・・・古キヲ温ネテ新シキヲ知ル。
    『温とは、肉をとろ火でたきつめて、スープをつくること。歴史に習熟し、そこから煮つめたスープのような知恵を獲得する。その知恵で以てア新シキヲ知ル』

    書き出しより、東条英機から、海軍の話題が中心であり、アレレと思うところもありつつ、イギリスにおけるユーモアの必要性、朱子学、論語の解釈等は知っておきたいと思うに至る。自分が絶対的に学が不足していることを再認識し、特に歴史とその背景について最低限の理解をしたいと思う。
    きっかけとなる本ではないかと思う。もう少し背景を勉強してから再読したい。

  • 2013年2月16日、読了。

  • 阿川さんのお父さん(#^.^#)後半は孔子とか朱子学とか全然知らないんで難しかった(^^;;

全63件中 1 - 10件を表示

阿川弘之の作品

大人の見識 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大人の見識 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

大人の見識 (新潮新書)の作品紹介

軽躁なるものを勇豪とみるなかれ、かつて戦国の名将はそう戒めた。国を誤る指導者の愚があり、滅亡の淵から救い出した見識もあった。英国流の智恵とユーモア、フレキシビリティを何より重んじた海軍の想い出…、歴史の中へ喪われゆく日本人の美徳と倫理をあらためて問うとともに、作家生活六十年の見聞を温め、いかなる時代にも持すべき人間の叡智を語る。

大人の見識 (新潮新書)のKindle版

ツイートする