教養としての歴史 日本の近代〈上〉 (新潮新書)

  • 128人登録
  • 3.37評価
    • (1)
    • (14)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 福田和也
  • 新潮社 (2008年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106102615

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

教養としての歴史 日本の近代〈上〉 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 「文学者もまた歴史を語るべきではないか」それは「歴史が物語であるからです」という心意気は悪くはないし、文学者ならではの人物像への切り込みや、ネタ的な裏話もあってそれなりに興味深い部分もあるのだが、やはり内容的に間違いもある。なら小説書いてフィクションにしちゃえよって話。「知識ではなく教養としての歴史」との事だが、これだから歴史領域における研究と文芸の溝は埋まらないんだろうな。

  • 2014年104冊目。

    新書上下巻で黒船〜敗戦までがまとまった本。
    数ある歴史書の中でこの本がどこに着眼点や切り口を置いているのかがいまいち分かりづらく、
    淡々と読んだ印象。

  • 激動の五十年をわしづかみ

  • 江戸時代もざっと俯瞰しながら、明治維新を経て第一次大戦まで。近代化が一気に推し進められた後、戦争に明け暮れながらだんだん混迷を極めていく様子が、読みやすくキレイにまとめられている良書。近代史をサラッと眺めるのに適した作品だと思いました。

  • たまたま立ち寄った旭屋書店で買った。置いてある場所がわからなくて、店員さんに聞いてみつけてもらった記憶がある。部屋のどこかにあるが、どこにあるのか皆目わからない

  • [ 内容 ]
    近代化の原動力となった江戸の実力、アジア初の立憲国家として憲法を守り通した意義、韓国から近代化という「青春」を奪った日清・日露の二度の対外戦争―。
    アジアの小国から世界標準の国家を作り上げた苦闘の道程をたどりながら、著者の卓越した歴史観を通して、「日本にとっての近代とは何であったのか」を大胆に整理する。
    単なる知識ではない教養としての日本近代史入門。

    [ 目次 ]
    第1章 近代を前に、江戸は運動神経を研ぎ澄ましていた
    第2章 近代国家へのスタートダッシュが成功したわけ
    第3章 なぜ、憲法は必要だったのか
    第4章 独立を維持するための戦争だった日清・日露
    第5章 「義」の時代から「利」の時代へ
    第6章 第一次世界大戦は天佑だったのか
    終章 日本にとっての近代とは

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「坂の上の雲」ブームになんとなく乗っかってしまっているのかも
    知れないが、明治維新〜第二次大戦に至る日本人の生き方、考え方に
    関してはいろいろ考えてしまう。
    それを通じて今の日本を再定義したいという思いが強い。
    これは知人から勧められて読んだのだが、非常に分かりやすく
    この時代の流れが解説されている。
    上巻では開国から大正時代まで。
    明治の人間の確固たる信念と献身によって
    わずかの間に主要国の一員に躍り上がった、
    痛快な歴史を振り返る流れになっている。

  • 幕末から大正までをわかりやすく、大きな流れを解説した本。
    当時の人々が何を考えていたのかをわかるような気がした
    下巻が出たらぜひ読みたい。

  • この本も歴史書だけど、今回は江戸時代から明治天皇崩御ぐらいの歴史。古すぎるんで知らないことばっかり、日清、日露戦争とか。あまり楽しく読めなかったけど、鎖国解禁以降からすでに今のような世界との価格競争はあったらしい。よく考えてみれば先進国の中で日本は唯一の島国。その土地柄が文化意識の違いを作ってるんでしょう。そして、それが日本史の面白無さの理由なのかもしれない。

全10件中 1 - 10件を表示

教養としての歴史 日本の近代〈上〉 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

教養としての歴史 日本の近代〈上〉 (新潮新書)の作品紹介

近代化の原動力となった江戸の実力、アジア初の立憲国家として憲法を守り通した意義、韓国から近代化という「青春」を奪った日清・日露の二度の対外戦争-。アジアの小国から世界標準の国家を作り上げた苦闘の道程をたどりながら、著者の卓越した歴史観を通して、「日本にとっての近代とは何であったのか」を大胆に整理する。単なる知識ではない教養としての日本近代史入門。

教養としての歴史 日本の近代〈上〉 (新潮新書)はこんな本です

ツイートする