社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書)

  • 111人登録
  • 3.40評価
    • (3)
    • (17)
    • (16)
    • (6)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 中村のん
  • 新潮社 (2009年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103315

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
三浦 しをん
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • ファッションを通じての生き方や、その姿勢についてが本筋になってくる一冊。

    ココシャネルが、これを読んだら何と思うかね。

    ストッキングとデブ(原文ママ)についての考察は中々興味深い章だった。
    ストッキング一つで、ここまで掘り下げられるものなのか、と。
    男性のネクタイに近いのやもしれんな。

  • 社長が何をしなければならないかを簡潔にまとめてある。理由を付けて経営でなくプレイヤーとなってしまっては良くないことなど具体的な例を挙げながらの説明であるので、納得しやすい。

  • 色々なテーマを元に、1スタイリストから現状のファッションに切り込んだ本。といっても日常的な実例豊富なので読みやすかったです。本に出てくる「外見に構わないのは心に余裕がない」「この服装で相手はどう思うか」ココらへんを意識したいところです。

  • 第一線のスタイリストが綴るファッションの効用、変化、展望。女性向けの内容が多かったです。着たい服を着るのが一番。けれど、「相手に服装で判断される時と場がある」という現実と「好きな服=似合う服とは限らない」という視点もお忘れなく。

  • 服を中心とした、身だしなみの本。
    スタイリストが語るのだから、真実を見せられているように思える。
    ここ一番にちっぱな格好をすることで評価されるのもあるし、自分がだらしない格好の人間と話をするのもそれだけでイヤだろう。
    しっかりとした格好をすることは、これからのマストかもしれない。

  • 有名なファッションブログ「Elastic」で紹介されてたので読んでみた。
    なるほど、かのブログのように噛み砕いて、分かりやすく説いている。
    タイトルは男性目線で過剰すぎるけど、
    中身はエッセイのようなさらりとした読みごこち。

    ただ、論説が一般的な新書にしては、章の組み立てが稚拙で、
    全体を通して読むというよりは、
    各章をぶつ切りにコラムのように読むことに。

    ただ、一貫として伝わってくるのは、
    社長でも太ってても、おばさんでもサラリーマンでも、
    服を着るなら、己の体型と見られ方を徹底的に研究しなさい
    ということ。

    でも、だからといって、別にブランドものを買え
    なんてことは言ってない。
    むしろ闇雲にブランドに走って失敗するなと忠告している。

    ファッションに困ったら、今一度、問うてみよう。
    これは、わたしのための服だろうか?

  • ツールとしてのファッション。

  • スタイリストである著者が、ファッションの考え方を説明する本。説明する対象がユニークで、ハッとすることが多くてよかった。

    特に気になったのが、

    ・「クソ真面目」な人のお得な格好
     → 流行でなく、いつまでも着れる個性を目指す。
    ・サラリーマンにスタイリストが要る理由
     → 男同士でファッションを語らないため、ファッションをどうやればいいか分からないのなら、スタイリストからアドバイスを得て、その負担を減らした方が良いのではという提案。
    ・「デブ」のふたつの分かれ道
     → 痩せている人の土俵に上がらずに、小物でおしゃれデブを目指せ!
    ・ルールを欲しがる時代
     → 今の女性は、自由と呪縛の狭間にいるのではないかという主張。例えば、自由を謳いながらも下記のような戒律を求めている所とか。

    ①格好は「仕事」と連動している
    ②格好は「暮らし方」と連動している
    ③格好は「恋愛力」と連動している
    ④格好は「自己プロデュース力」と連動している
    ⑤格好は「セルフコントロール力」と連動している
    ⑥格好は「美意識」と連動している
    ⑦格好は「志向」と連動している
    ⑧格好は「時間の使い方」と連動している
    ⑨格好は「社会性」と連動している
    ⑩格好は「目的意識」と連動している

    扱うテーマが良くて、トントンと読んでいける内容だった。ただ、もうちょっと図や要約があったりすると読みやすいなーと思った。

  • 自己主張と周囲の人間を幸せにする「格好」を追求する事は、生き方の追求に他ならない。韓国の女性ファッション観察を通じて、躍進する韓国の姿と、成熟して方向を見失いつつある日本の病理も指摘している。

  • [ 内容 ]
    人は意外なほど、自分の姿が見えていない。
    お客に向かってトレンドを語る部長は、時代遅れのジャケット姿。
    勘違いした「勝負服」で、パワーを半減させている上司。
    しなやかな黒髪を捨て、パサパサの茶髪になりたがる若者たち―。
    第一線のスタイリストが、大人の身だしなみの常識、非常識に切り込む。
    すり寄るショップ店員への対処法、全身姿見の効用、靴を買うときの心得は。
    「似合う」の仕組みから分かる一冊。

    [ 目次 ]
    だから上司を尊敬できない
    「服装はご自由に」にこそご用心
    服売り場での戦い
    「クソ真面目」な人のお得な格好
    掃除と服装の共通点
    服に問題はないの。いけないのは私の体型
    サラリーマンにスタイリストが要る理由
    「安い・早い・流行の」服がやってきた
    私には高すぎる、が口癖の人
    ダライ・ラマの靴の記憶
    ナチュラルストッキングを拒む女たち
    「デブ」のふたつの分かれ道
    日本人は自分が嫌い?
    ルールを欲しがる時代

