将軍様の錬金術―朝銀破綻と総連ダークマネー (新潮新書)

  • 15人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 金賛汀
制作 : 金 賛汀 
  • 新潮社 (2009年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103049

将軍様の錬金術―朝銀破綻と総連ダークマネー (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 朝銀の破たんと朝鮮総連のゴタゴタを書いたものだが、なんともひどいものである。
    ダークサイドをこれだけしっかり書いている本は少ないだろう。

    とにかくひどいの一言なのだが、現実を知らない人間に仕切らせるとこうなるという典型かもしれない。日本もいつかこうなると否定できないところがもっとこわい。

  • 北朝鮮に大量のお金が日本の在日朝鮮人から流れていることはもはや常識になっているが、このように元朝銀の人の話だと説得力がある。
    朝銀破たんで一番利益を得たのは日本政府。

全2件中 1 - 2件を表示

将軍様の錬金術―朝銀破綻と総連ダークマネー (新潮新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

将軍様の錬金術―朝銀破綻と総連ダークマネー (新潮新書)の作品紹介

現代の脅威・北朝鮮はどこから資金を得ているのか?万景峰号による現金送致、「祖国望郷」を利用した帰還運動、パチンコ事業からの莫大な献金、バブルに乗じた杜撰な不動産乱脈投機、一枚一億円という巨額債券の発行…金日成・正日からの指令を受け、日本から平壌への献金を司っていたのが、朝銀信用組合と朝鮮総連だった。北朝鮮への献金のカラクリをすべて明らかにし、その誕生から没落までを描く「戦後裏面史」。

将軍様の錬金術―朝銀破綻と総連ダークマネー (新潮新書)のKindle版

ツイートする