メディアとテロリズム (新潮新書)

  • 84人登録
  • 3.71評価
    • (4)
    • (10)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 福田充
  • 新潮社 (2009年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103247

メディアとテロリズム (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミュンヘンオリンピックの黒い九月事件以降、オリンピックがテロの標的に。一般家庭にテレビが普及し、テレビカメラを自由に移動できるようになった(衛星放送が一般化、カメラの小型化、バッテリー式ミニカムの登場など、技術的な進歩が背景)。p23。

    アメリカでは、チベット問題にはニュースバリューがある(ブラピの「セブンイヤーズ…」のヒットによる)一方、ウイグル問題にはない(イスラム教徒のため)。p30
    「テレビはイベントへの接し方を平等化する」というのは幻想。p63

    テロリズムも、テロリストがメディアを積極的に利用することによって、メディアイベントに変容。p62
    日本では、忠臣蔵のテロをはじめ、テロがメディアコンテンツ(仮名手本忠臣蔵)だった。p69
    近年の日本では、浅間山荘事件がきっかけ。p119

    テロとメディアの共生関係。主張を訴えたいテロリストと、報道したいメディア。コンテンツを求める消費者。p130
    テロ問題におけるメディアと政府の関係。1.政府の検閲 2.相互による調整 3.メディアの自主規制。p167

  • メディアの報道一つで、テロリストの宣伝にもなりうる。
    日本のメディアはもっと大人にならないといけないのでは。

  • 読了。

  • メディアとテロリズムの関係論。
    テロがメディアをどのように利用し、どのようにメディアがテロを利用・消費してきたか。
    日本でもオウムの事件以降、テロに対する報道の在り方が変わってきたが、センセーショナル中心である限り、メディアがテロをあおることにもなるはずだ。

  • テロリズムとメディア、オーディエンスの悪循環がある。
    ということが学びだった。

    テロリズムの形態の移り変わりに着目しているが、テロリズムを研究したいわけではない僕のような人間にはあまり面白くなかった。
    また提示するだけで、それから何がいえるのかということは何も言っていない。「情報は提供する、考えよ。」そんな本でした。

    僕の面白い本の定義からは外れます。

  • 再読。
    大学時に卒業論文で「9.11とメディアの関連性」について
    取り上げようと思っていたので、買った本。
    結局卒業論文は別テーマにしたけど、
    再読しても興味深かった。

    テロリストたちによるメディアを利用した恐怖説得など
    メディアは時に利用されたり悪影響を及ぼす
    毒になりがちだ。
    しかし、報道という武器を持って断固として立ち向かえば
    民衆という力強いパワーを後押しすることもできる。
    諸刃の剣であるということ。
    ペンは力にもなり、毒にもなってしまう。

    メディアの強さと弱さが
    印象強いテロ事件を例に挙げてわかりやすく書かれている。

    作者が指摘するように、
    近年のメディアにおける横並びの報道は
    メディアの本来の力を失っている。

    最近読んだ池上さんの本にも
    夕方のニュースは報道の体裁を成していない
    と指摘してあったことも思い出した。

  • 過去の様々な"テロ"をもとにテロリストとメディアの関係を考察している。もっと、ひとつひとつの事件の知識をつける必要を感じた。ググりまくろう!

    著者は親米でも反米でもない(といっている)が、研究の内容上、そして、コロンビア大で研究しているため、なんとも「アメリカの識者が書いた」感がすごい。 「別にアメリカがすばらしいってわけじゃないけど…」感。冒頭にでも、断りを入れとけばいいのに

    しかしながら、あとがきに「20代のころは日本学術振興会特別研究員として〜」とあったのでよし!

  • テロリストがメディアを利用し、メディアも部数や視聴率稼ぎにテロリストを実質利用。それを見ているオーディエンスの我々も、この負のスパイラルに知らず知らず巻き込まれている。この関連性も歴史があり、変化がある。読み応えのある一冊でした。

    「テロリストは言った。『ゴールデンタイムまで撃つな』」という帯もすごい衝撃的だった。

  • なんだかミステリーを読んでるみたいでした。
    メディアとテロ、そして情報の受け手の関係性。
    その三角構造と政治まで繋げていくのにはびっくり。
    思ってた以上に濃い内容だった。

  • 日本のテロ報道はドメスティック。。。というくだり。。。だから、日本はテロのターゲットになりにくい、という逆説も感じた。。。要は、相手にされにくいという幸せさがあるのでは。。。

全10件中 1 - 10件を表示

福田充の作品

メディアとテロリズム (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メディアとテロリズム (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

メディアとテロリズム (新潮新書)の作品紹介

「メディアの存在はテロリストに酸素を供給しているようなもの」(サッチャー英元首相)。いまやテロリストはTVやネットなどのメディアで自らの存在をアピールし、犯行を喧伝する。対するメディアはそれを報じ、部数や視聴率を稼ぐ。これでは"共生"どころか"共犯"ではないのか?気鋭のメディア社会学者による"負のスパイラル"の歴史、現状、そして解決策-。

メディアとテロリズム (新潮新書)はこんな本です

メディアとテロリズム (新潮新書)のKindle版

ツイートする