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • よく人を外見で判断してはいけない、といわれますが、あまりよく知らない人、ましてや初対面の人ならまず服装、身なりを見ます。それが一番手っ取り早いから。普段着で、楽な格好でというのはアロハシャツに短パン、あるいは襟ぐりののびたTシャツのことではないのですよ。とスタイリストの著者は言う。やはり心構え、気持ちは服装に表れる、服装は自分が満足するだけの物ではなく、人に与える印象も考えなければ、ということでしょう。スマップの稲垣さんがいつかどこがでおっしゃってました。「僕は基本的にどんな服でも襟付きを着ます。それだとある程度きっちり感があるので、大抵どんな場面でもいけます」なるほどなぁ。と以来私も心がけています。

  • おもしろかった。服装はやっぱTPOってもんがあるよな…
    あと自分の体型をよく知っておかないとな。

  • 服装に対する考え方を整理するのに、けっこう重宝しました。


    【収録内容】
     第1章 だから上司を尊敬できない
     第2章 「服装はご自由に」にこそご用心
     第3章 服売り場での戦い
     第4章 「クソ真面目」な人のお得な格好
     第5章 掃除と服装の共通点
     第6章 服に問題はないの。いけないのは私の体型
     第7章 サラリーマンにスタイリストが要る理由
     第8章 「安い・早い・流行の」服がやってきた
     第9章 私には高すぎる、が口癖の人
     第10章 ダライ・ラマの靴の記憶
     第11章 ナチュラルストッキングを拒む女たち
     第12章 「デブ」のふたつの分かれ道
     第13章 日本人は自分が嫌い?
     第14章 ルールを欲しがる時代

  • おしゃれに関心を払わない上司を「尊敬できない」と感じる若者は多いそうだ。

    著者による「美人十戒」を紹介する

    ①格好は「仕事」と連動している
    ②格好は「暮らし方」と連動している
    ③格好は「恋愛力」と連動している
    ④格好は「自己プロデュース力」と連動している
    ⑤格好は「セルフコントロール力」と連動している
    ⑥格好は「美意識」と連動している
    ⑦格好は「志向」と連動している
    ⑧格好は「時間の使い方」と連動している
    ⑨格好は「社会性」と連動している
    ⑩格好は「目的意識」と連動している


    組み込まれるのではなく自分で取り入れること。守りに入るのではなくトライしてみること。何よりも楽しむことが提案されている。楽しく読んだ。

  • タイトルに惹かれて読んでみました。

    確かに人は見た目で判断している部分が大きいかも。

  • 軽く読めたし面白かった。
    服は誰のために着るのか?
    得るものは少なかった。

  • スタイリストの中村のんさんが、業界人ならでは実体験を綴ってます。

    タイトルほどの酷評はあまり見られず、予想とは違った作品でした。

    のんさんは、すごく優しい人みたいです。

    服への愛情、オシャレを楽しむことへの想いがとても感じられました。

    とくに共感できた一部を抜粋。

    “パンツ一辺倒だったワードロープにスカートを加えてみることや

    今まで考えなかった鮮やかな色のネクタイを試すだけだったりもするだろう。

    だがその先には、今まで吹かなかった風が通り始める。

    そして、風通しのよくなった見た目は、間違いなく一瞬にして

    人にポジティブな印象を与えるものだ。”

    わかるな。ただ、着る服を選ぶ。それだけの行為が楽しくなるような

    そんな心躍るお言葉が溢れてました。

    毎日の服選びがいっそう楽しくなります。

    あなたにも新しい風が吹きますように。

  • タイトルにまずそそられました。つくづく今は、「服は口ほどに物を言う」な時代なんだなぁと思う。昔に比べて垢抜けない人がぐっと減ったとは思うけど、それでも、「似合う」といえる着こなしをしている人ばかりかというと、そうでもない。そのちょっとしたズレを鋭く突いていて、なるほどなるほど〜であった。「着る」ということは、自分と向き合うこと。ほんとにそうだと思う。
    読んでいて、「ちょっとそれ古くないか?」と感じた箇所があったのだけど、「おわりに」を読んで納得。2007年から執筆を開始した本書だが、発売に至るまでにリーマンショックなど様々な出来事があった。ファッションに対する価値観も変化して当然である。私も改めて、時代の変化のスピードの速さを感じた。
    時代の流れと共に、これからのファッション観はどう変わっていくのだろう。どうなろうとも、自分と向き合いつつおしゃれを楽しみたい。著者のこんな言葉に大いに共感できたからだ。
    「一度味わってしまった服を着ることの楽しさから、人はなかなか降りることはできない。」

  • やっぱりいい女になるには、普通に年相応に身だしなみに気を配らねば。男もね。
    読んでいる最中は膝を打ちっぱなしなかんじでしたが、よく考えると昔から言われている当たり前のことばかりではあります。それが難しいのです。

全21件中 1 - 21件を表示

社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書)の作品紹介

人は意外なほど、自分の姿が見えていない。お客に向かってトレンドを語る部長は、時代遅れのジャケット姿。勘違いした「勝負服」で、パワーを半減させている上司。しなやかな黒髪を捨て、パサパサの茶髪になりたがる若者たち-。第一線のスタイリストが、大人の身だしなみの常識、非常識に切り込む。すり寄るショップ店員への対処法、全身姿見の効用、靴を買うときの心得は。「似合う」の仕組みから分かる一冊。

社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書)はこんな本です

社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書)のKindle版

ツイートする