原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)

  • 391人登録
  • 3.49評価
    • (13)
    • (41)
    • (45)
    • (9)
    • (2)
  • 56レビュー
著者 : 有馬哲夫
  • 新潮社 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106102493

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • CIAより「ポダム」のコードネームをつけられた読売新聞社主・正力松太郎が、自身の「正力マイクロ波通信網構想」という野望の実現のために「原発」を切り札に総理大臣を目指すという、荒唐無稽な実話。
    それにしても、CIAに取り入るために読売新聞の5000人の記者が集めた情報をCIAに差し出すという取り決めを結んだというくだりは、実にセンセーショナルだ。
    また、正力が電力業界からの支持を得るために民間主体を、しかも性急に押し通した結果、事業者の賠償責任に上限を設ける「原子力損害賠償法」という矛盾を生み出した事実は、福島原発事故後の今読むと、実に味わい深い。
    孫崎享氏の「戦後史の正体」との併せ読み読みをお奨めします。

  • 原発・正力・CIAと言うタイトルを見て??と思われる人も多いだろう。
    また、ピンと来る人もいるだろう。

    戦後、正力という人物が新聞メディア・原発と政界とCIAという色々な世界でドロドロと繰り広げたドキュメント。
    そこには計り知れない陰謀や思惑、歴史的な出来事が重なり合う。

    福島原発の事故の後と前では読んだ人の感想も大きく違う受取方になるだろう。

    私はディズニーと原発の関わり方についてこの本を読んでビックリさせられました。

    そしてこれも読んでみたいなと思った。
    日本テレビとCIAーーー発掘された「正力ファイル」新潮社

  • 2008年刊。早稲田大学教授たる著者はCIA文書に依拠する戦後史発掘に精励。本書の内容は、讀賣新聞社主兼日本テレビ社長正力松太郎の野望と、CIAや国内政界内での虚々実々の駆け引き。讀賣新聞を利用した正力の原発平和利用キャンペーンの一方、反共・親米への心理戦に正力(特にTV網)を利用しようとした米が生々しい。元来、原発導入の旗振りが、正力の総理就任の野望と不可分で、こんな俗物丸出しの正力に辟易したため読破は苦痛だった。なおフクシマ以降なら、原発導入経緯を本書のような突き放した乾いた目線では書けなかったろう。
    その意味で、フクシマ前の刊行なのが幸運とも不運とも言えそうだ。なお、湯川秀樹ノーベル賞受賞(米の口添えがあったから受賞出来た)やディズニー映画、ディズニーランドの対日心理戦活用については興味深い点。本書では全く触れられないが、ディズニーに心酔した手塚治虫が生み出したのが、原子力利用の輝かしい未来に彩られる鉄腕アトム(もっとも、こんな単純なストーリでないのは熟知しているが)というのがなんとも…。

  • 早稲田の社会科学部の有馬先生が米公文書を基に記した歴史。正力と原子力が結びついていることなど、詳しく知ることが出来る。一方で調査に基づくためか、推測や奇抜な仮説がなく、ストーリー性を求める人には不向きか。

  • 2015.1.10 読了

  • 読了。

  • 正力松太郎とCIAの関わりを中心に原発導入の最初期を描く。

    CIA 絡めた経緯と正力の政治的野心は緻密に描かれるが、ピースとしては小さい。

  • 日本に原発が導入された背景を理解できたのは意義あり。
    もう〇〇新聞は、あまり読みたくないな~。

  • 2013/07/21

全56件中 1 - 10件を表示

有馬哲夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古賀 茂明
有効な右矢印 無効な右矢印

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)を本棚に登録しているひと

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)の作品紹介

一九五四年の第五福竜丸事件以降、日本では「反米」「反原子力」気運が高まっていく。そんな中、衆院議員に当選した正力松太郎・讀賣新聞社主とCIAは、原子力に好意的な親米世論を形成するための「工作」を開始する。原潜、讀賣新聞、日本テレビ、保守大合同、そしてディズニー。正力とCIAの協力関係から始まった、巨大メディア、政界、産業界を巡る連鎖とは-。機密文書が明らかにした衝撃の事実。

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)はこんな本です

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)のKindle版

ツイートする