グルメの嘘 (新潮新書)

  • 182人登録
  • 3.07評価
    • (1)
    • (23)
    • (36)
    • (12)
    • (4)
  • 33レビュー
著者 : 友里征耶
  • 新潮社 (2009年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103377

グルメの嘘 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 副業で飲食店の覆面調査を行って、辛口の批評を発表している著者の、「こんな店がもてはやされる風潮があるから日本のフード業界は駄目なんだ」主張本。
    まあ、確かに、明らかに店と癒着しているでしょうというような評論家のヨイショ評価や、多角経営だのテレビ出演だのにシェフが駆けずり回っている店っていうのはどうなの、というところはわかるけれど、あまりにも極端な駄目出しと、自分は正論、という強気さしか見えなくて、主張の先にあるものがわからなかった。
    結局、一般客は自分の嗅覚をはたらかせてメディアに踊らされないよう注意していい店を探すほかなく(まあ当たり前か)、店は堅実な経営を目指してほしい、という当然の結論に物足りなさを感じる。

  • 本一冊にするには耐え難い呪詛ばかりで
    しんどかった…
    いろんな意見がありましょうが
    日本ワインをいきなり切捨てんなや。
    勝沼とか行って、
    産業としてのワインもふまえて発言してほしい。
    なぜ日本ワインを推したらプライベートでも
    日本ワインしか飲んじゃダメなのか。
    この発言でがっかり、結局その程度の
    ワンワン吠える人かと。

  • 筋の通った論評で、非常に痛快。胡散臭さを感じていたグルメ評価の裏側を知り、納得した。

  • まあ、言われてみれば当たり前というか。
    勘違いした料理人とグルメレポーター。取り巻き。
    本当に満足できる料理店とはなんなのか。
    本としてはちょっと迫力がないが、面白かった。

  • グルメ業界の癒着というか実状というかの告白本。まあそりゃ、そういうこともあるだろうという内容。批評しているお店の価格帯が、客単価2万円~とかそういうレベルなので自分にはあまり関係が無いため、まあ物語として興味深く読めた。著者のお勧め側はどんなお店なのかな、ちょっと興味あるので探してみようかな。この業界では有名人らしいし。

  • いい内容の本だし「なるほどそんなものか」と思うことも度々ありました。
    でもチョトくどいかな?本を読む速度が後半に行くにつれ遅くなった。

  • 時折強引な論理があるけれど、基本スタンスには共感できる。
    特に「性格の悪い料理人の店にうまいものはない」という主張は、そのとおり!と膝を打つ。うん、まったくだ。

    おそらく愛憎入り混じったような読後感になるだろうけど、他の著書も読んでみようっと。

  • 面白い。信用できる人だとおもう。

  • その通り、と思う部分は多いけれど、そこまで言う必要もあるのかなとも思う。大部分の人には必要のない本。

  • ブログを参照下さい。
    http://aketi-hanpeita.com/blog-entry-107.html

全33件中 1 - 10件を表示

友里征耶の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
ロバート キヨサ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

グルメの嘘 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グルメの嘘 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グルメの嘘 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

グルメの嘘 (新潮新書)の作品紹介

連日、どこかのレストランがテレビや雑誌で絶賛されている。しかし言うほど素晴らしい店がどれだけあるのか-。頭の中は金儲けばかりの「性格の悪い料理人」、メディアと店の癒着、問題だらけの『ミシュラン』…、今まで誰も語らなかった弊害を、辛口評論家が暴露。「客をなめ切った高圧的な店」「大間の鮪はそんなにない」など、業界を敵に回してでも伝えたい、グルメの「不都合な真実」。もう外食で外しません。

グルメの嘘 (新潮新書)のKindle版

ツイートする